【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

2019年9月7日 / 17:00

-今回、“かわいらしさ”は封印されたのでしょうか。

 封印というか、特に意識しませんでした。だから、随所に出ているかもしれません。でも、こんなこと言っているから駄目なんですよね(笑)。今回、かわいさ関係で分かったことは、自分は切り替えがうまい方だと思っていたけど、意外とそうでもないということです。一度笑ったり、かわいい表情を作ったりしてしまうと、表情筋に癖がついてしまう気がします。なので、現場ではかなり集中してシリアスでいるようにしました。

-高校生時代のシーンもありましたが、30歳での学生服姿はどうでしたか。

 自分では全然思っていないのですが、周りの方から「全然イケる」と言われたので、自信をもって臨みました! 柄本明さん(桂介に将棋を教えた唐沢光一朗役)や檀ふみさん(唐沢の妻・美子役)からは「逆に30歳になったときのシーンがどうなるか不安…」と心配されていました(笑)。

-本作をきっかけに、ご自身のキャラクターのシフトチェンジも考えていますか。

 僕も年は取るし、体形や考え方も変わるし、そのうちに「劣化」と言われるようになるだろうけど、人間を演じるのに、若さや美しさだけが大切ではないので、内面をきちんと表現できる役者になりたいし、そのためにも年相応に年齢を重ねていきたいです。だからといって、あえてシフトチェンジしようという感覚はもっていません。最近は、キラキラした学園ものや、学生役はめっきり減りましたが、まだキラキラしたいし、黄色い歓声は僕にとってプラセンタと同じ効果があるので、たまにはほしいです(笑)。

(取材・文/錦怜那)

上条桂介役の千葉雄大

 ドラマは9月8日からBSプレミアムで毎週日曜午後10時から放送。(連続4回)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『AI崩壊』賀来賢人「大沢たかおさんは、ゼロから何かを生み出せる人」岩田剛典「このプロジェクトに対する入江監督の思いがすごかった」

映画2020年1月29日

 1月31日(金)に全国公開となる『AI崩壊』は、2030年の日本を舞台に、社会に不可欠な存在となった人工知能=医療AI「のぞみ」の暴走が引き起こす危機を描いたサスペンス超大作だ。本作では、「のぞみ」の暴走を引き起こしたテロリストとして追わ … 続きを読む

【インタビュー】映画『嘘八百 京町ロワイヤル』武正晴監督「悪いやつを笑い飛ばすことこそ、映画の使命」

映画2020年1月29日

 あの骨董(こっとう)コンビが帰ってきた!古美術商・小池則夫(中井貴一)と陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)が、骨董品をめぐって一世一代の大勝負…! 俳優陣の名演と巧みなストーリーで全国を笑いの渦に巻き込んだコメディー『嘘八百』(18)の続編 … 続きを読む

【映画コラム】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督最新作 脚本が見事な『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』

映画2020年1月29日

 31日から公開されるミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の舞台はニューヨーク郊外の大邸宅。世界的なミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)が、85歳の誕生日パーティの翌朝、遺体となって発見される。 … 続きを読む

【インタビュー】ダイワハウスSpecial地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」岸谷五朗&寺脇康文が送る「地球ゴージャス ナンバーワン エンターテインメント」

舞台・ミュージカル2020年1月28日

 岸谷五朗と寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」の結成25周年を記念した祝祭公演として、2009年に地球ゴージャス10作目の公演として上演された「星の大地に降る涙」が新演出版で上演される。今回の公演では、主演に新田真剣佑を迎え、 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

page top