「篤姫役の北川景子さんがとてもかれんなので、張り切って演じています(笑)」南野陽子(幾島)【「西郷どん」インタビュー】

2018年3月25日 / 20:50

 次期将軍の座を巡り、井伊直弼(佐野史郎)を中心とする南紀派と島津斉彬(渡辺謙)ら一橋派の対立が続く中、篤姫(北川景子)の将軍家輿入れをもくろむ斉彬が招いた教育係が幾島だ。薩摩の姫に過ぎなかった篤姫に対して厳しくも愛情豊かに接し、将軍の妻にふさわしい女性に育て上げた。演じるのは、「武田信玄」(88)以来、久しぶりの大河ドラマ出演となる南野陽子。個性的な幾島の役作りに関する裏話や、篤姫に対する思いなどを語ってくれた。

幾島役の南野陽子

-久しぶりとなる大河ドラマ出演の感想は?

 「武田信玄」もだいぶ前のことですし、今まで大河のことは全く頭にありませんでした。ただ、撮影に入る3日ほど前に、舞台公演で鹿児島にいて、幾島の招魂墓にお参りすることができたので、「これで大丈夫」という気持ちになりました。撮影初日に、髪を結ってもらっているとき、ちょうどテレビで「サラメシ」をやっていたんです。(「武田信玄」に主演した)中井貴一さんがナレーションで「午後も頑張ってください!」と言っているのを聞いたら、「私に言ってくれているんだ、殿!」という気になって(笑)。おかげで「よし、行ける!」と、気持ちを上げて入っていくことができました。

-久しぶりの大河の現場はいかがですか。

 やっぱりセットは豪華だし、スタッフの皆さんの熱い思いや掛ける時間もすごいなあと。リハーサルのときには昔の自分を思い出して、北川さんがとてもいとおしくなりました。あと、私は兵庫県出身ですが、最初に顔合わせをしたとき、同じ兵庫県出身の鈴木(亮平/西郷吉之助役)さんと北川さんが「兵庫県がそろいましたね」と言ってくださったのが、すごくうれしくて。渡辺謙さんも温かく見守ってくださいますし…。おかげでとても気持ち良く過ごせています。お返しに、私も鹿児島のお茶を用意して皆さんに飲んでいただいたり…。そんなところから幾島の役作りをしていったところもあります。

-幾島をどのような女性と考えて演じていますか。

 学校でも生徒たちが親しい先生に対してうわさをしたり、物まねをしたり、ちょっとからかうようなところがありますよね。幾島もそういった人にしたいと、張り切って挑みました。「あの人うるさいけど、本当はこんな人だよね」といった雰囲気を西郷や篤姫に感じてもらえたらと思って、癖を出したつもりです(笑)。

-演じる上で工夫した部分はありますか。

 張り切り過ぎて、お芝居がちょっと上ずった感じになったところがあったので、幾島はこういう人だと軌道修正して、やや滑稽な感じにしました。お由羅さん(小柳ルミ子)に負けないぐらいのインパクトを残したいです(笑)。斉彬と篤姫と西郷の前に現れる初登場の場面は、空気を変えることを意識して、穏やかな雰囲気の中に「何か来た!」という違和感を出すように心掛けました。

-由羅に負けないようにとのことですが、特に頑張ったところは?

 何が何でも篤姫様を将軍家に御輿入れさせようと、吉之助と磯田屋まで出かけたりしていろいろと手を回すくだり(第12回)は張り切りました。年齢を重ねた女性ならではのずうずうしさや明るさみたいなものを入れていこうと(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top