【インタビュー】「おかあさんといっしょ」卒業インタビュー「“子ども”ではなく初めて出会った人とどう楽しむか」(小林よしひさ)、「子どもたちと一緒に遊べた7年間、幸せだった」(上原りさ)

2019年6月19日 / 13:35

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の、第11代たいそうのお兄さん(2005年4月~2019年3月)・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん(2012年4月~2019年3月)・上原りささんが、今年3月、そろって卒業した。それぞれ14年間と7年間努めたお兄さんやお姉さんという仕事への思い、子どもたちとの時間、健康維持などについて、話を聞いた。

上原りさ(左)と小林よしひさ

―戸惑いや悩みも少なくない小さな子どもの子育て。わが子が番組を見ながら身体を動かしている様子に励まされるなど、お兄さんやお姉さんは、親たちにとっても大きな存在であったのでは?

よしお兄さん(よしひさ) これまでも番組を見ている親子が声を掛けてくださることは時折ありましたが、今回卒業というタイミングで、「14年間助けていただきました」などとたくさんのお声をいただきました。うれしさの反面、「本当に大丈夫だったのかな? 助けることができていたのかな?」と反省の思いもありました。今後も体操を通じた活動で、皆さんの助けになれるよう頑張っていきたいなあと思っています。

りさお姉さん(りさ) 私もよくお手紙を頂くのですが、「パントの影響でお手伝いをしてくれるようになったんです」「助けになりました」「元気になりました!」と言っていただいたことがすごく励みやパワーになり、それが番組の方でも出たと思っています。

―お2人同時のご卒業。率直なご感想は?

よしひさ 14年の長きにわたってやらせていただいたので、やりきれたなあという思いが一番最初に来ました。風邪をひいて収録に穴を開けるということもなかったですし、「やりきれた自分をほめてあげたい」というようなホッとした感情が大きかったですね。

りさ 番組から卒業すると、子どもと関わることが本当になくて。あんなにたくさんの子どもたちに囲まれて一緒に遊べた7年間は楽しかったなあって。幸せな世界にいられたんだな、そこに7年間もいさせてもらえたんだなってことにありがたさを感じましたね。本当に、「幸せな時間をありがとうございました」という気持ちです。

―たくさんの子どもと向き合う時間、大変だったこともありますか?

よしひさ たいそうのお兄さんになる前にも、もちろん子どもの指導をしたことはあったんですが、こんなに毎日、必ず新しい子が来る。毎回いろんなことがあるんです。最初のうちはすごく考えて考えてやっていたんですが、ある日、俯瞰で見られる瞬間があったんです。接する子どもたちは、3歳~4歳ぐらいなんですが、もう、大人と一緒だなあと。子どもとして接するというより、1人1人との人間関係なんだと。子どもをどうするかではなく、初めて出会った人とどう楽しむか、という感覚に変わっていったら、楽になりました。

りさ 私が常に意識していたのは、「子どもたちと遊ぶ」ということです。子どもたちも、楽しいところに遊びにきたという感覚で来てくれていたと思います。とはいっても、さみしくなっちゃう子もいるんですが。さみしくて泣いていても、楽しい世界を続けていくことができたかなと思っています。途中で泣いてお母さんのところに戻っちゃった子でも、最後には戻ってきて「今日楽しかったんだー」って笑顔で言われたときは、よかったなって思いますね。

―収録中に予想外の行動を取る子どももいるかもしれませんが、どんなふうに対応していましたか。

よしひさ そもそも、もう、大体毎日予想外なので、逆に驚かなくなってくるというか(笑)。何かハプニングが起きたときは、個々の判断で対応していくんですが、終わった後にチームで振り返る時間を持ちます。例えば、私が変装しているときに転んでしまった子がいて、りさお姉さんが入ってきて、助けてくれたことがありました。「ありがとう助かった! でもあの位置関係だったらあつこお姉さんが入った方がよかったのかな!?」とか。自分たちで、プログラミングというか、反省の時間を経て常に更新をしていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top