「赤山の最期の場面は、鈴木亮平くんに『これから1年間頑張って』という気持ちを込めました」沢村一樹(赤山靭負)【「西郷どん」インタビュー】

2018年1月28日 / 20:50

 かねて折り合いが悪かった島津斉興(鹿賀丈史)と嫡男・斉彬(渡辺謙)親子の対立が、薩摩藩主の座を巡るお家騒動に発展。ついに斉興が家中の斉彬派を粛清する“お由羅騒動”が勃発した。この事件に巻き込まれたのが、吉之助(鈴木亮平)が師と仰ぐ赤山靭負(ゆきえ)。斉彬派の一員として切腹を命じられ、無念の死を遂げることとなった。演じたのは、物語の舞台でもある鹿児島出身の沢村一樹。撮影の舞台裏から鈴木とのエピソード、赤山の最期に込めた思いなどを語ってくれた。

赤山靭負役の沢村一樹

-赤山靭負をどのような人物と考えて演じましたか。

 赤山靭負という人物については知識が全くなかったのですが、とてもいい役を頂きました。今回は、ほんの一箸かもしれませんが、西郷隆盛という人を作る礎となる人物でありたいと思いながら演じました。当時の鹿児島は、“男とはこうあるべき”というものがはっきりした非常に厳しい藩。赤山はその中でも新しい考えを持った柔軟な人物で、教育を通じて世の中にはいろいろな人がいることを教えた。それが、少なからず後の西郷に影響を与えたのではないでしょうか。

-地元の鹿児島ロケから撮影が始まったそうですが、感想はいかがでしたか。

 実は「『西郷どん』に出たい」とずっと言っていたんです。それがかなった上に、そこに住んでいるという設定で、学校の修学旅行や社会科見学でしか行ったことのない武家屋敷の中でお芝居ができたので、楽しかったです。

-鹿児島ロケでの鈴木亮平さんの様子は?

 いつもの大河より1カ月半ほど早く、真夏の鹿児島でクランクインしたのですが、鈴木くんが夏の暑さに負けないぐらい熱い芝居を見せてくれました。愚痴もこぼさずにやっているその姿を見たら、この1年は大丈夫だなという気持ちになりました。

-撮影が始まる前には鈴木さんに鹿児島を案内したそうですね。

 西郷さんが西南戦争でたどったルートを車で回り、最後に鹿児島に行くという話だったので、僕も日程を合わせて地元の友達と一緒に食事をしました。彼は大学で外国語を学んでいたので、耳がすごくいい。だから、僕らが話している生の鹿児島弁を聞けば、糧になるだろうと思って。翌日は朝から史跡巡りをしたそうですが、僕の友人のつてでいろいろな方を紹介してもらったらしく、いい時間を過ごせたのではないでしょうか。

-鈴木さんの鹿児島弁はいかがでしょうか。

 ポイントをつかむのがすごく上手です。鹿児島で一緒に食事をした時から、友人たちの言葉に注意深く耳を傾けていました。“かわいい女の子”という意味の“おかしもぜ”という言葉があるのですが、それをマスターしようと、何回も繰り返していました。きっと、その言葉に何かをつかんだのでしょう。でも本当に努力家で、先日、1カ月以上ぶりに会って感情を込めた長いシーンのリハーサルをやったときには、もう完璧でした。

-西郷を始め、鹿児島は幕末に活躍した人物を数多く輩出しましたが、倒幕の機運が高まるような気風がもともとあったのでしょうか。

 当時の鹿児島は、中央から遠かったことがメリットになりました。劇中にも出てきますが、目を付けられにくいので、密貿易でお金を稼ぐなどいろいろなことができた。加えて、南方との貿易の窓口でもあったそうです。だから、新しいものが次々と海外から入ってきて、さまざまなノウハウを持っていた。そこには、思想なども含まれていたに違いありません。また当時、各藩の武士の数は人口の5パーセントでしたが、鹿児島には30パーセントもいたそうです。多くは農業をやりながらの貧乏侍ですが。そういうところから、いつか天下に対して行動を起こそうという気性が長い時間をかけて養われ、あの時代に活躍する人たちが生まれたのではないでしょうか。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】犬たちの成長物語を描いた「銀牙-流れ星 銀-」が舞台化 “犬”を演じる佐奈宏紀&郷本直也が語る「誰も見たことがない完成図」

舞台・ミュージカル2019年2月22日

 高橋よしひろの名作漫画「銀牙 -流れ星 銀-」が舞台化される。原作は、最強の熊犬の息子として生まれた秋田犬の銀が、人間ですら歯がたたない凶暴な人食い熊の赤カブトを倒すために、日本全国から仲間を集め、戦いを挑む動物漫画。舞台化の一報が流れる … 続きを読む

【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

映画2019年2月22日

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードシ … 続きを読む

【インタビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』ロバート・ロドリゲス監督「この映画は、アメリカ人にインスピレーションを与え続けてくれた日本の漫画やアニメに対するラブレターです」

映画2019年2月21日

 数百年後の未来。スクラップの山の中から脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータ(ローサ・サラザール)は、サイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって新たな体を与えられ、目を覚ますが…。木城ゆきとの漫画「銃夢」を原作 … 続きを読む

【インタビュー】『翔んで埼玉』益若つばさ、女優業に前向き!コメディーでも戦争映画を参考に真剣役作り

映画2019年2月20日

 東京から虐げられ、不法入都した者は処罰される過酷な運命にある埼玉県民が、自由と解放を求めて革命を起こす姿を、超豪華キャストで描いたコメディー映画『翔んで埼玉』。劇中、埼玉解放戦線のメンバー・麻実麗(GACKT)のお手伝いさん・おかよ役を演 … 続きを読む

【インタビュー】New Musical『Color of Life』東啓介「こんなにも温かい作品に出演できる幸せ」

舞台・ミュージカル2019年2月20日

 人気舞台『刀剣乱舞』シリーズなどで活躍してきた東啓介がNew Musical『Color of Life』に出演する。画家と女優。2人は、飛行機で偶然隣りあわせになり、引かれ合い、ニューヨークの彼女の部屋で一緒に暮らし始める。だが、やがて … 続きを読む

page top