【インタビュー】映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン「これで終わりだと思っています」

2019年11月7日 / 09:00

-今回は「亡くなった息子の写真は一枚もない」と語るシーンのサラの母としての悲しみや、決して人間にはなれないターミネーターの切なさが印象に残りました。

リンダ 私は、自分が演じるキャラクターには強さも弱さもある方が、人間的で興味深いと思います。あのシーンを演じるに当たって、私は自分の内面にある、一番悲しく暗い心を掘り下げていきました。あのシーンを撮ったときは、座ったまま5時間ずっと泣いていました。自分の心の奥の悲しみを突き止めたからです。これが私の仕事です(笑)。

アーノルド 私も、自分が演じるキャラクターの今回の変化は素晴らしいと思いました。ある瞬間はマシンであり、またある瞬間は人間のような心も持っているというキャラクターを演じるのは楽しかったです。特に、サラがT-800の家を訪れたときに、彼が自分が何をしたのかを理解するシーンは印象に残っています。彼は自分が子どもを育てて学んだことから、サラから何を奪ったのかを理解し、本来、マシンにはない痛みのようなものを感じるからです。

-では、最後に日本の観客に向けて一言お願いします。

アーノルド この映画は、ジェームズ・キャメロンが新しいストーリーを考え、素晴らしい作家たちと共に脚本を書き、それを監督のティム・ミラーがまとめてくれました。この映画は、ミラー監督が個々の俳優の演技を深く理解し、必要なスタントやアクション、またVXFに関しても、深い理解を持っていたことで実現しました。監督のみならず、私たちみんなが誇りに思うような作品になりました。皆さんにも、ぜひご覧になっていただきたいです。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

【インタビュー】映画『フードロア:Life in a Box』齊藤工監督 世界的プロジェクトへの参加で「楽な気持ち」に… 安藤裕子 6年ぶりの映画出演は再びものづくりを楽しむチャンスに!

映画2020年2月14日

 アジアの八つの国の気鋭監督による“食”をテーマにした8エピソードからなるアンソロジーシリーズに監督として参加し、『フードロア:Life in a Box』を手掛けた齊藤工。本作に「神がかったキャスティング」によって出演するシンガーソングラ … 続きを読む

【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

舞台・ミュージカル2020年2月13日

 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものに … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top