【インタビュー】舞台「神の子」田中哲司&大森南朋&赤堀雅秋が「物を作ることに純粋で、それに没頭できるという環境」で作り上げる新たな作品

2019年10月11日 / 12:00

-ヒロイン役として、今回は、長澤まさみさんが出演します。

赤堀 前作で麻生(久美子)さんにお願いしたように、女優さんは出したいと3人で話していたのですが、じゃあ、誰にしようとなったときに、満場一致で長澤さんになりました。

大森 中年の男が3人集まっていると救いがないと感じて、誰かいないかって思ったときに、パッと出てきたのが長澤さんだった。それで、とりあえず、聞いてみようってことになりまして…。

赤堀 大森さんがメールで興味あるかを聞いてくれたんです。

大森 何回か「最近、元気?」とか、ちょっと先輩っぽい前振りをしてから、「赤堀くんの舞台興味ある?」って聞きました(笑)。

-ところで、赤堀さんの作品に対して信頼感を持っていらっしゃると思いますが、どんなところが魅力でしょうか。

大森 生きてきた時代背景や感じてきた絶望感みたいなものをえぐってくれている気がします。僕は、なんとなく生き続けてきましたが、赤堀くんの世界では、それをはっきりと感じられるんです。そのやばい表現が大好きです。

田中 赤堀くんにしか書けないせりふが満載だから、それをしゃべりたいっていう欲求がすごくあります。だから、台本を覚えるのもスッと入ってくる。彼の世界観が大好きです。

-赤堀さんからみて、2人の俳優としての魅力は?

赤堀 人間の生々しさをさらしてくれる役者であることですね。今、どんなに人気者になっていたとしても、それを出そうというモチベーションで役者をやり続けているところが魅力的なんだと思います。一番ダサい顔や本当に人に見られたくない表情、恥ずかしい顔って、カメラの前やお客さんの前ではなかなかできないんです。コーティングしてコミカルに演じたりして本当のダサい顔をしてくれる人はなかなかいないのですが、この2人はそれをちゃんとやろうとしてくれる。もちろん、俳優にはいろいろな芝居の仕方があって、いろいろな作品があってしかるべきなので、それが全てではないですが、僕はダサい顔を見せてくれるのが好きなんです。

(取材・文・写真/嶋田真己)

コムレイドプロデュース「神の子」

 コムレイドプロデュース「神の子」は12月15日~30日に都内・本多劇場ほか、名古屋、福岡、広島、大阪、長野、静岡で上演。
公式サイト http://www.comrade.jpn.com/kaminoko/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編 ついに完結へ 阿久津仁愛インタビュー 自信あふれるテニミュ愛「本当にこれが青春」

舞台・ミュージカル2019年11月15日

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編が、12月19日~24日の東京公演を皮切りにスタートする。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本作では、2勝2敗と混戦を極め … 続きを読む

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

page top