【インタビュー】「賭ケグルイ」注目の“ライダー俳優”高杉真宙 ライバルたちの活躍は「自分にとって大きなエンジンに」

2018年1月15日 / 19:28

 近年の映画、ドラマ界を席巻している、菅田将暉、佐藤健、福士蒼汰、竹内涼真、吉沢亮…。彼らは全員、特撮テレビドラマ「仮面ライダー」シリーズに出演していた“ライダー俳優”だ。シリーズ自体が“若手俳優の登竜門”と呼ばれるだけあり、メインキャストが飛躍することは珍しくないが、最近の出身者たちの活躍は目覚ましいばかり。そんな中、大きな注目を集めているのが、ライダー俳優の一人である高杉真宙。“ファブリーズの子”として話題となり、今、スターダムに駆け上がろうしている高杉が、内に秘めた熱い思いを語ってくれた。

【高杉真宙】スタイリスト:石橋修一、ヘアメイク:堤紗也香、衣装協力店:リトルビッグ ディスカバード ハイブリッジ インターナショナル

 小学6年生の時にスカウトされたことがきっかけで芸能界入りした高杉は、スポーツキャスターの松岡修造と共演した消臭スプレー「ファブリーズ」のCMに出演し、中性的なイケメンルックで女性視聴者をとりこにし、「ファブリーズの子」として人気を集めた。高杉は「初めて“○○の子”と呼ばれたのでうれしかったです。作品ごとに『○○の子』と呼ばれるのはいいですね」と笑顔を見せた。その後、17歳で「仮面ライダー鎧武/ガイム」(13)に出演し、正義と悪が入り混じる複雑なキャラクター・呉島光実/仮面ライダー龍玄役を見事に演じ切り、俳優として高い評価を得た。

 今年は各メディアで「ネクストブレイカー」として取り上げられているが、それについても「うれしい」と喜びつつ、それ以上に「僕以外に誰がいるのかが気になるし、焦ります」と素直な思いも吐露する。もちろん、その焦燥感は発奮材料へと変わり、同じライダー俳優の活躍も「自分にとって大きなエンジンになります」とエネルギッシュな一面をのぞかせた。

 しかし、これまでの役柄やイベントなどでの控えめな姿勢のせいもあってか、熱い一面は意外なものに映る。そこで、一般的にクールなイメージが定着していることに関しての気持ちを尋ねてみると、「デメリットはないし、うれしいですけど、普段は普通の21歳で、わりと弾けたりもしています」と語り、笑顔を浮かべた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

page top