【インタビュー】「僕だけがいない街」古川雄輝「原作のファンにもとても喜んでいただけると思っています」

2017年12月14日 / 12:00

-母親を取り戻すために、過去と現在を行き来して必死に突き進む悟。古川さん自身も大切なものを守りたいときには熱く突き進みますか。

 その対象にもよりますが、このお話では母親の死が関わってくることですから、やっぱり必死になりますよね。自分も同じ立場だったら悟のように行動するんじゃないかと思います。

-今回の映像化の見どころを教えてください。

 「母親を殺したのは誰だ」というテーマがずっと続き、「今後どうなるんだろう、誰が殺したんだろう」と犯人探しをしていくミステリー。主人公は至って普通の人なのですが、“リバイバル”という非日常的なものがいきなり入ってくることも、引き込まれる要因になっているのではないでしょうか。原作が本当に素晴らしく、確実に原作に近い状態で、12話でじっくり作り上げているので、原作のファンの方々にもとても喜んでいただけるのではないかと思っています。

-美しい映像がとても印象的ですね。

 4Kでも撮っていますし、普通のドラマと違い、Netflixならではの、ちょっと映画っぽい雰囲気になっています。北海道が舞台になっているということもありますが、日本の風景が非常に美しく描かれています。原作も有名で、190カ国で配信されるので、日本の美しい風景を海外の方にもたくさん見ていただけると思っています。また、日本人の方が見ると、郷愁を誘う学校の風景などに共感する部分もあるんじゃないかなあと。僕自身、学校から帰宅した子どもの悟の中に自分が入っているような気持ちで、感情移入して見ているところがありました。

-日本国内だけでなく、特にアジアでも高い人気を得ている古川さんですが、さらに多くの海外のファンに見てもらえそうですね。

 やはり、海外のたくさんの方にも見ていただけるのはすごくうれしいです。僕自身、今まで海外の作品にいろいろ関わってくることができましたし、英語がしゃべれるということもあり、将来的にはもっともっと海外でも活動できればと思っています。役者として一つステップアップできる作品に出会えたと思っています。

(取材・文・写真/千葉美奈子)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top