橋本愛、“27歳役”に苦労 「6年間のどうしても埋められない時間」

2018年10月18日 / 10:54

「私」役の橋本愛

 映画『ここは退屈迎えに来て』の公開直前イベントが17日、東京都内で行われ、出演者の橋本愛、成田凌、渡辺大知と廣木隆一監督、主題歌を担当したロックバンドのフジファブリックが登壇した。

 山内マリコ氏が2012年に発表したデビュー小説を映画化。2004年の高校時代から2013年までの時間軸の上で、みんなの憧れの的だった「椎名くん」を柱に、キャラクターを交差させながら描いた、痛く切ない群像劇。

 橋本が、27歳のフリーライター「私」を演じた当時は21歳。「6年間の未知の、どうしても埋められない時間を想像で補うのは、とても苦しい部分があった。その分高校時代を演じた開放感がすごく気持ちよかった。自分の知っている時間や感覚を演じられるのは、すごく楽しかった」と撮影を振り返った。幅広い年齢を演じたことについては、「ちゃんと若返られるか、老けられるかが心配だったけれど、それはキャスティングした方の責任ということで」とおちゃめに語り、笑わせた。

 一方、「椎名くん」を演じた成田は、「椎名くんは学校の中にある大きな渦の真ん中にいる人間。椎名くんはみんなの話の中で出来上がっていく存在なので、周りのみんなが作ってくれた感じです」と控えめに振り返った。

 これを聞いた同級生役の渡辺は、「こんなこと言ってますが、撮影が終わった打ち上げの時に『(劇中の)俺の十年後を見てほしい』と言っていました。自信満々だったんだと思います」と当時の成田の発言を暴露。黙り込んだ成田は、渡辺から「何で何も言わないの?」と聞かれると、「言葉が出なかった。証拠があるので、言い訳のしようがなかった」と恥ずかしそうに笑い、会場を沸かせていた。

 映画は10月19日から公開。

(左から)廣木隆一監督、渡辺大知、成田凌、橋本愛、フジファブリックの山内総一郎、金澤ダイスケ、加藤慎一


芸能ニュースNEWS

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

amazon

page top