【インタビュー】『凪待ち』白石和彌監督「香取慎吾さんは、今まで出会ったどの俳優とも違う。衝撃を受けました」

2019年6月28日 / 14:11

 香取慎吾の新たな挑戦。それは、人生のどん底でもがき続ける男を演じることだった。日々を無為に過ごす木野本郁男(香取)は、一緒に暮らす恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻で人生をやり直すことを決める。好きだったギャンブルからも足を洗い、亜弓とその娘・美波(恒松祐里)、漁師として働く亜弓の父・勝美(吉澤健)と共に新たな生活を始める。だが、ある事件が再び郁男をどん底に突き落とす…。6月28日からTOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開となる『凪待ち』で、今まで誰も見たことがない香取の姿をカメラに収めたのは、『孤狼の血』(18)、『麻雀放浪記2020』(19)の白石和彌監督。現場で間近に見た俳優・香取慎吾の姿とは。

白石和彌監督

-現場で目にした香取さんの印象は?

 今まで出会ったどの役者さんとも違った印象で、かなり衝撃を受けました。最初に「演じるのがそんなに得意ではないんです。最初の印象を大切にしたいので、台本はあまり読み込まないようにしています」と言っていました。だから、現場に来ると「この前のシーンはどんな感じでしたっけ?」と一つずつ流れを確認していく。ただ、そこで僕が説明していくと、きちんとその内容にアジャストしてくれるんです。その様子が、まさに「動物的」とでもいう感じで…。

-その場で、というのはすごいですね。

 僕はもともと、現場でせりふを足したり、台本にないシーンとシーンの間を撮ったりするのが好きなタイプ。俳優さんによっては、そういうことが苦手な方もいらっしゃいますが、香取さんは説明すると「分かりました」と言って、全部OKなんです。だから、どんどんそういうお願いが増えていきました。それであのクオリティーの芝居を見せてくれる。演じるとは何か、役者とは一体何かと、根源的な問題について、改めて考えさせられるほどでした。

-芝居については、そうやって現場で調整しながら作っていく感じでしたか。

 そうですね。ただ、僕が説明し切れていない部分まで、話し方やいろいろなところからニュアンスをくんでいる節がありました。「本当に言いたいことは、こういうことでは?」という感じで。

-ものすごい理解力ですね。

 本当にすごいと思います。いろいろな人の話を、ものすごく聞いている。それこそ、スタッフ同士の会話まで。そういうところからも、恐らく何かを理解しようとしているのでしょう。ものすごい集中力です。

-監督としては、演出する上でどんなふうに接しましたか。

 そのあたりは普通に会話しながらです。ただ、香取さんは、どうやったら撮影がうまくいくかということが、他の人よりも分かっている。だから、「殴られ方はこっちの方がいいですね」とか「カメラはどこですか。じゃあ、こういうふうにします」という会話がスムーズに通じる。自分でコンサートの演出などをやっていたからでしょう。本当にクレバーな人だな…と。

-こういう駄目な男を演じるということに関しては、今までとは違う自分を見せたいという意欲もあったのでしょうか。

 どうでしょう。ただ僕にも、新しい一歩を踏み出している以上は、今までとは違う香取慎吾を引き出したいという、作り手としての欲はあるわけです。そこで、こういうものを提案してみた。場合によっては断られる部分もあるかな…と思ったのですが、話をしてみたら「分かりました。やります」と。だから、そのあたりは僕の思いを感じて、それを面白いと思ってもらえたのではないでしょうか。

-この作品に懸ける香取さんの意気込みのようなものは感じましたか。

 もちろん、それはあったと思います。ただ、何かを頑張るような役でもないので、その意気込みは表面的には伝わりづらいところもありましたが。とはいえ、現場ではリリー・フランキーさんなど、付き合いの長い人たちとにぎやかに盛り上がることも、エキストラの方に囲まれることもなく、集中していましたから。ちょっと近寄りがたい雰囲気すら感じました。

-白石監督ご自身は、郁男というキャラクターに対してどんな思いがありましたか。

 郁男は駄目男ではあるものの、極悪人ではありません。優しさがあって、もともとは真面目な人間。ただ、社会の問題なのか何なのか、ちょっとしたことで足を踏み外してしまったために、転がり続けてどうにもならなくなってしまう…。今の日本の社会には、そういう人がたくさんいると思うんです。郁男というキャラクターが、多少なりともそういうものを映す鏡になるのではないかと。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top