【インタビュー】『パンク侍、斬られて候』綾野剛「みんなそれぞれ違ったパンク精神を発揮」北川景子「強烈なロックやパンクのCDを聴いたときのようにスカッとした」

2018年6月29日 / 17:36

 町田康氏の小説を、鬼才・石井岳龍監督×脚本:宮藤官九郎の下、豪華キャスト集結で映画化した『パンク侍、斬られて候』が6月30日から全国公開される。超人的剣客・掛十之進を中心にした物語は、「ほぼ全編がネタバレ」と言われ、予測のつかない展開が次々と待ち受ける奇想天外なエンターテインメントだ。主人公・掛を演じた綾野剛とミステリアスな美女・ろんを演じた北川景子が、初共演の感想や撮影の舞台裏を語った。

綾野剛(左)と北川景子

-かなり奇想天外な映画ですが、それぞれどんな印象を持ちましたか。

綾野 見た人の今の生き方によって印象が大きく変わる映画です。どんな映画も、どんな精神状態で、自分がどんな生き方をしているかによって見え方が変わってきますが、近年では圧倒的に影響力のある作品になったことは間違いありません。劇薬です(笑)。

北川 説明するのは難しいですが…。「爆発!」ですかね…? 見終わったときに、爆発したような感じで、すごくすっきりしました。強烈なロックやパンクのCDを聴き終わったときのようにスカッとして、「解放された!」みたいな…。

-最初に台本を読んだときの感想は?

綾野 原作の持ち味を生かし、宮藤官九郎さんが持つ、いい意味での余白と面白みを積み重ねた秀逸な脚本で、素直に面白いと感じました。世界観もつかみやすく、何より読み物として面白い。だから、これを映像化したとき、脚本に負けないようなものを作らなければならないというプレッシャーを感じつつ、とても豊かな本だったので、楽しく読みました。

北川 架空の時代と場所が舞台ということで、どういう画になるのかなと考えながら読みましたが、物語そのものはつかみどころのない感じで…(笑)。ただ、一つ一つのシーンが笑えたので、とても面白かったです。「ジェットコースターに乗って楽しかった」というのに近いかもしれません。ちょっと乗り物酔いのような感覚も…(笑)。

-お二人はCM以外では初共演ということですが、感想は?

綾野 まず何よりも楽しかったです。相性がいいと言ってしまえば、それまでですが。その上で、ろんという役は一番まともに見えなければいけないし、一番パンクでなければいけない存在。現場で北川さんと初めてお芝居をしたとき、それをしっかり背負っていたことが、ものすごく印象的でした。立っているだけで説得力を出すのは、とても難しいんです。やはり、何度も主役として戦ってきた人は違うなと。

北川 仕切ってくれたので、すごく楽でした。普通だったら、座長は自分の演技のことだけ考えて、好きなようにやってくださいと思うのですが、助監督のように現場を回しているんです。「そろそろ本番いけるから、空調切ろうか」とか、エキストラの方にも「これが当たったら斬られて死んじゃうよ、その程度の恐怖感でいいの?」とか、声を掛けて…。それを聞いて私も「あ、そうだな」と思ったり…(笑)。付いていくだけでよかったので、こんなに楽な現場はありませんでした。

-綾野さんは、そういうことは意識して行ったのでしょうか。

綾野 現場では、監督には演出だけに集中してもらおうとして、演出部のスタッフが一生懸命に動くわけですが、意外と、僕たちの方が意識的には監督に近かったりするんです。だったら、一手、二手を加えることで監督の演出の妨げにもならず、僕たちの芝居も生きた状態になるのであれば…。そんな気持ちでやっていました。

-エキストラの方に対する指示もそこから?

綾野 長時間撮影していれば当然、エキストラの方たちは疲れてくるわけですが、それは僕らも同じ。だから、自分を鼓舞する意味もありました。「斬られちゃいますよ、大丈夫ですか」と言うことで、自分の疲れも払拭する。スピード感のあるシーンが多かったので、「ふわっ」としてしまうと、僕たちもいい波に乗っていけませんから。そんな時、誰かが波を作ればいいので、「じゃあ、僕が」と。

北川 見えている範囲がとても広く、いくつの部署のことをやっているの?と思うぐらい何でもやってくれるんです。それは、体力やキャパシティーもないとできないことだけど、綾野さんは動けるし、何でも自分でやらなきゃ気が済まないような人だから…。本当に、甘えたまま終わりました。今度、私が主演する作品があったら出てほしい…(笑)。

綾野 じゃあ、助監督として参加するよ(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top