【インタビュー】『ここは退屈迎えに来て』橋本愛「この映画に参加できたことは、ものすごい宝物になりました」成田凌「役作りでウイスキーをがぶ飲み。キツかった(笑)」

2018年10月18日 / 17:59

 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(17)、『彼女の人生は間違いじゃない』(17)など、数々のヒット作や話題作を送り出してきた名匠・廣木隆一監督の下、注目の若手キャストが一堂に会した『ここは退屈迎えに来て』が、10月19日から全国ロードショーされる。本作は山内マリコの同名小説を原作に、地方都市で暮らす若者たちの日常を、高校時代と交錯させながらみずみずしいタッチでつづった群像劇。夢を諦めて東京から地元に戻った「私」を演じる橋本愛と、「私」が高校時代に憧れた「椎名くん」を演じる成田凌が、撮影の舞台裏を語った。

-最初に台本を読んだときの印象は?

橋本 原作が発売されたときに読み、すごく好きな小説だったので、映画化に関われることがうれしかったです。突き抜けたカタルシスがあるわけではないけれど、ここから出たいという欲望がありつつも、出られずに壁に当たり続ける痛みのようなものは、私も身に覚えがあったので…。小説を読んでいるときに思い出したその痛みと、切ないけれどいとおしい気持ちが、映画ではさらに大きく自分にのしかかってきた感じでした。

成田 最初に台本を読んだときは、まだ役が決まっていませんでした。「椎名と(劇中で渡辺大知が演じた)新保のどっちがいい?」と聞かれたので、新保かな…と。椎名は唯一、感情移入できない人物だったので。でも却下され、改めて台本を読んでみたら、「椎名に共通する部分があるな」と。その後、黄色いTシャツを着ようとか、教習所の先生になった後は半袖のシャツにしようとか、衣装合わせのときに廣木監督と意見が一致したおかげで、僕の中で椎名が出来上がりました。

-役作りで気を付けた点は?

橋本 「私」の半生は原作に書かれていたので、それは大事にしようと思っていました。一番気を付けたのは、椎名くんを見る「目」。例えば、椎名くんが学校の廊下で他の女の子と会話しているのを見ると、ほんの少しだけ平然としていられなくなる反面、そこまで執着したくないという気持ちもある。椎名くんを見るときの反応については、そういう部分のバランスを意識しました。

成田 椎名は、表面的なものだけで塗り固められたみんなの虚像で、主観的な思いが何もない。だから、椎名を作り上げるためには、周りの「目」が必要でした。何かが起きたときに、周りが椎名の様子をちらっとうかがってしまう…。そんな人間になるため、できるだけ現場にいて、撮影の合間に生徒役の人たちと騒いで遊ぶようにしました。そうやって周りのテンションを上げていけば、僕自身もその気になって椎名でいられるだろうと。

-お二人の共演シーンで印象に残ったことは?

成田 自動車教習所の教官として働くようになってから再会する場面では、くたびれた雰囲気を出すためにどうしたらいいのか悩みました。ファンデーションを塗らないとか、髪をボサボサにするとか、いろいろ考えた末に思いついたのが、撮影前夜にかなりの量のウイスキーを飲むこと。心からしんどい気持ちでいようと思ってやったけど、飲んだことがなかったのでキツかった…。今後は別のやり方を考えます(笑)。

橋本 遠目から見ても「なんだろう?」と思えるぐらいくたびれていて、ありがたかったです(笑)。髪がボサボサとか、服がダサいとか、そういうレベルではなく、本当に生命力が失われている感じだったので…。おかげで私も心からがっかりすることができました。

-数多くの作品を手掛ける廣木監督の現場に参加した感想は?

橋本 廣木さんの映画では、女優さんがものすごく輝いて見えるんです。それがとても不思議で、「私も何か魔法を掛けてもらえるのかな…?」と少し期待して現場に行ったけど、何もなくて…(笑)。柳ゆり菜ちゃんや渡辺大知くんが、監督から「今のせりふは、どういう気持ちで言ったの?」みたいなことを言われているのを見たら、ちょっとうらやましくなりました。必要があれば言うんだろうな、とは思っていましたが。

成田 長回しのシーンで、ものすごい緊張感を保っていたのが印象的でした。演じていても、いつ誰が何を言うのか分からない緊張感があって…。遠くから引いた画を撮るときも、普通はやらないようなものすごい引きで撮るんですけど、緊張感があるから観客の目をきちんと引き付けられる。簡単なことじゃないのに、スゴイな…と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top