【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る

2018年8月10日 / 15:48

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石、舞台は全世界に配信中のファッションの祭典。『オーシャンズ』史上、最も大胆かつゴージャスな犯罪計画は果たして成功するのか…。10日公開の『オーシャンズ8』で、チームリーダーのデビ―・オーシャンを演じたサンドラ・ブロックが、チームワークやリーダーについて語った。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,

 『オーシャンズ8』のメンバーはみな個性的。クールな判断力を武器にデビ―をサポートする頼れる右腕ルー(ケイト・ブランシェット)、一匹狼的な天才ハッカーのナインボール(リアーナ)、そして犯罪とは無縁なはずの気弱なファッションデザイナー ローズ(ヘレナ・ボナム=カーター)など、性格も特技もバラバラだ。デビーは、そんな彼女たちの得意技を生かしながら、リーダーとしてチームをまとめていく。

 まず、いいチームを作り出す秘訣(ひけつ)についてサンドラは「必要なことは、自分がこれまでに得た知識や情報を共有すること。これまでの人生で学んできたことや、体験してきたことを共有するのです。そうすることで、それがどんどん人の役に立っていくはず。まさにペイ・イット・フォワードです」と話した。

 また「お互いをサポートすることも大事。人は、いつか自分が輝くために頑張っていると思うし、やりたいこともそれぞれあると思います。でも、誰かをサポートする役になることも大事なのです。そのときはスポットライトが当たらないかもしれない。けれど、いつか必ず自分の番は回ってくるのです」とチームの仲間同士が、互いに補完し合うことの大切さを語った。

 さらにサンドラは「(この映画の)デビ―には、人の才能を見抜く力があるんです。そして個性の強いチームをまとめ上げることができる。だから私は自分が前面に出ないように心掛けました。みんなを後ろから静かに見守り、それぞれに輝いてほしかったのです」と、リーダー役としてのこだわりについても語った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

「これで当たったら、また紅白の司会ができるかも(笑)」笑福亭鶴瓶(岩倉具視)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月12日

 公武合体を推し進めた実力者でありながら、朝廷を追われた今は粗末な家に蟄居(ちっきょ)し、生活のために夜な夜な自宅で賭場を開く異端の公家・岩倉具視。だが、西郷吉之助(鈴木亮平)や大久保一蔵(瑛太)らに協力し、やがて明治維新の立役者となる。そ … 続きを読む

【映画コラム】男たちが間抜けに見えるところが肝心な『オーシャンズ8』

映画2018年8月11日

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズの活躍を描いたシリーズをリブートした『オーシャンズ8』が公開された。  今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック … 続きを読む

「新しい扉を開けたような気がしました」一番の悩みの種の“物まね”にもおくさず挑戦! 原田知世(萩尾和子)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月10日

 優雅でおっとりとした雰囲気を持ちながら、さばけた性格で人情味にあふれる律(佐藤健)の母親“和子さん”を演じている原田知世。かわいくふんわりとしたキャラクターは原田そのもののようだが、初めての経験でもあり、女優として「新しい扉を開けたような … 続きを読む

page top