おでん屋でのアドリブ歌唱は無念の「9割カット」、それでも朝ドラに注ぐ熱い思い 山口智子(岸川亜矢美)【「なつぞら」インタビュー】

2019年7月20日 / 08:30

-咲太郎に対する亜矢美の心情をどう考えますか。

 亜矢美には、結婚の約束をした人が戦地から帰ってこなかったという悲しい過去があります。愛する人への愛情の行き場を失った亜矢美には、咲太郎の“かあちゃん” として“偽物の親子”を演じることが生きるパワーとなりました。亜矢美が咲太郎を助けたというよりは、本当は咲太郎が命の恩人なのです。

-そんな2人の行く末は要注目ですが、岡田さんは以前、「山口さんから自由な芝居を学んだ」とおっしゃっていました。直接アドバイスをすることもあるのですか。

 フラメンコも演技も共通することは、出会った人々が心を一つにして、今この一瞬を最高に輝かせるために、力を合わせる即興芸術であることです。直球で勝負する若い時代に比べて、年を重ねるといろいろな変化球を面白がれる心のゆとりが生まれてくるので、年長者としてできることは、「力を抜いて、もっと自由にのびのび心を解き放っていいんだよ」と、身をもって実践して、若者たちを応援できたらいいなと思っています。

-朝ドラという現場だからこそ、特別な思いと気合が入っているのでしょうか。

 「純ちゃんの応援歌」に出会っていなければ、普通にお見合い結婚をして、実家の旅館を継いでいたと思います。演技も何も知らないド素人の私を受け止めてくださった朝ドラに、感謝してもしきれません。共演した唐沢(寿明)さんと結婚させていただきましたし、人生の全ての始まりが朝ドラでした。30年でどれだけ成長できたのか、まだまだ自信はありませんが、ちょっとでも皆さんのお役に立つことができるよう、今までどの作品も本気で取り組んできましたが、さらに本気で取りくんでいきたいです。

-亜矢美同様、山口さんもキラキラ輝いていて、人生を謳歌(おうか)されているように感じます。

 年を取ることは本当に楽しいですよ。自分の好きなことや大事なことに対するフォーカスが明確になってきて、余計な力も抜けて、人生を味わう楽しさを日々実感できている手応えがあります(笑)。

(取材・文/錦怜那)

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

-直明の姉・寅子役の伊藤沙莉さんの印象は?  気さくで親しみやすいすてきな方です。伊藤さんのお兄さん(お笑いコンビ”オズワルド“の伊藤俊介)が僕たちのグループ(BE:FIRST)を応援してくださっている話や、沙莉さんのファンの僕の母が舞台を … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ブルー きみは大丈夫』(6月14日公開)  母を亡くし心に深い傷を抱える少女ビー(ケイリー・フレミング)は、巨大な謎の生き物ブルー(声:スティーブ・カレル)と出会う。ブルーと彼の仲間たちは、想像力豊かな子どもたちによって生み出された“空想 … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

-最近はミュージシャンの伝記映画も数多く作られていますが、劇映画ではなくドキュメンタリーだからこそ見えてくるものがあるとも感じました。  おっしゃる通りです。最初は、プリンスの周りにいたコミュニティーの人たちにインタビューをしたいと思ってい … 続きを読む

Willfriends

page top