「朝ドラに革命を起こしたんじゃないかな」ヒットの法則を完全無視しても有り余る自信と手応え 北川悦吏子(脚本)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年3月28日 / 08:30

-すでに第1週分を見られたそうですが、現時点での手応えは。

 朝ドラに革命を起こしたんじゃないかなというぐらい斬新です。まず、ヒロインが胎児から出ることはチャレンジングだし、「半分、青い。」というタイトルがこれまでと比べると明らかに異端で、自分では気に入っているんですが、ともするとフランス映画みたい(笑)。いったい、どういう意味?と言われてしまう可能性も、もちろんある。それに、朝ドラは「“本当にいた人の話”で“戦争を挟む”と当たる」と言われているようですが、それらを外して書いています。そういうチャレンジをしたからこそ、新しいものが生まれたと思います。冒険させてくれたNHKさんに本当に感謝しています。

-北川さんの新しい代表作になりそうですか。

 自分では代表作というのは特にないのですが、佐藤健くんが撮影に入る前に、「もう北川さんの代表作は『ロンバケ』って言わせません」と言ってくれたのはうれしくて、楽しい気分になりました。

-その佐藤さんは、鈴愛と同じ日に生まれた幼なじみ・萩尾律を演じていますが、かなり重要な役柄のようですね。

 これは鈴愛の話でもあるけど律の話でもあって、彼がどうやって生きるかが裏テーマです。だから、映画『バクマン。』(15)を見たときに、どうしても出てほしいと思った健くんに出てもらえたことはとても大きいです。ただ優しいだけでなく、強さや意思もある律は、受けと攻めの姿勢が内在している健くんにしかできないです。彼が演じる律というキャラクターは自分が描いてきたラブストーリーの集大成になるんじゃないかな。

-鈴愛役の永野芽郁さんはいかがですか。

 早口で、表情や考えがコロコロ変わる鈴愛は芽郁ちゃんにぴったりです。オーディション時から、彼女なら左耳が聞こえなくても、たくましく生きていくだろうと感じました。あと、「スズメの口は羽より軽い」というせりふがありますが、ヒロイン発表会見の前日、芽郁ちゃんが自分がヒロインに決まったことを誰かに話さないようにホテルに泊まらされたみたいで、そこも鈴愛らしいと思いました。

-社会的ブームを巻き起こしたドラマ「愛していると言ってくれ」でタッグを組んだ豊川悦司さんの出演も話題になっていますね。

 鈴愛が弟子入りする売れっ子の少女漫画家・秋風羽織を誰がやったら面白いかと考えたときに、最初に名前が挙がったのが豊川さんで、昔の縁もあるし、間違ってやってくれないかなと思いました(笑)。圧倒的な存在感があるので、引き受けてもらって本当に良かったです。

-豊川さんと久しぶりに会った感想は?

 いい感じに大人になっていらっしゃいました(笑)。お互い頑張っていたから、また一緒に仕事ができるのだからうれしいです。「愛していると言ってくれ」の時は、ああでもない、こうでもない、と死闘を繰り広げた仲でしたけど、そんなことを思い出しながらも楽しんでやっています。また、死闘になってもドンと来い、と思っています(笑)。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top