【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

2019年9月7日 / 17:00

-今回、“かわいらしさ”は封印されたのでしょうか。

 封印というか、特に意識しませんでした。だから、随所に出ているかもしれません。でも、こんなこと言っているから駄目なんですよね(笑)。今回、かわいさ関係で分かったことは、自分は切り替えがうまい方だと思っていたけど、意外とそうでもないということです。一度笑ったり、かわいい表情を作ったりしてしまうと、表情筋に癖がついてしまう気がします。なので、現場ではかなり集中してシリアスでいるようにしました。

-高校生時代のシーンもありましたが、30歳での学生服姿はどうでしたか。

 自分では全然思っていないのですが、周りの方から「全然イケる」と言われたので、自信をもって臨みました! 柄本明さん(桂介に将棋を教えた唐沢光一朗役)や檀ふみさん(唐沢の妻・美子役)からは「逆に30歳になったときのシーンがどうなるか不安…」と心配されていました(笑)。

-本作をきっかけに、ご自身のキャラクターのシフトチェンジも考えていますか。

 僕も年は取るし、体形や考え方も変わるし、そのうちに「劣化」と言われるようになるだろうけど、人間を演じるのに、若さや美しさだけが大切ではないので、内面をきちんと表現できる役者になりたいし、そのためにも年相応に年齢を重ねていきたいです。だからといって、あえてシフトチェンジしようという感覚はもっていません。最近は、キラキラした学園ものや、学生役はめっきり減りましたが、まだキラキラしたいし、黄色い歓声は僕にとってプラセンタと同じ効果があるので、たまにはほしいです(笑)。

(取材・文/錦怜那)

上条桂介役の千葉雄大

 ドラマは9月8日からBSプレミアムで毎週日曜午後10時から放送。(連続4回)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top