【インタビュー】舞台「天才てれびくんthe STAGE」横山だいすけ「『天てれ』と11代目歌のお兄さんのコラボが生み出す化学反応はここでしか見られない」

2019年12月18日 / 12:00

 NHKの人気子ども番組「天才てれびくん」(以下、天てれ)を舞台化した「天才てれびくんthe STAGE ~てれび戦士REBORN~」が2020年1月23日から上演される。大人になった「てれび戦士」と舞台版の新キャストが集結し、「楽しいこと」を奪おうとするテレゾンビ党から楽しいテレビを取り戻すための戦いが描かれる。今回は、伝説のてれび戦士を演じる横山だいすけのビジュアル撮影を訪ね、作品に懸ける思いや、意気込みなどを聞いた。

伝説のてれび戦士を演じる横山だいすけ

-ビジュアル撮影を終えた感想は?

 てれび戦士の兄貴的な存在として、ヒーローのような衣装を着させてもらって気持ちが上がりました。アメコミのようなヒーロー感だけでなく、悪に乗っ取られて悪者になっている役なので、ダークな部分をどう表現するか、自分の考えだけでなく、スタッフの皆さんからのアドバイスの中でイメージをし始めています。歌のお兄さんというイメージと、悪というイメージのバランスは見に来てもらってのお楽しみという感じです(笑)。

-「天てれ」の舞台化に、歌のお兄さんが出演というEテレ夢のコラボ的な舞台ですが、出演が決まったときの心境は?

 「大人になったきみたちへ」という本作のテーマにも沿っていくと思うのですが、かつて「天てれ」を見ていた子どもたちが大人になって、大人になったてれび戦士が登場するこの舞台を、どのような気持ちで見てくれるのか。興味があります。「天てれ」としては初の試みだと思うので、キャストとスタッフの皆さんに、そのウキウキとドキドキがあると思います。

-舞台ではどんなところを見てほしいですか。

 歌のお兄さんという存在は、子どもたちや大人たちにとって太陽のようなイメージで、陽に振り切っている存在だと思っています。そこにダークなイメージはないと思いますが、それを今回やらせてもらう。いつも“子どもたちの模範でありたい”という気持ちで活動しているので、普段の僕とは違う一面をお客さまがどう感じるのかが気になりますし、そこを見ていただきたいです。

-「おかあさんといっしょ」を見ていた子どもたちにはどんなところを見てほしいですか?

 「おかあさんといっしょ」を見ていた子どもたちも成長していろんなことが分かってきていると思います。「天てれ」と歌のお兄さんのコラボが生み出す化学反応はここでしか見られないですし、また、そのカラーが少しダークに寄っている、というのを見る機会はあまりないと思います。ただ、そのままダークで終わると僕も気が引けてしまうので(笑)、僕個人の希望としては、どこかで自分の持っている“陽”の力が発揮できる場所があればいいと思いますし、期待してもらいたいです。

-ステージでは横山さんの歌唱シーンも期待したいです。

 “だいすけお兄さん”は歌がイコールになっているところが大きいので、きっと大事な場面で歌の力が出てくると思っています。歌の場面となったときには、歌詞とメロディーの力を感じ取ってもらえたらうれしいです。メロディーや曲のニュアンスもそうですけど、詩から入ってくるものって大きいと思うんです。なので、大人になって歌に触れたときに感じること、大人になったからこそ感じられるエネルギーを、歌でお届けしたいです。

-横山さんというと顔芸も魅力ですが、今回の舞台でも期待していいですか。

 どうなんでしょうか(笑)。自分的にはやりたくなっちゃうんです。今日も撮影のときに、クールなイメージの写真がたくさんあったんですけど、クールの中にどうしても変顔を入れたくなっちゃうんです。ステージに立ったときに、僕に注目されてない場面であえてコッソリ変顔をやっているかもしれませんので、そこはお楽しみにしてもらえたらと思います(笑)。

-「おかあさんといっしょ」を卒業してからマルチに活躍されていますが、今後の目標は?

 卒業してからも、子どもに歌を届けたいという気持ちは変わらないんですけど、この2年の間で、より幅広い世代の方に向けたお仕事もたくさん挑戦させてもらいました。そこでも新たなものをたくさん得ることができたと思います。これからも、いろいろなことに挑戦しつつ、元気や楽しさを届けられる存在でありたいです。そして、誰かを応援できるような存在になっていけたらいいなという思いはあります。

-横山さんは爽やかでかっこいいイメージですが、それを保つ秘訣(ひけつ)は?

 僕も逆に聞きたいんです(笑)。でも、“好き”という気持ちが一番大きいかと思います。“好き”という気持ちがあるから頑張れるし、“好き”なことを話している瞬間は誰でもきっと目がキラキラして、きっとうれしそうに話すと思うんです。やっぱり“好き”という気持ちを持ち続けることじゃないでしょうか。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

page top