【インタビュー】映画『銀魂』 小栗旬「迷っているヒーローに憧れる」&菅田将暉「楽しいことに全力を出す生き方が好き」

2017年7月13日 / 23:36

 『週刊少年ジャンプ』に連載中の空知英秋作の人気漫画「銀魂」が実写映画化され、7月14日から全国公開される。地球人と宇宙からやってきた天人(あまんと)が共に暮らす江戸末期という設定で繰り広げられる派手でとっぴなアクションが見どころで、独特の世界観から実写化不可能とも言われていた。とことんいい加減だけど仲間を守るためには全力を尽くす主人公の坂田銀時を小栗旬が、銀時を兄のように慕う志村新八を菅田将暉が演じる。

映画『銀魂』主役・坂田銀時を演じる小栗旬

 

-「実写化してすみません!」とお二人が謝る動画がネット上で公開されていましたね。

小栗 原作者の空知英秋さんが作っている、いい具合にちゃかして遊ぶムードに、僕らも乗させてもらっている感じがします。そしてやはり福田(雄一)監督が、原作が好きな人たちに喜んでもらえるようなものづくりをしているのではないかと思っています。それでも「こんなの銀魂じゃない」と言われる方もいると思いますが、そればっかりはもう、福田さんのせいです! みんながプレッシャーを抱えながら、ばかなことをやる現場がすてきでした。

菅田 急に福田さんから「小栗くんがこんな動画を上げるから、なんかリアクションしろ」と言われて…。「座長が謝っているんだから、これはもう、僕も謝るしかないな」と。そんなみんなのフットワークの軽さとノリの良さが、撮影が終わってからも続いているのは楽しいです。

銀時を兄のように慕う志村新八を演じる菅田将暉

-原作は漫画。役づくりで意識した点を教えてください。

小栗 原作がある作品、特に漫画の時は、なるべく自分の読んだイメージに近付けていこうと思ってやっています。読み方というのは、僕とほかの皆さんでは違うので、それが万人に受ける役づくりになるかいうと違います。銀さん(主人公の銀時)は、緩くて、ちょっとダサいけれど、本気を出したらかっこいいっていう、男の子が大好きなキャラクター。僕も子どものころからそういう存在に憧れはあったので、自分が憧れるようなイメージの中で作っていけたらと思っていました。

菅田 僕は漫画やアニメーションが大好きで、もちろん作風にもよりますけど、実写化するからこそやるべきことって絶対にあると考えているんです。読み手によって違う読み方をするのは、多分、漫画のコマとコマの間の部分なのではないかと。その部分の解釈と、このメンバーでやるからこその面白さ、というようなところがほしいなあと思います。そうでないと、「アニメーションでいいや」となってしまうので。

-お互いに対してどのような印象を持っていて、共演する中でどのような刺激を受けていますか。

小栗 初めて会ったのはドラマ「獣医ドリトル」(2010年)で共演したころ。「きっと今、いろいろなことに迷っているんだろうな」というのが最初の印象でした。その後、将暉が『共喰い』(2013年)という映画に参加する前日に会いにきて、「明日からやる作品で自分の人生が変わりそうなので、思い切りやってきます」と。その映画が終わってからは、あれよあれよという間に“天才・菅田将暉”になってしまいました。すごく繊細な感覚をしていて、頭がいいですね。現場でも人のことをよく見ていて、「ここはこれをやったら面白いだろうな」というようなことを、繊細に感じている。福田さんも、菅田くんに対する持っていき方がうまいんですが、それを瞬時にやれてしまうところが器用だなあと思います。

菅田 自分の中に葛藤があったころに、小栗さんに言われた「キラキラできるうちにしといたほうがいいよ」という言葉が今でも心に残っています。当時の迷いのようなものがちょっと吹っ切れて、求められるもの、やれることをやっていこうという決意ができたんです。小栗さんは会う度に、最近見た映画やドラマ、舞台、役者さんの話をするんです。そして毎回悔しがっている。それがすごくかっこいいんです。先輩が素直に「あいつのあれが良かったんだよなあ」とか、「俺もこういうのをやりたいなあ」とか言っている。そんな貪欲な姿は、後輩にとっての指針です。

-お二人が演じた銀時と新八の魅力は? そして小栗さんと菅田さんにとってのヒーロー像、憧れる生き方は?

小栗 強過ぎる相手にちゃんと負けるところが、銀ちゃんのいいとこだなあと。負けているのにかっこいい。僕はやっぱり、迷ってるヒーローが好きです。最近見た映画のヒーローは、時代が変わって、本来守るべきものが変わってしまい、それに順応できなくなり、ものすごい矛盾の中で悩んでいました。銀ちゃんも、すごく悩んでいるヒーローなので共感できるし、好きです。そして、楽して勝ちたいと言っちゃうところが面白い。僕もそういうふうに思うことがありますので。唯一無二の存在というより、自分は正しいのかということをいつも考えながら迷って生きているヒーローに憧れます。

菅田 新八は、うそがないですね。うまいこと取り繕って、表面的にでも成立するものがどんどん増えていく時代に、普通に負けるところは負ける、ビビるところはビビる、でも必死、というような。それでいて楽しいことは全力で楽しむ。登場人物たちはとても楽しそうで、人生が豊かになるような感じがします。僕は、遊び心というか、自分が面白い、楽しいと思うことに対してちゃんと本気を出す生き方がすごく好きで、憧れます。与えられた知識や能力をどう使うかという中で、楽しいことに使っている生き方が好きです。

-最後に実写版『銀魂』のPRを。

小栗 『銀魂』という作品に、福田監督が頑張ってきたことが全部詰まっていると思うんです。みんなで本気でばかをやるようなものにお金を使う映画というのは、今のご時勢、なかなか日本では作りにくいところもありますよね。『銀魂』という原作の持つパワーがあるからこそできた部分もあるでしょう。最高のB級映画が出来上がったと思っています。

菅田 いや、A級ですよ。こんな夢のような熱くなれる映画はないですよ。このそうそうたるメンバーで、こんなばかなことにお金をかけてやっている。大事件だと思います。

(取材・文/千葉美奈子)

7月14日公開映画『銀魂』


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】昔のB級SF映画のにおいがして楽しい『ジオストーム』

映画2018年1月20日

 世界中が度重なる自然災害に悩まされる中、科学技術者のジェイク(ジェラルド・バトラー)は、地球の天候を制御する気象コントロール衛星“ダッチボーイ”を開発して地球を救った。ところが3年後、衛星が暴走を始め、地球に再び危機が訪れる…というSF映 … 続きを読む

【ライブレポート】PHOENIX‐Etenal Flame‐「俺たちは全力で走り続けるからみんなも全力で追いかけてこい!」

2018年1月19日

 ゲーム実況・音楽制作ユニットとして知られるM.S.S Project(以下MSSP)の全国ツアー「PHOENIX‐Etemal Flame‐」(以下PEF)のファイナル公演が、昨年12月28日に東京・国際フォーラム ホールAで開催された。 … 続きを読む

【インタビュー】『ジオストーム(日本語吹き替え版)』上川隆也「今までのディザスター映画のいいとこ取りをしたような映画」山本耕史「ドキドキ感がたまらない」ブルゾンちえみ「サラのような女性に憧れます」

映画2018年1月19日

 世界の気候が気象コントロール衛星によって完璧に制御されるようになった未来。だがもし、それが暴走したら…?『ジオストーム』(19日公開)は、最先端の映像技術を駆使して、異常気象が引き起こす世界の危機に立ち向かう人々の活躍を描いたディザスター … 続きを読む

【インタビュー】「賭ケグルイ」注目の“ライダー俳優”高杉真宙 ライバルたちの活躍は「自分にとって大きなエンジンに」

ドラマ2018年1月15日

 近年の映画、ドラマ界を席巻している、菅田将暉、佐藤健、福士蒼汰、竹内涼真、吉沢亮…。彼らは全員、特撮テレビドラマ「仮面ライダー」シリーズに出演していた“ライダー俳優”だ。シリーズ自体が“若手俳優の登竜門”と呼ばれるだけあり、メインキャスト … 続きを読む

「西郷さんを支えながら子どもを育てる糸の強さを見せられるように」黒木華(岩山糸)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年1月14日

 生涯に三度結婚した西郷隆盛(鈴木亮平)の三番目の妻となり、明治維新に向かって突き進む西郷を支えた岩山糸。本作では、幼い頃から西郷に思いを寄せ、紆余(うよ)曲折の末に結ばれる運命の女性として登場する。演じるのは「真田丸」(16)以来、2年ぶ … 続きを読む

page top