シュワルツェネッガー「最初はターミネーターを演じる気はなかった」 リンダ・ハミルトン「『アイル・ビー・バック』のせりふが難しかった」

2019年11月5日 / 18:53

(左から)ガブリエル・ルナ、マッケンジー・デイビス、アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、ナタリア・レイエス

 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』の来日記者会見が5日、東京都内で行われ、出演者のアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナが登壇した。

 本作は『ターミネーター2』(91)の正統な続編。シュワルツェネッガーとの2人そろっての来日についてハミルトンは「2人の間には35年来の友情と信頼がある。2人の関係の歴史を感じる。その間、彼は家族を作り、知事になり、環境問題の活動家になり、チェスの名手になった。そうした彼の変身や成長を喜びながら見てきた」と語った。

 一方、シュワルツェネッガーは「リンダは『ターミネーター』(84)で、新たな女性アクションヒーロー像を作り上げ、『2』ではさらに高みに達した。28年たって、今回もできるのかと心配したが、60歳を過ぎた彼女のアクションに圧倒された」と語った。

 また、若手の3人が口をそろえてハミルトンのアクションをたたえると、ハミルトンは「私にとって今回一番大変だったのは『アイル・ビー・バック』のせりふを言うこと。35年間アーノルドの声で頭の中にあったので、ティム・ミラー監督から『アーノルドみたいだ』と言われて何度もやり直したの」と明かした。

 「今後もターミネーターを演じるのか」と質問されたシュワルツェネッガーは「実は、最初はターミネーターを演じる気はなかった。サラを守るヒーローのカイル・リースを演じたかった。でもそこで、(ジェームズ・)キャメロン監督から説得された。それでターミネーターを演じることになったんだが、今はその説得に感謝している」と振り返った後、「自分としてはこれで終わりだと思っているが、映画は観客のものだから…」と言葉を濁した。

 最後に、「もし過去に戻れたら何がしたい?」という質問に対し、ハミルトンは「84年の髪形を変えたい。あとは、2016年の大統領選挙をやり直したい」とコメント。シュワルツェネッガーは「100年前に戻って原油や化石燃料をあまり使わないように人々に伝えたい」と環境問題に触れた。

 映画は11月8日から全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top