【インタビュー】『トイ・ストーリー4』ジョシュ・クーリー監督「この映画を仕上げてみて、ウッディの物語としては一通り完結したと思いました」

2019年7月10日 / 09:00

 新たな持ち主ボニーのお気に入りの手作りおもちゃのフォーキーを探す旅に出たウッディ。旧友や新たなおもちゃとの出会いを経て、彼はある決断をする。前作『トイ・ストーリー3』(10)の“その後”を描いた『トイ・ストーリー4』が7月12日から公開される。公開を前に来日したジョシュ・クーリー監督に、デビュー作となった映画への思いや、見どころについて聞いた。

ジョシュ・クーリー監督

-前作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督は、「シリーズものなので大変だった」とおっしゃっていましたが、監督もそうした難しさは感じましたか。

 確かに、シリーズ物をやる際には、オリジナル物とは違った課題があり、新たなチャレンジが必要になります。特に『トイ・ストーリー』シリーズには、歴史がありますし、たくさんの人から愛されてもいます。ピクサースタジオはもちろん、観客にとっても、とても大きな映画なので、「また感動したい。楽しみたい」という期待も大きいのです。それに応えるのはとても大きなストレスで、幾晩も眠れない夜を過ごしました。ただ、私自身もこのシリーズやキャラクターたちを観客と同じように愛しているので、その映画の監督ができることはとても名誉なことだと思いましたし、このキャラクターたちをどう動かそうか、という楽しみも感じました。

-本作が監督デビュー作ですが、ご自分が監督をする上で、新たに加えてみたことはありましたか。

 いい質問ですね。実は幾つかあります。まず、ピンボールマシンのシーンですが、私はピンボールがとても好きなので背景として使いました。それから、LPレコードから流れてくる曲は、私が大好きな映画『シャイニング』(80)の音楽です。また、これはまだ誰にも言っていませんが、アンティークショップの壁にかかったライセンス証に書かれたイニシャルは実は私の家族のものです。もちろん誰も気付かないのですが、私の子どもたちが見て大喜びしました(笑)。

-今回はウッディの選択と自立が物語の核だと感じましたが。

 確かに、ウッディなりの目的を見つけて、子どもの部屋から飛び出してより大きな世界に行ったという意味では自立なのですが、それは新たな目的のためにしたことです。

-ウッディを演じたトム・ハンクスの声の効用もありますが、今回はウッディが持ち主のボニーを、父親のような目で見ているところがあったと感じましたが。

 トムはもう25年もウッディを演じ続けているので、ウッディが経てきた歴史もよく理解しています。なので「この段階ではウッディはどんなことを感じているのか」ということを2人で話し合い、トムのアイデアを反映させながら作っていきました。この映画では、ウッディは父親やメンター=師の役割を果たしています。ですから、トムもそれを声に込めたところはあると思います。例えば、(アンティークトイの)ギャビー・ギャビーが箱に入ったときに、ウッディが彼女を勇気づけるようなメンター的な言葉を言う場面もあります。

-今回は、そのギャビー・ギャビーの他にも、新たなキャラクターが登場しましたが、監督ご自身のお気に入りのキャラクターは?

 (バイクスタントマンの)デューク・カブーン(声:キアヌ・リーブス)が大好きです。彼は一見自信満々のように見えるけれど、過去についての話をすると泣き崩れてしまうというキャラクターです。彼のような、CMで見たときはすごかったのに、実際に買ってみたら大したことはなかった、というおもちゃは私も持っていました。また、おもちゃに限らず、CMはすごいのに、実際はそうでもないということはたくさんあると思います。そんな意味で、デュークはとても面白いキャラクターだと思います。

-今回は、ある意味、『3』からの終わりの始まりのような物語でしたが、今回の終わり方を見ると、新たな展開でまだまだ続けられそうな気もしましたが…。

 ノー(笑)。ネクストはありません。この映画を仕上げてみて、ウッディの物語としては一通り完結したと思いました。確かに『トイ・ストーリー』シリーズは、毎回、何か新しいものの始まりを予感させながら終わるし、今回もそういうトーンで終わってはいますが、今のところ新たなプランはありません。私はそれでいいと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top