【インタビュー】『洗骨』照屋年之監督「現場に芸人のゴリは一切なく、ただ汗まみれで無精ひげで、一生懸命演出している素の僕がいました」

2019年2月8日 / 13:10

-そういう作品で好きなものは?

 一番好きなのは、『リトル・ミス・サンシャイン』(06)かもしれません。あの映画も、駄目な家族が美少女コンテストに出場する末娘と一緒に会場へ向かう途中、珍道中を繰り広げながら一つになって行く物語です。コンテストの勝ち負けはどうでもよくて、大事なのは家族が一つになること…。今気付いたのですが、『洗骨』はこの映画の影響を受けていますね(笑)。

-モチーフは異なりますが、共通する部分はありますね。

 やはり僕は、そういう話が好きなんです(笑)。

-俳優の皆さんのお芝居も見事です。中でも、妻に先立たれた夫・信綱を演じる奥田瑛二さんの駄目おやじぶりが際立っています。

 最初の頃は、男らしくてカッコいい奥田瑛二の部分が残っていて、僕のイメージからはやや遠かったので、「取ってください」とお願いしました。「誰に向かって言っているんだ」と脅されたときは一瞬、冷や汗をかきましたが(笑)。奥田さんなりの冗談だったようです。でも、「もっと情けなく」、「もっと無気力に」とお願いしていくと、どんどん情けない信綱になっていくんです。“奥田瑛二らしさ”はどこにもない。やっぱりすごい役者だなと。「こんな奥田瑛二見たことない」という姿が映っているので、ぜひ注目してください。

-監督の名義を芸名“ゴリ”ではなく、本名にした理由は?

 現場に芸人のゴリは一切なく、ただただ汗まみれで無精ひげで、一生懸命演出している素の僕がいただけです。ゴリは常に他人の目を意識していますが、監督のときは僕がモニターをチェックし、演者や現場を見て指示を出す。人に見られるのではなく、僕が見ている。まったく逆なので、プロデューサーから「本名でいいのでは?」と言われたとき、僕も“照屋年之”の方がしっくりきました。今回は名のある俳優の皆さんに出演していただいているので、僕の名前を出す必要もありません。僕はただひたすら、撮ることを楽しんでいただけですから。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)『洗骨』製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top