【2.5次元インタビュー】ブームを席巻中!「2.5次元ミュージカル」の魅力に迫る 業界をけん引するプロデューサー・松田誠

2018年7月3日 / 17:27

 漫画、アニメ、ゲームなどのいわゆる2次元作品を、3次元化した舞台作品「2.5次元ミュージカル」。現在、年間150万人以上の観客動員を記録し、さらなる発展が見込まれるカルチャーとして高い注目を集めている。しかしながら、それがどんなものなのかを知らない人も多いのではないだろうか。今回は、日本2.5次元ミュージカル協会の代表理事を務め、演劇プロデューサーでもある松田誠氏に、「2.5次元ミュージカル」の定義、そしてその魅力を聞いた。

ミュージカル『テニスの王子様』15周年記念コンサート Dream Live 2018 (C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

-2.5次元ミュージカル(以下、2.5次元)が生まれた背景を、日本2.5次元ミュージカル協会代表理事というお立場からご紹介ください。

 ここ数年で急激にタイトルが増えて一つの流れになっていますが、起源という意味では、宝塚歌劇団の『ベルサイユのばら』までさかのぼれると思っています。いわゆる2.5次元の台頭というと、ここ10年ぐらいだと思います。

-歌舞伎で『ワンピース』や『NARUTO-ナルト』を原作とした作品が上演され、大きな話題を呼びましたが、そういった作品とのすみ分けはどうお考えですか。

 まず、お客さまの年齢層が違います。演劇界において2.5次元のお客さまは、若い層が圧倒的に多いんです。そういう意味では、2.5次元のライバルは歌舞伎や欧米のミュージカルというよりは、ディズニーランドなんです。若い人の多くはディズニーランドに行きますよね。それと同じ感覚で、劇場に来てくれるためにはどうしたらいいか、ということを考えているので、既存の演劇ファンを取り込もうという感覚ではやっていません。新規のお客さんを開拓し、もっとたくさんの人に舞台に触れてもらいたいと考えています。

-そもそも、2.5次元の若いお客さんは、2.5次元の何に引かれているのでしょうか。

 どの2.5次元作品においてもお客さまの大半は原作ファンが多いと思います。なので、2次元の原作が持つ世界観が、3次元の舞台上で再現されていることにまず一番引かれているんだと思います。ただ、最近では、2.5次元の中でもスター的な俳優も出てきていますし、乃木坂46が『セーラームーン』を演じるというように、役者のファンから2.5次元の舞台に入るお客さまも増えていますね。

-ここからは、演劇プロデューサーとしてお話をお聞かせください。松田さんは、2.5次元を代表する作品として知られるミュージカル『テニスの王子様』(以下、「テニミュ」)をはじめ、数々の大ヒット作をプロデュースされ、2.5次元の先駆者として業界をけん引する存在となっています。「テニミュ」はどういった発想からスタートしたのですか。

 それ以前から、漫画やアニメは舞台との親和性があるということは感じていたのですが、(「テニミュ」初演)当時、『テニスの王子様』は原作の人気が高く、アニメ化もされていて、これを男の役者だけでできたら面白いなと思ったのが最初の発想でした。当時は単純に、自分がやる舞台化の題材を探していて、何か面白いものをと考えていたら漫画原作があったという感じです。

-なるほど。では、作品を作っていく上で、どのようなことを意識していらっしゃるんですか。

 正解は常に原作にあると思っているので、舞台にするために原作を無理やり歪めるのはよくないと思っています。でも、それはメンタル的なものなので伝わりにくいと思うんです。だから、僕がいつもまずこだわるのは役者を使ったチラシなどのビジュアルです。原作ファンが、「自分の大切な漫画を舞台・ミュージカルにするのはやめて」って思うのは当然の心理。だからこそ、僕らがビジュアルを出したときに、その世界観がきちんと再現されていると思ってもらいたいんです。そうすれば、少しは安心できるでしょうし、見てみようかなと思ってもらえる。もちろん、中身も、演出家と話し合いますし、舞台化するにあたって原作の何を捨てるか、大切にするのは何かなどじっくり判断しながら丁寧に作っていきます。

-松田さんがプロデュースをされているミュージカル『刀剣乱舞』は、1部をミュージカル、2部をライブという構成で話題になりました。最近では、ライブを行う公演が増えたり、役者がステージを降りて歌って踊ったりと、より楽しむことに特化したステージが多くなったと感じています。そもそも、松田さんがこういった「楽しむためのステージ」を作ろうと思われたのは、どんなお考えがあったのですか。

 あらゆるエンターテインメントの中において、演劇が勝っているものは生(LIVE)であるということだと思うので、生の特性はなるべく生かしたほうがいいと思っています。その生を実感するために、お客さまにも舞台に参加してもらう。でも、実際にはお客さまに舞台に上がってもらうことは難しいので、役者が舞台から降りていくんです。役者が横を通ったときに、風が起きる。この感覚は生だからこその体験です。例えば、役者と目が合うというだけでもテンションが上がりますよね。一種の魔法です。もちろん、それが全てだとは思いませんが、僕は使えるものはなんでも使った方がいいと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

page top