【インタビュー】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワード「恐竜と人間がじかに接触するシーンが多いので、今までとは違うタイプのアクションも楽しめると思います」

2018年7月3日 / 15:11

 テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が、恐竜たちによって破壊された事件から3年。オーウェンとクレアは、火山活動を始めた島から恐竜たちを救い出そうと行動を開始するが…。シリーズ5作目に当たる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日から公開される。オーウェン役のクリス・プラットと、クレア役のブライス・ダラス・ハワードが公開を前に来日し、映画のみどころや、オーウェンとクレアの関係の変化について語った。

ブライス・ダラス・ハワード(左)とクリス・プラット Photo:Kazuhiko Okuno

-今回は、前作よりもダークなストーリーが展開する中で、オーウェンとクレアの掛け合いは、まるで往年のスクリューボールコメディーを思わせるような楽しいものでした。演技をする中で、互いに気をつけたことはありますか。

ブライス 今回は、軽妙さや、笑いの要素を入れ込んでいくことが重要だと思いました。激しい部分は前作よりも誇張されていますが、各シーンで、どこかにユーモアを入れ込める可能性はないかと探りながら演じていました。そのユーモアとは、オーウェンとクレアの力関係のバランスの変化を強調するためのものでした。

クリス これは(J・A・)バヨナ監督のスタイルによるものですが、確かに前作に比べて、全体のトーンがダークになっています。ただ、撮影をしているときは、僕たちの演技が、どんな形で完成した映画に反映されるのかは、想像するしかありません。なので、僕たちはその時々の演技の中から出てくる真実味を頼りに、時にはちょっとした面白みも加えながら、誠実に演じることだけを心掛けました。
 もう一つは、前作からの3年の間に、この2人の間に何があったのかを、僕たちなりに考えて演じたので、そこには僕たちの個性も反映されていると思います。完成した映画を見ると、クレアが恐竜の背中に飛び乗ったり、オーウェンが恐竜にベロッとなめられたりという、楽しいシーンもありながら、ちゃんと怖いシーンもあって、バランスよく仕上がったと思います。

-前作にも増してアクションシーンが多かったように見えましたが、何かご苦労はありましたか。

ブライス 確かにアクションシーンは前作よりもパワーアップしています(笑)。当然、私たち俳優に求められる肉体的なスキルも高度なものになりました。例えば、難しくなったアクションの振り付けも覚えなければなりませんでしたし、ハードなトレーニングも必要でした。でも、俳優としては、それが最高に楽しく、やりがいのあることでもあるのです。

クリス このシリーズの基本的なトーンはサスペンスだと思います。サスペンスが下地にあって、その要所要所にアクションシーンを盛り込むという作りなのですが、今回はいきなり火山が噴火するという、とんでもないスペクタクルシーンから始まります。今までのシリーズのどの作品よりもアクションがメインになった作品なので、今ブライスが言ったように、肉体的に試されるシーンも多くて大変でした。ただ、あのシーンから始めたことで、とてもテンポのいい映画になったと思いますし、最後までアクションで引っ張っていくので、見ていて飽きない映画になったと思います。恐竜と人間がじかに接触するシーンが多いので、そうした今までとは違うタイプのアクションも楽しめると思います。

-本作が描いた最も大きなテーマは何でしょうか。

ブライス オリジナルのマイケル・クライトンの原作のテーマが、「人間は常に革新し続け、創造し続ける生き物であるが、テクノロジーの進歩は人間の“欲”によるものであって、それ故にトラブルを抱えることになる」というものでした。そうしたことに警鐘を鳴らすという意味があったのです。それから25年たって、今回が5本目の映画になるわけですが、そのテーマが、今ほど大きな意味を持つ時代はないというのが、興味深いところです。もちろんエンターテインメントとしても、アドベンチャーあり、サスペンスあり、ホラーもありと、とてもレベルが高いと思いますが、それと同時に、知的な部分で観客の感情に訴えかけるものもあると思います。

クリス ブライスが言ったように、今の人間に対して警告を発するというのが大きなテーマですが、前作よりもさらに掘り下げて描いているのは、動物(恐竜)の愛護や、生きる権利という点です。地球に生きる全ての者に同等の権利があるということです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

ハリウッドのお気楽映画が帰ってきた『ザ・ロストシティ』【映画コラム】

映画2022年6月22日

『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)  恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、新作のロマンチックな冒険小説の宣伝イベントに駆り出されるが、主人公のイメージで、小説の表紙を飾るセクシーなモデル、アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な … 続きを読む

【インタビュー】本田望結、18才“新成人”を迎え「大人」への思い「小さい頃から両親ではなく自分が責任を取りたいと思ってた」 映画『きさらぎ駅』で初の女子高生役

映画2022年6月21日

 恒松祐里が主演する映画『きさらぎ駅』が公開中だ。本作は、2004年に「はすみ」と名乗る女性が、この世に存在しない「きさらぎ駅」という異世界にたどり着いた経験をネットの匿名掲示板に投稿した後に消息不明となった都市伝説を基にしたホラーミステリ … 続きを読む

amazon

page top