又吉直樹「むっちゃいいにおい…」 舞台「火花」で観月ありさと抱擁

2018年3月30日 / 17:43

舞台上で抱き合う又吉直樹(左)と観月ありさ

 舞台「火花~Ghost of the Novelist~」の公開舞台稽古が30日、東京都内で行われ、出演者の観月ありさ、又吉直樹(ピース)、植田圭輔、石田明(NON STYLE)らが登壇した。

 「第153回芥川賞」を受賞した又吉の初純文学作品『火花』が、2016年のドラマ化、17年の映画化に続き、舞台化が実現。注目の若手俳優・植田が原作の主人公でもある、お笑いコンビ・スパークスの徳永を、石田が徳永に慕われる先輩芸人の神谷を演じる。

 また、本作は、又吉が「本人役」で登場するほか、観月も「女優・観月ありさ」として出演することが話題になっている。

 冒頭、ステージに立ち、語り始めた『火花』の原作者又吉。そこに観月が現れ、又吉を抱き締める。戸惑いながらも「むっちゃいいにおい」とうっとりする又吉。

 「女優さんって、好きでもない男をそんなふうに見詰められるもんなんですかね?」といぶかる又吉に、観月は「結婚してください」と訴える。又吉は「観月さん、結婚されてますよね?」と冷静に突っ込み、会場の笑いを誘う。

 やがて「又吉を愛している」という観月は「その愛と引き換えに『火花』を私に下さい」と言い出す。そして又吉から小説をもらおうと説得する中で「私の全てをあなたにあげる」「何でもしてあげる」と言い放つ。考え込んでしまった又吉は、「やらしいことでもいいのよ!」というおちゃめな観月の誘惑に「やらしいことは駄目です!」と必死に抗う。

 コミカルなやり取りで観客の関心を引き寄せつつ、物語は一気に加速。徳永と神谷が織りなす原作物語に、いつの間にか観月と又吉も入り込んでいく。

 舞台は30日~4月15日、都内・紀伊國屋ホールで上演。


芸能ニュースNEWS

土屋太鳳“胸キュンワード”を全力で披露 『春待つ僕ら』の公開は「卒業式に参加する気分…」

映画2018年12月15日

 映画『春待つ僕ら』公開“Anniversary”舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、 磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友ほかが出席した。  本作は、クラスになじめない独りぼっちの女子高生・春野美月(土屋) … 続きを読む

小栗旬、今年、高所恐怖症を克服? 「突然、絶叫系に乗れるようになった」

映画2018年12月15日

 『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』の公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務めた小栗旬とブルゾンちえみが登壇した。  本作は、人気アニメ「妖怪ウォッチ」の劇場版シリーズ第5弾。閻魔(えんま)大王の … 続きを読む

大河主演・中村勘九郎、第1話は“せりふなし” 演じる金栗四三は「真っすぐで純粋な人」

ドラマ2018年12月14日

 2019年大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第1回完成試写会が14日、東京都内で行われ、主演の中村勘九郎と阿部サダヲが出席した。  本作は、日本が初参加し、大惨敗を喫した1912年のストックホルムオリンピックから6 … 続きを読む

大泉洋「カンバーバッチさんの芝居じゃ泣けなかった」 「『グリンチ2』を作ってほしい」

映画2018年12月14日

 映画『グリンチ』の初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、吹き替え声優を担当した大泉洋、杏、横溝菜帆、宮野真守が出席した。  本作は、『ミニオンズ』を生み出したイルミネーションの新作アニメーション。家族も友達もいない超ひねくれ者のグリ … 続きを読む

松岡修造「紀平選手が世界一になってうれしい」 広瀬アリス「クリスマスはジムに行きます…」

トレンド2018年12月14日

 明治安田生命「みんなの健活プロジェクト」キックオフイベントが14日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した松岡修造と広瀬アリスが登場した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top