【2.5次元インタビュー】阿久津仁愛、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝に「尊敬だけじゃなく勝つ気持ちで挑む」

2018年6月27日 / 16:00

 2018年で15年目に突入したミュージカル『テニスの王子様』。新キャストが加わり、生まれ変わった青学(せいがく)が、再び強敵・氷帝と対戦する「3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs氷帝」が7月12日より開幕する。「3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角」から主人公・越前リョーマ役を演じている阿久津仁愛(にちか)が、新青学への思い、そして氷帝との戦いに懸ける意気込みを語った。

越前リョーマ役の阿久津仁愛

-新たな青学メンバーの印象はいかがですか。(※取材は稽古前)

 みんな、わりと静かで、落ち着いているなって思います。9代目の青学はみんなにぎやかだったから余計にそう思うんだと思いますが、いい意味で違うなって思います。

-今の段階で手応えは感じていますか。

 ドリライ(5月に行われたミュージカル『テニスの王子様』15周年記念コンサート Dream Live 2018)の千秋楽で、新青学メンバーと1曲だけ披露したんですけど、そのときから、『何も言うことない!』って思っています。このメンバーならいけるって思えました。

-青学メンバーでは、阿久津さんだけが9代目から引き続き、出演されています。そういう意味では、“先輩”になるわけですが、稽古では阿久津さんが引っ張っていく立場ですか。

 そんなことはないかな。やっぱり、部長(の手塚国光役の青木瞭)に引っ張っていってもらいたい。もちろん、分からないことは聞いてくれればいいなって思っていますけど。

-青学メンバーとより親密になるために、どのようにコミュニケーションを取っていますか。

 稽古後にご飯に行っています! リョーマと桃城は(劇中で)関係性が深いので、(桃城武役の大久保)樹とは、どういう関係性になるかを、ご飯に行ってよく話しています。今までとはまた違った関係性になればいいなと思っているんです。

-リョーマを演じる上で、新しい青学になって変化はありましたか。

 僕はみんなのやり方やチームの個性を見て、合わせたいなって思っています。もちろん、しぐさとかは変わらないと思うし、変えられないものもありますが、心の中で思っていることは変えられると思うんです。

-では、阿久津さんが、初めてリョーマを演じてから1年半がたちますが、その間ご自身で成長したなと感じることは?

 全部、成長しました(笑)。やっぱり、座長としてカンパニーをまとめないといけないし、公演ではあいさつもあるから、自然と成長できているかなと思います。でも、それもみんなのおかげ。何があっても助けてくれる仲間がいるから、堂々とステージに立てるようになったんだと思います。

-そもそも、阿久津さんは本作のオーディションを受けたとき、ダンスや歌のお稽古はされていたんですか。

 全くしていなかったです。

-この作品でのお稽古で初めて習ったんですね。それは、最初から高いハードルでしたね。

 めっちゃ高かったです(笑)。今でも、よくこんなのやったなと思います(笑)。きつかったです。でも、僕、初めて出演したときから、「きつい状況を楽しんだら、絶対勝てる」って思って戦っているんです。きっと、戦っている相手もきついと思いますし。あとは、夜、おいしいものが食べたいから、絶対勝ってやるぞ! とか(笑)。

-「演じる」というよりは「試合に勝つ」という思いで、試合シーンをやっているんですね。

 はい。勝つって気持ちです。

-なるほど。阿久津さんはお稽古終わっても、作品について考えるタイプですか。

 あんまり考えないです。オンオフがはっきりしています。舞台は、自分一人で作っているものじゃないので、一人になったときに何か変えようと思っても、それは危険だと思うので。だから、公演が終わって少し時間がたつと、全く考えないようにしています。しかも、僕、普段はリョーマと違って生意気じゃないんで(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

7ORDER長妻怜央「ストレートに『好きです』と告白されたらうれしい」 川津明日香「常にキュンキュンしながら撮影しました」 ドラマ「Sugar Sugar Honey」【インタビュー】

ドラマ2024年2月14日

 長妻怜央(7ORDER)と川津明日香がダブル主演を務めるドラマ「Sugar Sugar Honey」が、TOKYO MX・テレビ大阪で放送中だ。鈴木有布子氏による同名漫画が原作の本作は、イケメン天才パティシエと、恋愛に“免疫ナシ”な元マラ … 続きを読む

Willfriends

page top