永瀬正敏、水原希子の“女優魂”に感動 冷凍倉庫内で薄着も「いつもニコニコしていた」

2017年4月8日 / 20:18

水原希子との共演を振り返った永瀬正敏

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、角田晃広、伊藤沙莉、永瀬正敏ほかが登壇した。

 1995年に解散した伝説のロックバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲を、6人の気鋭監督がそれぞれ自由な解釈で映像化した、6篇から成るオムニバス映画。

 その中の『ジョウネツノバラ』(工藤伸一監督)で永瀬が演じたのは、最愛の女性を亡くして喪失感にとらわれた男性。葬儀が執り行われたものの、彼はその女性をいつまでも自分のそばに置いておきたいと願い、亡骸を車椅子に乗せて奪い去るという暴挙に出る。

 物語は、工藤監督に永瀬がかつて見せていた原案がベースにあるそうで、工藤監督は「今回永瀬さんに『何年か前に見せてもらったあの話を映画化したい。ぜひ脚本を書いてほしい』とお願いしたんです」と述懐。そんなこともあり永瀬は当初、脚本として参加する予定だったが、工藤監督が「ぜひ出ていただきたい」と依頼したことから、脚本と出演の両方を務めることになったという。

 物語が生まれたきっかけについて永瀬は「ある日、僕のおばあちゃんが亡くなって…。その時に気丈に振る舞っていたおふくろが、いよいよ最後に棺桶を焼き場に入れるぞ、という時に突然、慟哭し始めて棺桶を止めたんです。僕もおふくろを後ろから抱きしめて(おふくろは)棺桶を放したのですが。その時に、永遠の愛情、永遠の別れって何なんだろうって考えて、それを男女に置き換えて書いてみたんです」と明かした。

 また、妻役を演じた水原希子との撮影は、マイナス10度の冷凍倉庫で行われたといい、永瀬は「ものすごく寒かった。外よりも寒い。水原さんはほぼ何も身にまとっていない状態での撮影で、普通は『帰りたい』『ふざけんな』と怒ってしまいそうなもんだけど、いつもニコニコしていて。そのプロフェッショナリズムにちょっと感動しました」としみじみ。さらに「最初は服を着たままの設定だった」というが、演出の都合上、そうはいかなくなったといい、永瀬は「水原さん、きっとやってくれないだろうな…と思っていたら、やっていただけるということで。すごかったです」と感謝しきりだった。

 終盤には、台湾で公開されることも発表され『ハンマー(48億のブルース)』に主演した尾野は「みんなで台湾行きましょうか。行きたいですよね?」とノリノリ。永瀬も「台湾は大好きな場所。ぜひ行きたいです」と笑顔で応じていた。

(左から)伊藤沙莉、尾野真千子、永瀬正敏、角田晃広

(左から)伊藤沙莉、尾野真千子、永瀬正敏、角田晃広


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top