永野芽郁、胎児のナレーションを担当 「これからは赤ん坊のナレーションもできる」

2018年3月9日 / 18:14

(左から)北川悦吏子氏、滝藤賢一、矢崎由紗、永野芽郁、松雪泰子

 4月2日から放送される連続テレビ小説「半分、青い。」の第1週完成試写会が9日、東京都内で行われ、出演者の永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一、矢崎由紗、脚本の北川悦吏子氏が出席した。

 本作は、故郷の岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン楡野鈴愛(永野)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語。

 ヒロインが胎児の頃から出演するという前代未聞の演出について、北川氏は「(胎児のシーンは)ずっと勝田(夏子)プロデューサーに反対されていて、本当は1週間やるつもりだったけど、『お願いだから3日にして』と言われました」と残念がるが、「今までにないことをやることは怖かっただろうなと思います。本当によく具現化してくれて感無量です」と制作陣に感謝した。

 そして「これを力に続きを書きます。絶対に面白いので見てください」とアピール。鈴愛の父・宇太郎役の滝藤も「大満足です!」と第1週の出来を手放しで喜び、視聴者の期待をあおった。

 胎児のナレーションも務めた永野は「胎児の声を入れるというのは人生で初めての経験だったので結構時間がかかりました。監督からは『赤ん坊っぽく』というオーダーを受けましたが分からなくて結構悩みました」と明かした。

 だが、仕上がりが好評だったことから「あれで良かったんだ」と安堵の表情を見せた。さらに「これから赤ん坊のナレーションはできるんじゃないかな」と自信をのぞかせて報道陣の笑いをさらった。

 また、鈴愛の口癖の「やっちまった」「ふぎょぎょ」に関して、「わたしははやらせたいとは思っていないけど、周りの方たちがはやらせていこうという気持ちみたい。いろんなところで言ってもらってはやれば、『半分、青い。』の魅力も知ってもらえるのかな」と期待を口にした。


芸能ニュースNEWS

中島健人、先輩たちの物まねを披露 本人に許可なし「すぐに連絡メールをします」

映画2018年12月10日

 映画『ニセコイ』の公開直前イベントが10日、東京都内で行われ、出演者の中島健人、中条あやみと、物まねタレントたちが登場した。  本作は、やくざとギャングの抗争を止めるために、強制的に“偽物の恋人=ニセコイ”を演じることになった互いの組織の … 続きを読む

前澤友作、剛力彩芽に受賞の喜びを報告 「来年はもっと地味に活動したい…」

トレンド2018年12月10日

 LINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2018」が10日、東京都内で行われ、受賞者の前澤友作氏、齋藤飛鳥(乃木坂46)、DA PUMP、野生爆弾のくっきーほかが登場した。 続きを読む

土屋太鳳らが、高校バスケ部を激励訪問 フリースロー対決では完敗

映画2018年12月10日

 映画『春待つ僕ら』のバスケ部激励イベントが10日、東京都内の八雲学園中学校高等学校で行われ、出演者の土屋太鳳、北村匠海、小関裕太が登場。ウィンターカップ(全国大会)出場を決めた同校の女子バスケ部の選手たちを激励した。  本作は、一人の女の … 続きを読む

ふぉ~ゆ~松崎祐介「光一くんみたいに続編をやりたい」 林翔太「『滝沢歌舞伎』で勉強したことを出したい」

舞台・ミュージカル2018年12月10日

 舞台「デルフィニア戦記~動乱の序章~」の囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者の松崎祐介(ふぉ~ゆ~)、佃井皆美、林翔太(ジャニーズJr.)、秋本奈緒美が登場した。  本作は、人気ファンタジー小説を舞台化したシリーズ第2弾。デルフィニア … 続きを読む

草なぎ剛「新しい地図」の2年目を振り返る 「3人とも、好きなことができていることに感謝」

舞台・ミュージカル2018年12月8日

 音楽劇「道」フォトコール&囲み取材会が8日、東京都内の日生劇場で行われ、出演者の草なぎ剛ほかが出席した。  本作は、名作映画『道』を舞台化したもの。純真無垢(むく)なジェルソミーナ(蒔田彩珠)が、貧困にあえぐ家族のために、粗暴な大道芸人ザ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top