【2.5次元インタビュー】『A3!』陳内将&本田礼生、大ヒットゲーム初の舞台化に「いい作品になる予感」

2018年5月25日 / 15:00

 2017年の配信開始後、500万ダウンロードを突破した、大人気アプリゲーム『A3!(エースリー)』がついに舞台化される。キャストが発表され、そのビジュアルが公開されると、ゲームファンのみならず、舞台ファンからも大きな反響を集めた。注目の本作で、夏組の皇天馬役を演じる陳内将と斑鳩三角役の本田礼生に、公演への思いを聞いた。

皇天馬(陳内将)(左)と斑鳩三角(本田礼生)

-大変人気のあるゲームが原作で、舞台化が待ち望まれていた作品です。出演が決まったときの率直なお気持ちは?

陳内 最初は『A3!』の出演のお話をざっくりと聞いただけだったので、自分がやるなら大人のキャラクターだと勝手に思っていたんです。そのつもりで、ゲームを進めていて…そうしたら、あれ? 天馬だって(笑)。最初は勝手に、大人な役だと思っていたんで、「天馬なんだ!」ってびっくりしました(笑)。

本田 (天馬役は陳内に)ぴったりですよ! 僕、(出演キャストに)陳内さんのお名前があったので、テンションが上がりました。ずっと、共演させていただきたいと思っていたのでうれしかったです。僕は、出演のお話しを頂くまで原作のゲームをプレーしたことはなかったんですが、今まで舞台を見たことのない方々も見にこられる作品になると思うので、ハードルは高いですが、舞台の良さを少しでも伝えられたらいいなと思います。

-お二人は初共演ですね。本田さんは共演を熱望されていたとのことですが、それは陳内さんの作品をご覧になってのことですか。

本田 拝見した陳内さんの出演作は少ないのですが、僕の友人が共演していて、お話をよく聞いていたので。ああ、共演したいな~って。

-陳内さんは本田さんのことは?

陳内 残念ながら、舞台はまだ見れていないんですけど、おうわさはかねがね。

本田 もう、とんでもない(笑)!

陳内 とてつもないアクロバット(の技術を持っている)だっていうので、教えてもらいたいです。

-キャラクタービジュアルも大変好評で、舞台への期待がさらに高まっています。撮影はいかがでしたか。

陳内 少しずつ陳内将が消えていって、天馬になっていくので、天馬になる様子を撮っておきたかったかなと(笑)。メークさんとかスタイリストさんのおかげで、どんどん寄せてもらいました。だから、天馬から陳内将に戻ったときのがっかり感がありました(笑)。

本田 僕は、ああよかった、なれたって思いました(笑)。毎回、2.5次元作品をやると思うんです、なれるのかなって。でも、そこはプロの方が支えてくださっているので。

-納得の仕上がりになったんですね!

本田 う~ん、自分が(納得)っていうよりも…すごいなと。

陳内 うん、すごい。

-原作のゲームはイケメン役者たちが舞台を重ねて成長していくという物語です。原作の設定には、共感できる部分も多々あるのかなと思いますが、どんなところに共感されますか。

陳内 天馬は、唯一、役者経験者なので、周りの新人の役者さんたちにガンガンものを言うんですが、その際、僕も、たまに出るな~って。よかれと思って言っているんですけど…怖いなって思われたくはないなと思ってます(笑)。今回、(同じ夏組キャストの)野口(準)くんとか年がだいぶ下の人もいるので、そこは天馬っぽくならないように。だけど、天馬の責任感は持ってみんながやりやすい、伸び伸び楽しい現場が作れたらいいなと思います。

本田 僕は…そうだな、アクロバットができる、体が動くってところは共感できる部分です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」を手掛けるヒットメーカー鈴木おさむ「目標は仕事を辞めること。引退もダサいけど(笑)」

ドラマ2020年1月20日

 5月に上演される同名舞台と連動したWOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の放送が1月24日からスタートする。人気放送作家・鈴木おさむが手掛ける本作は、実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着 … 続きを読む

「みんなが見たかったけど、今まで見ることができなかった明智光秀がいます」門脇麦(駒)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月19日

 ついに放送がスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」。主人公・明智光秀(長谷川博己)を中心に、1年にわたって群雄割拠の戦国絵巻が繰り広げられることとなる。その光秀の歩みを間近で見守っていくのが、医師・望月東庵(堺正章)の助手で戦災孤児の駒だ。 … 続きを読む

page top