【2.5次元インタビュー】『A3!』陳内将&本田礼生、大ヒットゲーム初の舞台化に「いい作品になる予感」

2018年5月25日 / 15:00

 2017年の配信開始後、500万ダウンロードを突破した、大人気アプリゲーム『A3!(エースリー)』がついに舞台化される。キャストが発表され、そのビジュアルが公開されると、ゲームファンのみならず、舞台ファンからも大きな反響を集めた。注目の本作で、夏組の皇天馬役を演じる陳内将と斑鳩三角役の本田礼生に、公演への思いを聞いた。

皇天馬(陳内将)(左)と斑鳩三角(本田礼生)

-大変人気のあるゲームが原作で、舞台化が待ち望まれていた作品です。出演が決まったときの率直なお気持ちは?

陳内 最初は『A3!』の出演のお話をざっくりと聞いただけだったので、自分がやるなら大人のキャラクターだと勝手に思っていたんです。そのつもりで、ゲームを進めていて…そうしたら、あれ? 天馬だって(笑)。最初は勝手に、大人な役だと思っていたんで、「天馬なんだ!」ってびっくりしました(笑)。

本田 (天馬役は陳内に)ぴったりですよ! 僕、(出演キャストに)陳内さんのお名前があったので、テンションが上がりました。ずっと、共演させていただきたいと思っていたのでうれしかったです。僕は、出演のお話しを頂くまで原作のゲームをプレーしたことはなかったんですが、今まで舞台を見たことのない方々も見にこられる作品になると思うので、ハードルは高いですが、舞台の良さを少しでも伝えられたらいいなと思います。

-お二人は初共演ですね。本田さんは共演を熱望されていたとのことですが、それは陳内さんの作品をご覧になってのことですか。

本田 拝見した陳内さんの出演作は少ないのですが、僕の友人が共演していて、お話をよく聞いていたので。ああ、共演したいな~って。

-陳内さんは本田さんのことは?

陳内 残念ながら、舞台はまだ見れていないんですけど、おうわさはかねがね。

本田 もう、とんでもない(笑)!

陳内 とてつもないアクロバット(の技術を持っている)だっていうので、教えてもらいたいです。

-キャラクタービジュアルも大変好評で、舞台への期待がさらに高まっています。撮影はいかがでしたか。

陳内 少しずつ陳内将が消えていって、天馬になっていくので、天馬になる様子を撮っておきたかったかなと(笑)。メークさんとかスタイリストさんのおかげで、どんどん寄せてもらいました。だから、天馬から陳内将に戻ったときのがっかり感がありました(笑)。

本田 僕は、ああよかった、なれたって思いました(笑)。毎回、2.5次元作品をやると思うんです、なれるのかなって。でも、そこはプロの方が支えてくださっているので。

-納得の仕上がりになったんですね!

本田 う~ん、自分が(納得)っていうよりも…すごいなと。

陳内 うん、すごい。

-原作のゲームはイケメン役者たちが舞台を重ねて成長していくという物語です。原作の設定には、共感できる部分も多々あるのかなと思いますが、どんなところに共感されますか。

陳内 天馬は、唯一、役者経験者なので、周りの新人の役者さんたちにガンガンものを言うんですが、その際、僕も、たまに出るな~って。よかれと思って言っているんですけど…怖いなって思われたくはないなと思ってます(笑)。今回、(同じ夏組キャストの)野口(準)くんとか年がだいぶ下の人もいるので、そこは天馬っぽくならないように。だけど、天馬の責任感は持ってみんながやりやすい、伸び伸び楽しい現場が作れたらいいなと思います。

本田 僕は…そうだな、アクロバットができる、体が動くってところは共感できる部分です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『ひらいて』山田杏奈「愛という主人公について、修行のようにずっと考えていました」芋生悠「愛自身の迷いと杏奈ちゃんの迷いがリンクしていた」綿矢りさ原作の映画で女子高生役を好演

映画2021年10月21日

 成績優秀で性格は活発、クラスでも人気者の高校生・木村愛は、寡黙な同級生・西村たとえ(作間龍斗)に片思い。だがある日、愛はたとえに秘密の恋人がいることを知る。その相手とは、糖尿病を抱えた目立たない女子生徒・新藤美雪だった。2人の関係に衝撃を … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十一回「栄一、最後の変身」栄一の豊かな人間味を表現した吉沢亮の巧みな演技

ドラマ2021年10月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。10月17日放送の第三十一回「栄一、最後の変身」では、日本初の銀行や富岡製糸場の設立にまつわるエピソードが描かれた。  その中で、主人公の渋沢栄一(吉沢亮)は、大阪で知り合った大内くに(仁村紗 … 続きを読む

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

amazon

page top