【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

2019年1月22日 / 12:00

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡る家族の物語をイマジネーション豊かに描いた本作は、昨年7月の公開後、アニメーション界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞や、アメリカのゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞にアジアで初めてノミネートされるなど、世界中で高い評価を受けている。本作のプロデューサーであり、細田監督の創作の拠点・スタジオ地図の代表取締役を務める齋藤優一郎氏に、細田作品に対する思いを聞いた。

齋藤優一郎プロデューサー

-今までの細田作品では、世界の危機に直面したり、異世界に行ったりという事件に巻き込まれた主人公の活躍と成長が多く描かれてきました。今回はそういう大きな事件は起こりません。そこに細田監督の変化を感じて、とても興味深かったです。

 おっしゃる通り、この映画では大事件も大災害も起こりません。世界を救うヒーローも登場しません。日本の片隅にある小さな家の中で4歳の男の子が成長していく…。それを見詰める家族の日常を淡々と描いているだけです。本作の公開にあたり、海外を含む多くの場所を訪れて、観客の皆さんや、さまざまな方々と交流させていただきました。そのときに感じたのは、「誰もが過ごす日常の中にこそ、喜びや奇跡といったかけがえのない大切なものが潜んでいる」ということを、この作品を通じて皆さん自身が何か発見してくれたのではないか…ということです。国境を越えて、多くの方々に楽しんでいただいている理由の一つに、そういった発見や共有体験があるのかもしれない、そう感じています。

-家族を中心にした物語という点では、細田監督らしさもしっかりとありますね。

 細田さんにとって、家族というのはあくまでもモチーフで、常に興味があるのは子どもや若者の成長や変化なんです。でも、子どもを描こうとすると、必ずその周りには家族というものが存在してくる。初監督作の『デジモンアドベンチャー』(99)から一貫して細田監督が描き続けてきていることです。ただ今回、小さな子どもとその家族が織り成すストーリーといった小さなものから、繰り返し続いてきた大きな時間の流れ、生命の循環といった、これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかったのではないかと。ただ僕としては、企画の当初から細田さんが映画監督として、作家として新しいフェーズに入る作品になると思う、そういった予感はあったんです。完成した作品で、そのことが証明されたような気がしています。

-そういう意味では、これまでとはかなり趣が異なる作品ですが、最初に細田監督から「こういう作品を作りたい」という話があったときに、戸惑いはなかったのでしょうか。

 実はこれまでもそうなのですが、最初にあるのはいつも驚きです。例えば『サマーウォーズ』(09)の公開後に、「次はどんな映画を作りましょうか」と話をしたとき、「どんな映画になるかはまだ分からない、ヒットするかも分からない、でも自分は母親が主人公の映画を作りたいんです」と。『サマーウォーズ』完成直前に亡くなったお母様の総括をしたいと言って、『おおかみこどもの雨と雪』を作ったりするわけですから。それはやっぱり驚きますよね。でも僕は戸惑いや不安よりも、ものすごい納得感が常にあるんです、そしてまた「新しいことにチャレンジするんだな」という、心と気持ちが奮い立つんです。

-そういう思いは、今回も変わらないと?

 今回は、細田さんのお子さんに妹ができたことがきっかけでした。細田さんは一人っ子なんです。でも息子には妹ができて、自分が歩んできた道とは全然違う道を歩むんだ、彼はそこにまず興味を持った。普通なら、『バケモノの子』(15)の後なんだから、またアクション映画を作ろうとか、久しぶりに『時をかける少女』(06)のような映画を作ろうとか考えると思うんです。「サマーウォーズ2をやってほしいです」といったことも言われたりもしますしね。でも、細田さんは常に新しいチャレンジを望んでいる。作家として、「常に新しいことにチャレンジをしながら、地球の裏側の人たちにも、誰の人生にとってもかけがえのないもの、面白いと思ってもらえるものを描きたい」と思っている、そういう人がまた新たなフェーズに到達した。僕はとてもうれしいんです。

-満足されているようですね。

 映画は一本一本が勝負。失敗すれば次はありません。それでも、映画を作り続けていく以上、例えば年齢もあるかもしれない、他にもある人生の局面において、どうしても描くべき、作るべき作品というのは必ず出てくるし、作家である以上それは絶対にあるんです。『未来のミライ』は作るべくして作った、作家が次に向かうためにも必要な作品なんです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top