【インタビュー】『輪違屋糸里 京女たちの幕末』藤野涼子「この作品は私にとって、学生から大人へと考え方が変わる第一歩になりました」

2018年12月14日 / 18:00

-そういう環境で、ご自身も成長していったという手応えはありますか。

 現場に慣れていったこともありますが、最初の頃と比べると、自分でも糸里と一緒に成長できたと感じる部分がたくさんあります。クライマックスのたんかを切る場面は、最後の方に撮影したのですが、そういうことを見越してスケジュールを組んでくださったのだと思います。

-糸里は江戸時代の女性ということで、藤野さんと同じ年齢でも生き方は全く異なります。そういう部分でギャップを感じることはありましたか。

 共通する部分と全く違う部分がありました。共通する部分は、16歳の少女としての感情です。違うのは、天真らんまんな16歳と言っても、親のいない糸里は、生きるために自分でお金を稼がなければならないことです。悲しいことやつらいこともあると思いますが、糸里は舞妓という仕事柄、常に笑顔でいなければならない。悲しいことばかりに目を向けていると負のパワーに引きずられてしまいますが、そうならないところが糸里の強さ。舞妓という仕事自体が、そういう強い女性を作っているのだと感じました。

-糸里を演じてみて、ご自身の視野も広がりましたか。

 女性として新しい考え方を学ぶ機会になり、視野も広がりました。おかげで、次に撮影した「ひよっこ」(17)でも、また違った視点を持つことができました。そういう意味で、この作品は私にとって、学生から大人へと考え方が変わる第一歩になりました。

-今後の時代劇に対する意欲は?

 どんどん挑戦させていただきたいです。その他にも、コメディーのようなテンポのある作品にも出演させていただきたいと思っています。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)2018 銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「高嶺のハナさん」泉里香、ドラマ初主演で挑む二面性のある主人公を「大切に演じていきたいと思います」

ドラマ2021年4月8日

 モデルとして活躍し、女優としても次々と話題作に出演している泉里香がドラマ初主演を果たす、真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」が4月10日からBSテレ東ほかで放送される。本作は、ムラタコウジの同名コミックを連続ドラマ化したラブコメディー。会社では … 続きを読む

【映画コラム】恋愛を描いた対照的な2本の映画『アンモナイトの目覚め』と『パーム・スプリングス』

映画2021年4月8日

 今週は4月9日から公開される対照的な2本の映画を紹介する。  まずは、19世紀イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジスを舞台に、女性同士の恋愛を描いた『アンモナイトの目覚め』から。  古生物学者のメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット … 続きを読む

大河ドラマ「青天を衝け」田辺誠一 主演の吉沢亮を絶賛「役者としての引き出しがすごい」

ドラマ2021年4月8日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く本作で、栄一(吉沢亮)のいとこであり、学問や剣術の師でもある尾高惇忠を演じる田辺誠一が、コメントを発表した。 … 続きを読む

大河ドラマ「青天を衝け」小林薫「吉沢さんからは新世代の“気”を感じています」

ドラマ2021年4月7日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描く本作で、栄一(吉沢亮)の父・市郎右衛門を演じている小林薫が、コメントを発表した。  市郎右衛門は、骨身を惜し … 続きを読む

amazon

page top