【インタビュー】『オーシャンズ8』ゲイリー・ロス監督、脚本オリビア・ミルチ「メンバーが、11人ではなく、8人で済んだことがラッキーでした(笑)」

2018年8月9日 / 12:15

-監督は、脚本家として『ビッグ』(88)、『デーヴ』(93)、監督作として『シービスケット』(03)など、ハートウォームやアメリカンドリームを描くのが得意でした。最近は『ハンガー・ゲーム』や『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(16)など、ハードな内容のものに変化しているように見えますが。

ロス監督 それは変化ではなく、単に違ったことがしたかったということです。『ハンガー・ゲーム』は『シービスケット』とは違うし、『シービスケット』は『デーヴ』とは違います。また『デーヴ』は『オーシャンズ8』とは違います。同じような映画を作るのは好きではないし、それでは飽きてしまいます。私のキャリアの最初の頃はコメディーが多かったのですが、特にそれにこだわっていたわけではありません。常に新しいものを見つけて、チャレンジしたいと思っています。

-では最後に映画の見どころと、日本の観客に一言お願いします。

ロス監督 皆さんに、ドキドキしながら楽しんでいただける映画になっていると思います。今までの『オーシャンズ』とは違います。そこに行けるだけでもワクワクするような、世界中で一番有名なパーティーの現場で盗みを働く、というところが見どころです。

オリビア メンバーのチームワーク、豪華なメットガラ、華麗なファッション、ニューヨークの風景…。いろいろな面を楽しんでいただけると思います。

(取材・文/田中雄二)

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top