『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見 「あと数日で、世界中に秘密にしていたことから解放される」

2019年12月12日 / 17:12

(左から)アンソニー・ダニエルズ、ジョン・ボイエガ、J.J.エイブラムス監督、デイジー・リドリー、オスカー・アイザック

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の来日記者会見が12日、東京都内で行われ、出演者のデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ、J.J.エイブラムス監督ほかが登壇した。

 本作は、スカイウォーカー家の物語を描く『スター・ウォーズ』シリーズの完結編。

 公開を前にした気持ちを聞かれた、主人公レイ役のリドリーが「撮影現場は最高でした。私たちはJ.J.たちが作った世界観に入っていって楽しく演じることができました。ただ、それが終わってしまうことは少し寂しい気がします」と答えると、アイザックもボイエガも同意し、しんみりとした雰囲気になったが、C-3PO役のダニエルズが「あと数日で、世界中に秘密にしていたことから解放されることにワクワクしています」と答えると、場内は和やかな空気に包まれた。

 2016年に亡くなった、レイア姫役のキャリー・フィッシャーを、本作に登場させた意味について聞かれたエイブラムス監督は「僕たちは、レイア姫なしにスカイウォーカー家の物語を終わらせることはできないと思いました。でも、新しいキャストを使うことや、デジタル処理はしたくなかったので、撮りためたフッテージ(素材映像)を使って、新たに彼女のシーンを作りました。僕たちは、レイア姫というキャラクターはもちろん、女優キャリー・フィッシャーも大好きでした。観客にとっても、完結編で再びレイア姫に出会えることは大きな楽しみになるのではないかと思います」と語った。

 また「レイの両親は明らかになる?」と質問されたリドリーは「明らかになります。『~最後のジェダイ』が終わったとき、レイが学んだことに対して、演じた私自身は満足していました。ただ、そのときに言われた言葉に対して、レイは答えを求めているのではないかと感じました。彼女は前に進むために、失ったものについて知らなければならないと思い、それを模索しました。その答えが本作で明かされます」と答えた。

 「今回も、日本から影響を受けた要素はあったか」と聞かれたエイブラムス監督は「カイロ・レン(アダム・ドライバー)の割れたマスクを、金継ぎという日本の伝統技法を使って直すところがあります。レン騎士団はかなり黒澤明監督の作品から影響を受けています」と明かした。

 最後に、本作の予告編でC-3POが「最後にもう一度だけ友人たちに…」と語るせりふの意味を聞かれたダニエルズは「これは大変美しいせりふです。いろいろな解釈ができます。仲間に別れを言う意味にも取れるし、観客の皆さんに向かっての言葉かもしれない…。お待ちいただくのもあと数日です。その間、どういう意味かをお考えいただきたいと思います」と、うまくはぐらかして笑いを誘った。

 映画は12月20日全国公開。


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top