香取慎吾、「気負い過ぎていた」 単独主演作『凪待ち』への思い語る

2019年6月6日 / 11:47

主演の香取慎吾

 映画『凪待ち』の完成披露試写会が5日、東京都内で行われ、出演者の香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、音尾琢真、リリー・フランキーと白石和彌監督が登壇した。

 本作は、ギャンブル、けんか、借金など底なしの奈落に転がっていく男の物語。主人公の郁男を演じた香取は、「どうしようもないろくでなしの男。今までは正義感にあふれてたり、困っている人がいたら、そこに走り寄るような役が多かったけれど、今回はそんな人がいたら背を向けて逃げるような男の話です」と役どころを説明した。

 共演のリリーは香取について、「今まで慎吾ちゃんが演じてこなかったマイナスのエネルギーを持った人間の色気がすごかった」と絶賛。郁男の恋人役を演じた西田も「本当に大スターの方なのに、今回の郁男には香取さんではないみたいなヤサグレ感があり、それがすてきだった」と、俳優・香取慎吾をたたえた。

 香取自身も、「初めての自分1人の映画(単独主演)で、すごいプレッシャーや緊張があり、気負い過ぎている部分もあった」と当初の思いを明かしつつ「いざ完成したものを見た時に“自分の映画”という思いは全くなかった。白石監督の映画『凪待ち』として、本当に素晴らしい映画になっていた」と、手応えを感じている様子。また、「リリーさんや音尾さんのように“白石組を見たら僕がいる”ぐらいに、どんな役でもまたぜひご一緒したい」と、白石監督との再タッグを熱望した。

 映画のタイトルに掛けて「自分は何待ちか?」と尋ねられると「映画の公開はもちろん“完全体の身体”を待っています」と回答。「一生ダイエットしてるんですよ。今まで何度も『今年こそは』とずっと言い続けているので、パーフェクトな身体がほしいです」と笑わせた。

 映画は28日公開。

(左から)白石和彌監督、リリー・フランキー、恒松祐里、香取慎吾、西田尚美、音尾琢真


芸能ニュースNEWS

「鍵のかかった部屋」大野智の演技に「天才的」の声 特別編の放送継続にファン歓喜!「幸せ過ぎる」

ドラマ2020年6月2日

 嵐の大野智が主演したドラマ「鍵のかかった部屋」の特別編(フジテレビ系)の第4話が1日に放送された。  本作は、奇才の防犯オタク・榎本径(大野)が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)と共に難解な密室事件を解明していく謎解きミ … 続きを読む

本多劇場グループが一人芝居を有料ライブ配信 井上小百合「自分が成長できたのを感じました」

舞台・ミュージカル2020年6月2日

 本多劇場グループPRESENTS「DISTANCE」囲み取材会が1日、東京都内の本多劇場で行われ、同劇場グループ総支配人の本多愼⼀郎氏、同劇場グループ代表の本多一夫氏、企画・脚本・演出の川尻恵太氏と御笠ノ忠次氏、俳優の永島敬三、井上小百合 … 続きを読む

内村光良、手越祐也の不在を謝罪 「一人欠けており、申し訳ございません」

テレビ2020年6月1日

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が5月31日放送のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演。同番組にレギュラー出演しているNEWS手越祐也の不在を謝罪した。  手越は緊急事態宣言の発令中に、女性を伴う … 続きを読む

豊川悦司「常盤さんがめちゃピチピチしてた頃」 「愛していると言ってくれ」特別版に反響続々

ドラマ2020年6月1日

 豊川悦司と常盤貴子が主演した1995年放送のドラマ「愛していると言ってくれ」(TBS系)が特別版として25年ぶりに復活し、5月31日に放送がスタートした。  本作は、幼い頃に聴覚を失った青年画家・榊晃次(豊川)と、夢を追う女優の卵・水野紘 … 続きを読む

広瀬アリス・すずら、きょうだい共演に歓喜の声 「夢の共演、新鮮で面白かった」

ドラマ2020年5月31日

 リモートドラマ「Living」(NHK総合)の第1話と第2話が30日に放送された。  本作は、坂元裕二氏が書き下ろした、新作のリモートドラマ。15分×4本のオムニバスで構成され、実際に家族として日常を共にする俳優陣が出演する。  第1話に … 続きを読む

page top