【インタビュー】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』クリス・プラット「映画づくりはチームワークそのものです」

2017年5月8日 / 08:00

 お尋ね者たちが成り行きで結成したチームが、銀河の危機を救う姿を描いたアクションアドベンチャーのシリーズ第2作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が5月12日から公開される。前作に引き続き、スター・ロードを自称するガーディアンズのいい加減なリーダー、ピーター・クイルを演じたクリス・プラットが来日し、映画について語った。

スター・ロードことピーター・クイル役のクリス・プラット

スター・ロードことピーター・クイル役のクリス・プラット

-今回の映画の始まりの時点で、スター・ロードはどんな状況にいますか。

 今回の物語は1作目で起こった出来事の数カ月後の設定です。そういう意味では、物語がそのままつながっています。スター・ロードことピーター・クイルは、1作目の終わりで得た役割に就いています。つまり、ヒーローグループのリーダーとして、ロケットやドラックスを初めとする癖のあるやつらを文句を言いながらまとめています。今回の彼は、前回と比べれば、少しだけリーダーシップを発揮して、ほんの少しだけど、責任感も持って行動しています。

-本作でスター・ロードとガーディアンズはどのような成長を遂げるのでしょうか。

 今回は1作目よりもキャラクターを掘り下げて描くことができました。ピーターの父親を捜す旅路の中で、メンバーそれぞれの関係にも焦点が当てられ、彼らが家族のようになっていく様子が描かれていきます。

-今回はクイルのバックストーリーが重要なテーマになっていますね。

 今回のテーマの一つは、人生を懸けて、何かを探し続けていたつもりでも、実はその答えは、以前から自分のすぐそばにあった、ということです。クイルは実の父親が誰なのか知りたくてたまらなかったし、物心がついたころからずっと、自分の父親は特別な存在で、クールな人物だったらいいなと夢見ていました。だから、父親と出会うことで、彼のこれまでの人生で、心にポッカリと空いていた大きな穴が満たされたのです。

-父親役のカート・ラッセルと一緒に仕事をしてみていかがでしたか。

 カートがクイルの父親役だと知った時、とにかく興奮しました。まるでポーカーをやっていて、すでにすごい手がそろっているところに、もう1枚エースが配られてきたような気分でしたね。まさに完璧な配役だし、これ以上望みようがないという感じでした。彼は俳優として傑出しているだけでなく、本当に素晴らしい人物なんです。

-本作は父と子の関係が大きなテーマになっています。ご自分の息子さんとの関係についてはどう考えていますか。

 僕が親として最も重要視していることは、そこに存在しているということです。常に子どもたちと一緒にいるということ。たとえ、物理的には一緒にいられなくても、彼らが父親の存在を感じられることが大切だと思います。また、子どもは親を見て育つから、どうしても親を手本にしてしまう。そのことを軽く受け止めずに、自分が親として子どもたちにどんな影響を与えられるのかを理解することも大切だと思います。

-アクションやSFへの出演が多いですが、このシリーズにはコメディー的な要素もあります。本格的なコメディーもやってみたいですか。

 テレビではやっていたけど、映画でもやってみたいですね。どんな役にもコミカルな要素はあると思うけど、全編がコメディーという役もいいですね。コメディーは見るのも大好きなので(笑)。

-このシリーズで描かれているチームワークやリーダーシップは、映画づくりとも通じると思いますが、いかがでしょうか。

 映画づくりはチームワークそのものです。長いエンドロールをずっと見ていると、こんなにたくさんの人が映画づくりに関わっているんだと驚くでしょ。特にこの映画のような大作は何千人もの人が関わっていて、一人一人の仕事がとても重要なんです。映画を作りながら僕らにもいろいろと思うところはありますよ。例えば、ちゃんと自分を表現することができているのか、自分が出たことが誇らしく思えるような作品になっているのか、時間がたっても残っていくような映画が作れているのか…。それから、皆が見たいと思えるような、稼げる映画になるのかということも。もちろん、そういう映画にしたいのは山々だけど、忘れてはいけないのがプロセスなんです。僕は映画を製作するプロセスは常にポジティブなものであるべきだと思います。お金がどうとかではなく、毎日その現場で楽しく仕事ができたのかが重要なのだと思います。そのために必要なのが素晴らしいリーダーなのではないでしょうか。

(取材・文・写真/田中雄二)

Guardians Of The Galaxy Vol. 2..Peter Quill/Star-Lord (Chris Pratt)..Ph: Film Frame..©Marvel Studios 2017

Guardians Of The Galaxy Vol. 2..Peter Quill/Star-Lord (Chris Pratt)..Ph: Film Frame..©Marvel Studios 2017

●公開情報
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
5月12日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top