三浦友和、「1人が危機に陥れば、全員で助け、支え合う」 「インクレ」続編、家族のきずなアピール

2018年7月26日 / 10:37

三浦友和(左)と綾瀬はるか

 映画『インクレディブル・ファミリー』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、来日したブラッド・バード監督らが舞台あいさつに登壇した。

 ディズニー/ピクサーの長編アニメーション映画の第20作で、2004年『Mr.インクレディブル』に続くシリーズ第2弾。それぞれに特殊能力を持った一家が、世界の危機を救うために奮闘するアクション・アドベンチャーだ。

 14年ぶりに一家の主・ボブの声を担当した三浦は、「長い期間がたっているので、もう声は掛からないだろうと思っていた。世界的なヒット作の声をやらせていただき、大変光栄」と感激の面持ちで話した。

 家族のきずながテーマのひとつで、母親・ヘレン役の黒木が「ボブの理解があって初めて、ヘレンもヒーローとして活躍ができました。家族は一致団結してこそパワーを持つ。元気、笑顔、勇気を与えられる作品です」と話した。“夫”の三浦も「その通りです。1人が危機に陥れば、全員で助け、支え合う。どの家庭にもあることだと思う」と共感を示していた。

 アクションがふんだんにあり、長女ヴァイオレットの声を吹き替えた綾瀬は、アフレコについて「(スタジオの)ブースで、フンッ、ハーッと同じ動きをやっていました」と振り返った。

 前作に続きメガホンをとったバード監督も、「皆と再会できて、心からうれしい。皆の演技が素晴らしくて感謝している」と笑顔で話した。ほかに山崎智史、高田延彦、小島瑠璃子、サンシャイン池崎、プロデューサーのジョン・ウォーカーが登壇。最後は日本公開を記念し、全員で映画仕様のキャノン砲を放ち弾みをつけた。

 映画は、8月1日から全国ロードショー。

日本公開を記念し、キャノン砲を放った(左から)綾瀬はるか、三浦友和、ブラッド・バード監督、黒木瞳


芸能ニュースNEWS

NEWS増田「手越ふざけるなー」と爆発 千鳥・ノブ「いつまで二日酔いで来るんだ、大悟」

テレビ2020年7月10日

 NEWSの増田貴久、お笑いコンビ・千鳥のノブほかが9日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」に出演。ゲームの対決の中で、NEWSメンバーの減少を嘆く場面があった。  番組 … 続きを読む

「BG」木村拓哉、岡田義徳&平泉成と久々の共演 「本物の演技はこんなに人を引き込む」と絶賛の声

ドラマ2020年7月10日

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第4話が9日に放送された。  本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描 … 続きを読む

佐藤浩市「あまりにも知らないことが多過ぎた」 渡辺謙「災害時に大事なのは現場の声」

映画2020年7月10日

 映画『Fukushima50』カムバック上映舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の佐藤浩市と渡辺謙が出席した。  本作は、2011年の東日本大震災の際に起きた福島第1原発事故で、被害を食い止めるべく戦い続けた50人の作業員たちの姿 … 続きを読む

橋本良亮が朗読劇に挑戦 「ジャニーさん見ててね」

舞台・ミュージカル2020年7月9日

 音楽朗読劇「日本文学の旅」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C-Zの橋本良亮と新納慎也ほかが登壇した。  本作は、あらゆる日本文学作品がそろっている“架空の図書館”を舞台に、司書と読書家に扮(ふん)した2人の旅人が、時空を … 続きを読む

薬丸裕英、二宮和也やNEWS増田との交流を明かす 「最終的にジャニーズをけん引するのはTOKIO」

テレビ2020年7月9日

 タレントの薬丸裕英が8日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲストとして出演した。  番組では、かつてジャニーズ事務所に所属し、「シブがき隊」のメンバーとして活躍した薬丸が、嵐の二宮和也やNEWSの増田貴久、ジャニ … 続きを読む

page top