【インタビュー】「おかあさんといっしょ」卒業インタビュー「“子ども”ではなく初めて出会った人とどう楽しむか」(小林よしひさ)、「子どもたちと一緒に遊べた7年間、幸せだった」(上原りさ)

2019年6月19日 / 13:35

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の、第11代たいそうのお兄さん(2005年4月~2019年3月)・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん(2012年4月~2019年3月)・上原りささんが、今年3月、そろって卒業した。それぞれ14年間と7年間努めたお兄さんやお姉さんという仕事への思い、子どもたちとの時間、健康維持などについて、話を聞いた。

上原りさ(左)と小林よしひさ

―戸惑いや悩みも少なくない小さな子どもの子育て。わが子が番組を見ながら身体を動かしている様子に励まされるなど、お兄さんやお姉さんは、親たちにとっても大きな存在であったのでは?

よしお兄さん(よしひさ) これまでも番組を見ている親子が声を掛けてくださることは時折ありましたが、今回卒業というタイミングで、「14年間助けていただきました」などとたくさんのお声をいただきました。うれしさの反面、「本当に大丈夫だったのかな? 助けることができていたのかな?」と反省の思いもありました。今後も体操を通じた活動で、皆さんの助けになれるよう頑張っていきたいなあと思っています。

りさお姉さん(りさ) 私もよくお手紙を頂くのですが、「パントの影響でお手伝いをしてくれるようになったんです」「助けになりました」「元気になりました!」と言っていただいたことがすごく励みやパワーになり、それが番組の方でも出たと思っています。

―お2人同時のご卒業。率直なご感想は?

よしひさ 14年の長きにわたってやらせていただいたので、やりきれたなあという思いが一番最初に来ました。風邪をひいて収録に穴を開けるということもなかったですし、「やりきれた自分をほめてあげたい」というようなホッとした感情が大きかったですね。

りさ 番組から卒業すると、子どもと関わることが本当になくて。あんなにたくさんの子どもたちに囲まれて一緒に遊べた7年間は楽しかったなあって。幸せな世界にいられたんだな、そこに7年間もいさせてもらえたんだなってことにありがたさを感じましたね。本当に、「幸せな時間をありがとうございました」という気持ちです。

―たくさんの子どもと向き合う時間、大変だったこともありますか?

よしひさ たいそうのお兄さんになる前にも、もちろん子どもの指導をしたことはあったんですが、こんなに毎日、必ず新しい子が来る。毎回いろんなことがあるんです。最初のうちはすごく考えて考えてやっていたんですが、ある日、俯瞰で見られる瞬間があったんです。接する子どもたちは、3歳~4歳ぐらいなんですが、もう、大人と一緒だなあと。子どもとして接するというより、1人1人との人間関係なんだと。子どもをどうするかではなく、初めて出会った人とどう楽しむか、という感覚に変わっていったら、楽になりました。

りさ 私が常に意識していたのは、「子どもたちと遊ぶ」ということです。子どもたちも、楽しいところに遊びにきたという感覚で来てくれていたと思います。とはいっても、さみしくなっちゃう子もいるんですが。さみしくて泣いていても、楽しい世界を続けていくことができたかなと思っています。途中で泣いてお母さんのところに戻っちゃった子でも、最後には戻ってきて「今日楽しかったんだー」って笑顔で言われたときは、よかったなって思いますね。

―収録中に予想外の行動を取る子どももいるかもしれませんが、どんなふうに対応していましたか。

よしひさ そもそも、もう、大体毎日予想外なので、逆に驚かなくなってくるというか(笑)。何かハプニングが起きたときは、個々の判断で対応していくんですが、終わった後にチームで振り返る時間を持ちます。例えば、私が変装しているときに転んでしまった子がいて、りさお姉さんが入ってきて、助けてくれたことがありました。「ありがとう助かった! でもあの位置関係だったらあつこお姉さんが入った方がよかったのかな!?」とか。自分たちで、プログラミングというか、反省の時間を経て常に更新をしていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十回「栄一、志士になる」幕末の世に船出した栄一。その成長を描いた航海のプロローグ

ドラマ2021年4月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」は、早くも放送開始から2カ月が経過、4月18日放送の「栄一、志士になる」で第十回を迎えた。これまで、江戸から遠く離れた血洗島で、世の大局とは無縁ののどかな暮らしを送っていた栄一(吉沢亮)が、つい … 続きを読む

【インタビュー】丸美屋食品ミュージカル「アニー」マルシア 1年越しの上演で「パワーをプレゼントしたい」

舞台・ミュージカル2021年4月20日

 いつか必ず両親に会えると信じてたくましく生きる孤児のアニーが、大富豪の男性と出会ったことで運命を切り開いていく姿を描く、丸美屋食品ミュージカル「アニー」が4月24日から開幕する。2020年は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて全公 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「理想のオトコ」蓮佛美沙子「自分と重ね合わせたり、キュンとしながら見てほしい」

ドラマ2021年4月20日

 蓮佛美沙子が主演するドラマParavi「理想のオトコ」(テレビ東京系)が放送中だ。本作は、チカの同名の電子コミックが原作。10歳年上の漫画家・ミツヤス(安藤政信)と、高校時代の同級生・志摩圭吾(味方良介)という対照的な2人の男性の間で揺れ … 続きを読む

【インタビュー】浦井健治「20th Anniversary Concert~Piece~」俳優生活20周年を迎え「もう一回ゼロからやり直そうと思えた」

舞台・ミュージカル2021年4月18日

 浦井健治が、俳優生活20周年を記念したオリジナルソロアルバム『Piece』をリリースした。さらに、4月20日には、「20th Anniversary Concert~Piece~」と題したコンサートを、東京国際フォーラム・ホールAで開催す … 続きを読む

【映画コラム】Netflix、悲願の作品賞初受賞なるか『Mank/マンク』

映画2021年4月16日

 日本時間の4月26日に授賞式が行われる今年のアカデミー賞では、動画配信サービスNetflix(ネットフリックス)製作の映画が大量にノミネートされた。その中の一本で、作品賞をはじめ、最多10部門で候補となった『Mank/マンク』を紹介しよう … 続きを読む

amazon

page top