「僕と(鈴木)亮平の関係そのままの感覚でやってみました」谷田歩(木場伝内)【「西郷どん」インタビュー】

2018年5月13日 / 20:50

-鈴木さんとは舞台でも共演されたそうですが、印象は?

 ものすごく役に入り込みます。現場の雰囲気は主役で決まりますが、あんなに努力しているのに「頑張っている」という空気を感じさせず、明るく振る舞えるのも立派。本当にいい主役です。

-今回、鈴木さんと共演した感想は?

 思い切り声を張り上げて、まるで舞台のような言葉と体のぶつかり合いができたので、気持ちよかったです。役人に向かっていこうとする吉之助を、木場が体を張って止める場面なんか、亮平は体が大きい上に本気でやるので、こっちも必死で…。事前に2人で「こうしよう」みたいな話もしていたのですが、気が付いたらヘッドロックをしていました(笑)。でも、それも彼が引き出してくれたもので、いい芝居になりました。

-鈴木さんの熱いお芝居は、このドラマを引っ張っていますね。

 芝居をする上で常に「もっと何かないか?」と探しながらやっているようですが、聞いてみたら、それは渡辺謙さんから受け継いだ“謙さんイズム”だそうです。

-谷田さんはこれまで、「江~姫たちの戦国~」(11)、「真田丸」(16)といった大河ドラマにも出演されていますが、「西郷どん」の魅力はどんなところに感じていますか。

 今までは1、2話ぐらいしか出演していなかったので、ここまで主役に絡むことができる役は初めてなんです。撮影に入る前からワクワクしていましたが、相手が亮平だったおかげで想像以上に楽しくて。また、今回は幕末が舞台ということで、戦国よりも時代が現代に近いので、より今の自分に近い気持ちで取り組むことができるのも面白いです。

-撮影以外で、島の思い出はありますか。

 島の方は皆さん温かくて親切でした。よく覚えているのは、沖永良部島で撮影が終わった後、亮平と飲みに行った夜のこと。最初は僕たちの他に一組ぐらいしかお客さんがいなかったんです。ところが、皆さんが次々と「鈴木亮平がいる」と電話をかけたらしく、数時間後にはお店がいっぱいになってしまって…(笑)。でも、皆さんフレンドリーで、ものすごく盛り上がって楽しかったです。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「連続ドラマW 真犯人」上川隆也×小泉孝太郎×内田有紀 役者“日本代表”が骨太ドラマで真価を発揮する!

ドラマ2018年9月22日

 昭和49年に起こった未解決の誘拐殺人事件と、平成20年に起きた殺人事件。交差する二つの事件をめぐり、それぞれの時代で犯人逮捕に奔走した刑事たちの熱き魂を描いた「連続ドラマW 真犯人」(9月23日からWOWOWで放送※第1話無料放送)。本作 … 続きを読む

【インタビュー】『パパはわるものチャンピオン』棚橋弘至「この映画がG1優勝のモチベーションになりました」寺田心「試合の場面で棚橋さんが倒れたとき、心配で思わずリングに上がっちゃいました」

映画2018年9月21日

 人気プロレスラー、新日本プロレス所属の棚橋弘至が主演する、映画『パパはわるものチャンピオン』が9月21日から全国公開される。絵本『パパのしごとはわるものです』、『パパはわるものチャンピオン』(作:板橋雅弘、絵:吉田尚令)を原作に、悪役の覆 … 続きを読む

【インタビュー】『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』満島真之介 「劇的な人生でいたい!」エネルギーの源は子どもへの羨望

映画2018年9月21日

 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』(全国公開中)に出演している満島真之介。今年29歳になる満島だが、バラエティー番組やイベントなどで見せる素の表情や言動はなんとも無邪気で明るい。そこには子どもへの羨望(せんぼう)と、夢をかな … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】納谷健&杉江大志&高橋健介、「DIVE!!」The STAGE!!で「一歩成長した姿を見せる」

舞台・ミュージカル2018年9月20日

 水泳の飛び込み競技を題材にした、スポ根青春小説を基に、ラジオドラマ、映画、コミック、そしてアニメ化とさまざまなメディアミックス展開で注目された「DIVE!!」が、『「DIVE!!」The STAGE!!』として舞台化される。中高生たちが集 … 続きを読む

朝ドラのナレーターは“憧れの仕事”「女優冥利に尽きます」風吹ジュン(楡野廉子・語り)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年9月19日

 鈴愛(永野芽郁)のおばあちゃんとして登場するも、あっけなく天に召されて視聴者を驚かせたが、以降は“語り”として鈴愛たちの人生を見守り続ける廉子さんを演じた風吹ジュン。憧れだったというナレーターを務めた感想や、収録時のエピソード、また、ヒロ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top