土屋太鳳、憧れの黒木瞳と初対面 「すてき過ぎて胸がいっぱい」

2017年8月12日 / 12:52

主人公フェリシーの吹き替えを担当した土屋太鳳

 映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた土屋太鳳と黒木瞳が登壇した。

 本作は、家族のいない独りぼっちの少女が、パリ・オペラ座のバレリーナを夢見て奮闘する物語。土屋は主人公フェリシー役、黒木はフェリシーにバレエを教える元バレリーナの掃除係オデット役を演じた。

 観客の大きな拍手で迎えられた土屋は「海外のアニメーションですが、夢を追う時に心が揺れ動く様子、挫折などもしっかり描かれているので、とても共感できる物語。日本でも間違いなくたくさんの方々に楽しんでいただけると思います」とアピールした。

 黒木とはこれが初共演。アフレコは別々に行ったため、今日が初対面といい「すてき過ぎて胸がいっぱいです」と感激の面持ち。「憧れの方だったので、ちょっと緊張していたのですが、それを伝えたら『楽しもうね。みんなも(映画を)楽しんだ後なんだから』と言ってくださり、とても心が明るくなりました」と黒木の心遣いにも感謝した。

 そんな土屋に対して黒木は「親近感がある。初めてお会いした感じが全くしない」と率直な思いを明かした。

 また映画の内容にちなみ、特訓の思い出を問われた黒木は「宝塚で初めて役がついた時、動きながらせりふを言うために、教室の隅っこで『ハァ~!』『ハァ~!』とだけ言いながら(動く)という練習を何時間もしました」と述懐した。

 教師と一対一の特訓だったそうで「2週間ぐらい毎日。今から考えたらすごくいい特訓。そのおかげで違和感なく動くことができるようになった」といい、これには土屋は「なるほど、勉強になります。今、ちょうどそのことで悩んでいたので」と感激した様子で目を潤ませた。

 土屋は、今かなえたい夢を尋ねられると「(本作で声優を務めた)夏木マリさんに完成披露でお会いして格好いいなと胸がいっぱいになった。黒木さんも本当にすてき。改めてお二人のように、女性としても、女優としても、すてきな大人になりたい」と目標を掲げ、黒木も「思いがあったらきっとかなうから頑張っていただきたい。私たちもますます頑張らなきゃ」と優しい笑顔で応じた。

土屋太鳳(左)と黒木瞳


芸能ニュースNEWS

杉江大志、新作舞台「メサイア」に主演 異例の“卒業後”オファーに「正直悩んだ」

舞台・ミュージカル2017年12月16日

 スペシャルトークイベント「メサイア -TALK MISSION'17-」が16日、東京都内で行われ、キャストの杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一、山本一慶、宮城紘大、小谷嘉一ほかが登壇した。 続きを読む

大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

映画2017年12月16日

 映画『花筺/HANAKAGAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。  本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月 … 続きを読む

土屋太鳳、佐藤健からの手紙に涙 「同じ時代に生きられて良かった」

映画2017年12月16日

 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、土屋太鳳ほかが登場した。  本作は、結婚式の直前に意識不明となった花嫁(土屋)を、新郎(佐藤)が8年間待ち続けた実話を基に描いた、奇跡のラブス … 続きを読む

30年後、上白石萌音は「新しい芸能ジャンルを確立」 千葉雄大は「完全に尻に敷かれた夫婦関係」

映画2017年12月16日

 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌音、千葉雄大、日野晃博監督が出席した。  本作は、人気テレビアニメ「妖怪ウォッチ」シリーズの劇場版第4弾。これまで描かれて … 続きを読む

大泉洋、松田龍平の発言に憤慨 「おまえ、事務所の人間か!?」

映画2017年12月15日

 映画『探偵はBARにいる3』の大ヒット舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松田龍平が登壇した。  シリーズ累計動員数が200万人を突破し、松田と共にくす玉を割って祝った大泉は「200万人ってちょっとピンとこない。200 … 続きを読む

page top