【インタビュー】『洗骨』照屋年之監督「現場に芸人のゴリは一切なく、ただ汗まみれで無精ひげで、一生懸命演出している素の僕がいました」

2019年2月8日 / 13:10

-そういう作品で好きなものは?

 一番好きなのは、『リトル・ミス・サンシャイン』(06)かもしれません。あの映画も、駄目な家族が美少女コンテストに出場する末娘と一緒に会場へ向かう途中、珍道中を繰り広げながら一つになって行く物語です。コンテストの勝ち負けはどうでもよくて、大事なのは家族が一つになること…。今気付いたのですが、『洗骨』はこの映画の影響を受けていますね(笑)。

-モチーフは異なりますが、共通する部分はありますね。

 やはり僕は、そういう話が好きなんです(笑)。

-俳優の皆さんのお芝居も見事です。中でも、妻に先立たれた夫・信綱を演じる奥田瑛二さんの駄目おやじぶりが際立っています。

 最初の頃は、男らしくてカッコいい奥田瑛二の部分が残っていて、僕のイメージからはやや遠かったので、「取ってください」とお願いしました。「誰に向かって言っているんだ」と脅されたときは一瞬、冷や汗をかきましたが(笑)。奥田さんなりの冗談だったようです。でも、「もっと情けなく」、「もっと無気力に」とお願いしていくと、どんどん情けない信綱になっていくんです。“奥田瑛二らしさ”はどこにもない。やっぱりすごい役者だなと。「こんな奥田瑛二見たことない」という姿が映っているので、ぜひ注目してください。

-監督の名義を芸名“ゴリ”ではなく、本名にした理由は?

 現場に芸人のゴリは一切なく、ただただ汗まみれで無精ひげで、一生懸命演出している素の僕がいただけです。ゴリは常に他人の目を意識していますが、監督のときは僕がモニターをチェックし、演者や現場を見て指示を出す。人に見られるのではなく、僕が見ている。まったく逆なので、プロデューサーから「本名でいいのでは?」と言われたとき、僕も“照屋年之”の方がしっくりきました。今回は名のある俳優の皆さんに出演していただいているので、僕の名前を出す必要もありません。僕はただひたすら、撮ることを楽しんでいただけですから。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)『洗骨』製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top