【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る

2018年8月10日 / 15:48

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石、舞台は全世界に配信中のファッションの祭典。『オーシャンズ』史上、最も大胆かつゴージャスな犯罪計画は果たして成功するのか…。10日公開の『オーシャンズ8』で、チームリーダーのデビ―・オーシャンを演じたサンドラ・ブロックが、チームワークやリーダーについて語った。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,

 『オーシャンズ8』のメンバーはみな個性的。クールな判断力を武器にデビ―をサポートする頼れる右腕ルー(ケイト・ブランシェット)、一匹狼的な天才ハッカーのナインボール(リアーナ)、そして犯罪とは無縁なはずの気弱なファッションデザイナー ローズ(ヘレナ・ボナム=カーター)など、性格も特技もバラバラだ。デビーは、そんな彼女たちの得意技を生かしながら、リーダーとしてチームをまとめていく。

 まず、いいチームを作り出す秘訣(ひけつ)についてサンドラは「必要なことは、自分がこれまでに得た知識や情報を共有すること。これまでの人生で学んできたことや、体験してきたことを共有するのです。そうすることで、それがどんどん人の役に立っていくはず。まさにペイ・イット・フォワードです」と話した。

 また「お互いをサポートすることも大事。人は、いつか自分が輝くために頑張っていると思うし、やりたいこともそれぞれあると思います。でも、誰かをサポートする役になることも大事なのです。そのときはスポットライトが当たらないかもしれない。けれど、いつか必ず自分の番は回ってくるのです」とチームの仲間同士が、互いに補完し合うことの大切さを語った。

 さらにサンドラは「(この映画の)デビ―には、人の才能を見抜く力があるんです。そして個性の強いチームをまとめ上げることができる。だから私は自分が前面に出ないように心掛けました。みんなを後ろから静かに見守り、それぞれに輝いてほしかったのです」と、リーダー役としてのこだわりについても語った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top