【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

2019年7月19日 / 18:15

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品への思い、そして今後の展望についても語ってくれた。

醍醐虎汰朗(左)と森七菜

-お二人は声優初挑戦ですが、新海監督から指導されたことや、褒められたことなどはありますか。

醍醐 細かい指摘はありましたが、具体的な演技の指導はなかったです。「帆高は醍醐くんであって、醍醐くんは帆高だから、自然体でやっていいんだよ」と最初に言っていただいたので、その言葉に救われました。

 このアニメを見られる方にも「なんで声優さんがヒロインじゃないんだ」と思う方もいるでしょうし、それに対する不安を与えたくないなと思っていました。でもある日、新海さんが「息づかいも声優さんっぽくなってきたね」と言ってくださって、意識せずともそうなれるぐらいに余裕が出てきたのかなと、うれしくなりました。

-今までの新海監督の作品で、特に印象に残っているものはありますか。

醍醐 『秒速5センチメートル』は、とてもショッキングでした。あんなに物事がうまくいかないなんて…と初めて感じたアニメです。あと、花澤香菜さんが好きなので、(彼女がヒロインを演じる)『言の葉の庭』も大好きです。もちろん『君の名は。』も映画館に3回ぐらい行きましたし、本当に面白いですよね。

 オーディション前に一気に全作品を見ました。もう1回『秒速~』を見返したいなと思います。一番好きなのは『言の葉の庭』でした。ゆったりした時間が流れているように感じたけれど、意外に46分しかないなんて。濃かったなって。

醍醐 うんうん。

-『君の名は。』に続き、今回もRADWIMPSさんが全楽曲を担当されます。その曲を聴いて、どういう印象を持ちましたか。

醍醐 初めて聴いたときは、「神だな!」と思いました(笑)。野田(洋次郎)さんの書かれる歌詞は、常人では思いつかないものだなと。実はファンでもあるのですけど、今回もメッセージ性の強い歌詞で、『君の名は。』同様に、曲も映像ときれいにハマっていました。作中で生きるキャラクターたちの気持ちを代弁してくれていると思うし、やっぱり「神だな!」と思いました。

 曲の歌詞が、見ているお客さんと陽菜と帆高の距離を近づける、はしごになってくれていると思います。不器用な主人公たちの気持ちを代弁してくれている場面がたくさんありました。だから、物語に集中する回と、音楽を感じる回と、何回も見てほしいなと思います。

-演じた役柄への思い、ご自分と似ている点や違う点などあれば教えてください。

 新海監督には「天気みたいなところが似ているね」と言われました。私は気まぐれで、陽菜は感情的で、怒っていると思ったら、泣いていたりする。確かに似ているかなとも思うのですが、お姉さんぽいとか、積極的なところとかは似ていないなと思います。

-なるほど。森さんにごきょうだいはいらっしゃるのですか。

 (陽菜と一緒で)弟がいるのですが、弟が料理を作ってくれるなど、人にお世話されて生きているので、陽菜と真逆です。陽菜が突発的に何かをすると最初は「そんなことしちゃうんだ」と思うこともありましたが、最終的には全て理解できましたし、「似てきたね」と言われることが多々あったので、ちょっとずつ寄ってきたのかなと。

醍醐 「顔が似ているね」とよく言われます(笑)。「頑張って空回りしちゃっているところ」が似ているとも。そこはあまりうれしくはないのですが(笑)、でも一生懸命さ(の表れ)なのかなと。僕が計算的に演じるのではなく、できる限り自分が帆高になって進もう、と思って演じました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top