【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る

2018年8月10日 / 15:48

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石、舞台は全世界に配信中のファッションの祭典。『オーシャンズ』史上、最も大胆かつゴージャスな犯罪計画は果たして成功するのか…。10日公開の『オーシャンズ8』で、チームリーダーのデビ―・オーシャンを演じたサンドラ・ブロックが、チームワークやリーダーについて語った。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,

 『オーシャンズ8』のメンバーはみな個性的。クールな判断力を武器にデビ―をサポートする頼れる右腕ルー(ケイト・ブランシェット)、一匹狼的な天才ハッカーのナインボール(リアーナ)、そして犯罪とは無縁なはずの気弱なファッションデザイナー ローズ(ヘレナ・ボナム=カーター)など、性格も特技もバラバラだ。デビーは、そんな彼女たちの得意技を生かしながら、リーダーとしてチームをまとめていく。

 まず、いいチームを作り出す秘訣(ひけつ)についてサンドラは「必要なことは、自分がこれまでに得た知識や情報を共有すること。これまでの人生で学んできたことや、体験してきたことを共有するのです。そうすることで、それがどんどん人の役に立っていくはず。まさにペイ・イット・フォワードです」と話した。

 また「お互いをサポートすることも大事。人は、いつか自分が輝くために頑張っていると思うし、やりたいこともそれぞれあると思います。でも、誰かをサポートする役になることも大事なのです。そのときはスポットライトが当たらないかもしれない。けれど、いつか必ず自分の番は回ってくるのです」とチームの仲間同士が、互いに補完し合うことの大切さを語った。

 さらにサンドラは「(この映画の)デビ―には、人の才能を見抜く力があるんです。そして個性の強いチームをまとめ上げることができる。だから私は自分が前面に出ないように心掛けました。みんなを後ろから静かに見守り、それぞれに輝いてほしかったのです」と、リーダー役としてのこだわりについても語った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

page top