【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

2019年9月7日 / 17:00

-今回、“かわいらしさ”は封印されたのでしょうか。

 封印というか、特に意識しませんでした。だから、随所に出ているかもしれません。でも、こんなこと言っているから駄目なんですよね(笑)。今回、かわいさ関係で分かったことは、自分は切り替えがうまい方だと思っていたけど、意外とそうでもないということです。一度笑ったり、かわいい表情を作ったりしてしまうと、表情筋に癖がついてしまう気がします。なので、現場ではかなり集中してシリアスでいるようにしました。

-高校生時代のシーンもありましたが、30歳での学生服姿はどうでしたか。

 自分では全然思っていないのですが、周りの方から「全然イケる」と言われたので、自信をもって臨みました! 柄本明さん(桂介に将棋を教えた唐沢光一朗役)や檀ふみさん(唐沢の妻・美子役)からは「逆に30歳になったときのシーンがどうなるか不安…」と心配されていました(笑)。

-本作をきっかけに、ご自身のキャラクターのシフトチェンジも考えていますか。

 僕も年は取るし、体形や考え方も変わるし、そのうちに「劣化」と言われるようになるだろうけど、人間を演じるのに、若さや美しさだけが大切ではないので、内面をきちんと表現できる役者になりたいし、そのためにも年相応に年齢を重ねていきたいです。だからといって、あえてシフトチェンジしようという感覚はもっていません。最近は、キラキラした学園ものや、学生役はめっきり減りましたが、まだキラキラしたいし、黄色い歓声は僕にとってプラセンタと同じ効果があるので、たまにはほしいです(笑)。

(取材・文/錦怜那)

上条桂介役の千葉雄大

 ドラマは9月8日からBSプレミアムで毎週日曜午後10時から放送。(連続4回)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】悪徳総理が普通のおじさんになったら『記憶にございません!』

映画2019年9月16日

 三谷幸喜監督・脚本の最新作『記憶にございません!』が公開された。  史上最低の支持率を記録した総理大臣・黒田啓介(中井貴一)。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり記憶喪失に陥る。側近たちは、国政の混乱を避けるために、事実を隠して黒田に公 … 続きを読む

「今までにないぐらい、宮藤官九郎さんの心の熱い部分が出ている気がします」三宅弘城(黒坂辛作)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年9月15日

 1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、日本代表としてマラソンに出場した朝鮮出身の孫基偵選手が、金栗四三(中村勘九郎)以来の悲願だった金メダルを獲得。このとき、孫選手と3位の南昇竜選手が履いていたのが、金栗が東京のハリマヤ製作所の … 続きを読む

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

【インタビュー】映画『みとりし』 高崎翔太「大切な人をより一層大切に思えるような作品です」 

映画2019年9月5日

 誰にでも平等に訪れる死の時、あなたはどんな最期を迎えたいですか? つらく、苦しい治療をやめ、住み慣れた自宅や、本人の希望する形で温かい死を迎えるために患者とその家族をサポートする看取り士。「日本看取り士会」の代表理事を務める柴田久美子が経 … 続きを読む

page top