【インタビュー】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワード「恐竜と人間がじかに接触するシーンが多いので、今までとは違うタイプのアクションも楽しめると思います」

2018年7月3日 / 15:11

 テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が、恐竜たちによって破壊された事件から3年。オーウェンとクレアは、火山活動を始めた島から恐竜たちを救い出そうと行動を開始するが…。シリーズ5作目に当たる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日から公開される。オーウェン役のクリス・プラットと、クレア役のブライス・ダラス・ハワードが公開を前に来日し、映画のみどころや、オーウェンとクレアの関係の変化について語った。

ブライス・ダラス・ハワード(左)とクリス・プラット Photo:Kazuhiko Okuno

-今回は、前作よりもダークなストーリーが展開する中で、オーウェンとクレアの掛け合いは、まるで往年のスクリューボールコメディーを思わせるような楽しいものでした。演技をする中で、互いに気をつけたことはありますか。

ブライス 今回は、軽妙さや、笑いの要素を入れ込んでいくことが重要だと思いました。激しい部分は前作よりも誇張されていますが、各シーンで、どこかにユーモアを入れ込める可能性はないかと探りながら演じていました。そのユーモアとは、オーウェンとクレアの力関係のバランスの変化を強調するためのものでした。

クリス これは(J・A・)バヨナ監督のスタイルによるものですが、確かに前作に比べて、全体のトーンがダークになっています。ただ、撮影をしているときは、僕たちの演技が、どんな形で完成した映画に反映されるのかは、想像するしかありません。なので、僕たちはその時々の演技の中から出てくる真実味を頼りに、時にはちょっとした面白みも加えながら、誠実に演じることだけを心掛けました。
 もう一つは、前作からの3年の間に、この2人の間に何があったのかを、僕たちなりに考えて演じたので、そこには僕たちの個性も反映されていると思います。完成した映画を見ると、クレアが恐竜の背中に飛び乗ったり、オーウェンが恐竜にベロッとなめられたりという、楽しいシーンもありながら、ちゃんと怖いシーンもあって、バランスよく仕上がったと思います。

-前作にも増してアクションシーンが多かったように見えましたが、何かご苦労はありましたか。

ブライス 確かにアクションシーンは前作よりもパワーアップしています(笑)。当然、私たち俳優に求められる肉体的なスキルも高度なものになりました。例えば、難しくなったアクションの振り付けも覚えなければなりませんでしたし、ハードなトレーニングも必要でした。でも、俳優としては、それが最高に楽しく、やりがいのあることでもあるのです。

クリス このシリーズの基本的なトーンはサスペンスだと思います。サスペンスが下地にあって、その要所要所にアクションシーンを盛り込むという作りなのですが、今回はいきなり火山が噴火するという、とんでもないスペクタクルシーンから始まります。今までのシリーズのどの作品よりもアクションがメインになった作品なので、今ブライスが言ったように、肉体的に試されるシーンも多くて大変でした。ただ、あのシーンから始めたことで、とてもテンポのいい映画になったと思いますし、最後までアクションで引っ張っていくので、見ていて飽きない映画になったと思います。恐竜と人間がじかに接触するシーンが多いので、そうした今までとは違うタイプのアクションも楽しめると思います。

-本作が描いた最も大きなテーマは何でしょうか。

ブライス オリジナルのマイケル・クライトンの原作のテーマが、「人間は常に革新し続け、創造し続ける生き物であるが、テクノロジーの進歩は人間の“欲”によるものであって、それ故にトラブルを抱えることになる」というものでした。そうしたことに警鐘を鳴らすという意味があったのです。それから25年たって、今回が5本目の映画になるわけですが、そのテーマが、今ほど大きな意味を持つ時代はないというのが、興味深いところです。もちろんエンターテインメントとしても、アドベンチャーあり、サスペンスあり、ホラーもありと、とてもレベルが高いと思いますが、それと同時に、知的な部分で観客の感情に訴えかけるものもあると思います。

クリス ブライスが言ったように、今の人間に対して警告を発するというのが大きなテーマですが、前作よりもさらに掘り下げて描いているのは、動物(恐竜)の愛護や、生きる権利という点です。地球に生きる全ての者に同等の権利があるということです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top