「赤山の最期の場面は、鈴木亮平くんに『これから1年間頑張って』という気持ちを込めました」沢村一樹(赤山靭負)【「西郷どん」インタビュー】

2018年1月28日 / 20:50

-島津斉彬役の渡辺謙さんと一緒の場面も多かったですが、共演した感想は?

 やっぱりすごいと思いました。僕だったら「時代劇でこういう動きをしてはいけない」、「当時の侍はこういうことはやらなかった」と思ってしまうようなときでも、謙さんは何か思い付くと、誰も考えないような小道具を「持ってきて」と頼んだりするんです。その小道具の使い方もまた見事で…。驚きました。1年間、大河の主役を張った経験と、世界に向けて日本の侍の生きざまを発信している中から生まれた自信のようなものが、背中にドンとあるのが見えた気がしました。

-“お由羅騒動”で命を落とした赤山にとって、西郷や大久保はどんな存在だったのでしょうか。

 一筋の光みたいな存在だと思います。赤山は無念の思いを抱えたままこの世を去ることになりましたが、西郷や大久保がいたおかげで、未練なく思いを託すことができたのではないでしょうか。

-赤山の最期の場面は、どのようなお気持ちで臨まれましたか。

 夏の暑い日で、汗がダラダラ流れるような状況でしたが、その汗がとても心地よく、逆に集中できました。暑くて良かったと思うぐらいで。撮影中は、赤山の死を知った西郷や教え子たちが「何かしなければ」という気になるように、と考えながら演じていました。そこには、沢村一樹として、鈴木亮平くんに対して「これから1年間頑張って」という気持ちも込めました。

-ここまで赤山を演じてきた感想は?

 この役が決まったとき、本当に良かったと思いました。それは、先ほども言った通り、鈴木くんに鹿児島というものを教えられるし、逆に向こうも教えてほしいだろうから、お互いにいい関係を築くことができると考えたからです。だから、スタート時点で鹿児島出身の僕がこの役をやるのは、きっと意味があるに違いないと。自動車が燃料を最も消費するのは、エンジンをかける時。そういう意味では、鹿児島からスタートするこの物語のエンジンの一端を担えて、本当に良かったです。

-西郷役の鈴木さんと大久保役の瑛太さんに何か言葉を贈るとしたら?

 「楽しみにしています」ですね。これから大変な思いもするでしょうけど、1年間やり通した後、明治という時代と薩摩という場所に触れたことで自分の中で何か変化があったのか。それを1年後に聞くのが楽しみです。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「陽だまりの樹」早乙女友貴 手塚治虫原作の「今の世の中の状況とリンクする物語」で挑む武士役

舞台・ミュージカル2021年3月2日

 手塚治虫の名作『陽だまりの樹』が舞台化され、3月5日から上演される。本作は、幕末を舞台に、ちゃらんぽらんな性格だが、医師としての情熱と優れた技術を持つ手塚良庵と、剣の才能に恵まれ、正義感が強い下級武士・伊武谷万二郎が、時に恋敵となり、時に … 続きを読む

【インタビュー】映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』秋山竜次&品川ヒロシ監督「笑いにくい時代だからこそ、笑わせたい」

映画2021年3月1日

 コロナ禍で人々の心が曇ってしまう今だからこそ、エンタメの力で人々の心を元気にしたい。そんな思いから、吉本興業が企画・製作した映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』が公開中だ。この企画には、岡村隆史、又吉直樹、近藤春菜、粗品、水川あ … 続きを読む

「泥くさく生き抜く渋沢栄一の強さを見てほしい」吉沢亮(渋沢栄一)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年2月27日

 2月14日の放送スタート以来、好調な滑り出しを見せるNHKの大河ドラマ「青天を衝け」。幕末から昭和にかけ、最後の将軍・徳川慶喜に仕えた後、実業家として500を超える企業に携わった“日本資本主義の父”渋沢栄一の激動の生涯を描く物語だ。主演を … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「お茶にごす。」 鈴木伸之&瀬戸利樹がヤンキーの茶道部員に 「2カ月間、お茶の稽古に励みました」

ドラマ2021年2月27日

 劇団EXILEの鈴木伸之が主演するドラマ「お茶にごす。」が、3月5日からAmazon Prime Videoで配信される。原作は『今日から俺は!!』などで知られる西森博之の同名コミック。中学最強の不良と恐れられ、“悪魔(デビル)まークン” … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ぼくの名前はズッキーニ」川島海荷 デビュー15年を迎え「お芝居がより好きになった」

舞台・ミュージカル2021年2月26日

 2002年にフランスで発刊され、世界中でベストセラーとなった小説『ぼくの名前はズッキーニ』。孤独な少年ズッキーニが、厳しい現実の中でも、前向きに生きようとする姿を描いたこの小説は、アニメーション映画化され、アカデミー賞長編アニメーション部 … 続きを読む

amazon

page top