小栗旬、12年前“花沢類”時代が「スイート期」 役柄と自身のギャップ吐露「僕は基本的に地味」

2017年7月7日 / 12:21

『君の膵臓をたべたい』舞台あいさつに出席した小栗旬

 映画『君の膵臓をたべたい』完成披露舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬と月川翔監督が出席した。

 本作は、重い膵臓の病を患うヒロイン・桜良(浜辺)と、病気のことを唯一知ることになるクラスメイトの“僕”(北村)の青春物語を描いた、住野よる氏による同名ベストセラー小説が原作。映画では原作で描かれた過去と、その12年後の現在の2つの時間軸を行き来して物語が進んでいく。

 ダブル主演した浜辺と北村の演技について北川は「すてきな若い2人が一生懸命頑張った作品。みずみずしくて生きることの素晴らしさ、今という時間を過ごすことの重要さを自然な演技で伝えてくれる」と絶賛。小栗も「素晴らしかった。自分が出ている映画を試写室に見に行ってこんなに泣いてしまったのは初めてだった。心が洗われる感じでした」と振り返った。

 現在パートで教師となった“僕”を演じた小栗は「匠海くんは右利きで僕は左利きなので、右手で黒板に(文字を)書くのが去年一番大変だったこと」と苦笑。さらに、司会者から「近年のイメージにない地味な役」とコメントされると、「僕は基本的に地味。20代前半の頃までは繊細な役の方が多かった。強い人やヒーローをやらされることが増えてきたけど、こうじゃないのになと思いながら過ごしている時もありました」と本音をのぞかせた。

 まさしく本作の撮影後には主演作『銀魂』の撮影も控えていたそうで「そのあとすごく戦わなければいけない人の役が待っていて、体を鍛え始めている最中だった。シャツ1枚になると“僕”の体じゃないからシャツ姿にはならないでと言われていました」と明かし、笑いを誘った小栗。12年前に『花より男子』で花沢類を演じていた頃の写真を「小栗旬のスイート期です」と紹介していた。

 映画は7月28日から全国ロードショー。

『花より男子』当時の自分を「スイート期」と紹介した小栗旬(右端)


芸能ニュースNEWS

デーモン閣下、中国・四国9県の観光PR 「たくさんの人に復興の一役を担ってもらいたい」

トレンド2018年12月13日

 「中国・四国9県連携復興プロモーション記者発表会」が13日、東京都内で行われ、広島県に縁のあるミュージシャンのデーモン閣下、岡山県出身の俳優・前野朋哉、香川県出身のアイドル行天優莉奈(AKB48 Team8)が登場した。 続きを読む

滝沢秀明、今年の漢字一文字は「行」 「『さよなら』は使いたくない」

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 孤高のメス」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、仲村トオル、工藤阿須加、山本美月、長塚京三、内片輝監督が登壇した。  年内で芸能活動を引退、プロデュース業に専念することを発表している滝沢 … 続きを読む

綾瀬はるか、クリスマスは「大河の撮影」 ボーイフレンドの理想は「お兄さんタイプ」

トレンド2018年12月12日

 「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2018」授賞式が12日、東京都内で行われ、美容誌『VOCE』によって、「2018年“最も美しい顔”」に選出された女優の綾瀬はるかが出席した。 続きを読む

玉木宏、“猫と共演”も「なかなか一線を越えられない」 怖くて近づけない理由語る

ドラマ2018年12月12日

 WOWOW「連続ドラマW 盗まれた顔~ミアタリ捜査班~」の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の玉木宏、内田理央、町田啓太、渋川清彦、伊藤歩、武正晴監督、原作者の羽田圭介氏が登壇した。  本作は、記憶と勘を武器に指名手配犯を捜 … 続きを読む

ブラッドリー・クーパー5年ぶり来日 胸元ざっくりなローラ気遣う

映画2018年12月12日

 映画『アリー/スター誕生』ジャパンプレミアが11日、東京都内で行われ、来日した出演者で監督のブラッドリー・クーパー、スペシャルサポーターのローラが出席した。  本作は、アーティストのレディー・ガガが主演を務め、『アメリカン・スナイパー』な … 続きを読む

page top