小栗旬、12年前“花沢類”時代が「スイート期」 役柄と自身のギャップ吐露「僕は基本的に地味」

2017年7月7日 / 12:21

『君の膵臓をたべたい』舞台あいさつに出席した小栗旬

 映画『君の膵臓をたべたい』完成披露舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬と月川翔監督が出席した。

 本作は、重い膵臓の病を患うヒロイン・桜良(浜辺)と、病気のことを唯一知ることになるクラスメイトの“僕”(北村)の青春物語を描いた、住野よる氏による同名ベストセラー小説が原作。映画では原作で描かれた過去と、その12年後の現在の2つの時間軸を行き来して物語が進んでいく。

 ダブル主演した浜辺と北村の演技について北川は「すてきな若い2人が一生懸命頑張った作品。みずみずしくて生きることの素晴らしさ、今という時間を過ごすことの重要さを自然な演技で伝えてくれる」と絶賛。小栗も「素晴らしかった。自分が出ている映画を試写室に見に行ってこんなに泣いてしまったのは初めてだった。心が洗われる感じでした」と振り返った。

 現在パートで教師となった“僕”を演じた小栗は「匠海くんは右利きで僕は左利きなので、右手で黒板に(文字を)書くのが去年一番大変だったこと」と苦笑。さらに、司会者から「近年のイメージにない地味な役」とコメントされると、「僕は基本的に地味。20代前半の頃までは繊細な役の方が多かった。強い人やヒーローをやらされることが増えてきたけど、こうじゃないのになと思いながら過ごしている時もありました」と本音をのぞかせた。

 まさしく本作の撮影後には主演作『銀魂』の撮影も控えていたそうで「そのあとすごく戦わなければいけない人の役が待っていて、体を鍛え始めている最中だった。シャツ1枚になると“僕”の体じゃないからシャツ姿にはならないでと言われていました」と明かし、笑いを誘った小栗。12年前に『花より男子』で花沢類を演じていた頃の写真を「小栗旬のスイート期です」と紹介していた。

 映画は7月28日から全国ロードショー。

『花より男子』当時の自分を「スイート期」と紹介した小栗旬(右端)


芸能ニュースNEWS

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

神木隆之介が持つ特殊能力とは… DAIGO「奥さんと隆の苦しむ芝居を勉強した」

映画2019年2月15日

 映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎と三木孝浩監督が登壇した。  この日は、劇中で神木が「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議 … 続きを読む

page top