「直虎の周りに新しいタイプの男が現れた感じをしっかりと出したい」柳楽優弥(龍雲丸)前編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年5月28日 / 20:45

 第16回の初登場以来、幾度となく直虎(柴咲コウ)を助けてきた“旅の男”。その正体は、盗賊団の頭(かしら)、龍雲丸であった。今後、直虎と深くかかわっていくことになるこの男を演じるのは、2016年キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を受賞するなど、今勢いに乗っている柳楽優弥。満を持しての初出演となった大河ドラマに懸ける意気込みを聞いた。

 

龍雲丸役の柳楽優弥

龍雲丸役の柳楽優弥

-第16回で初登場した時のふんどし姿はインパクトがありました。

 ふんどしでの登場は初めてだったので緊張しましたが、すごく爽快でした(笑)。撮影に入って1週間ぐらいで、緊張の塊みたいな時期でしたが、初登場シーンは気合を入れたいと思っていたので、バッチリ入りました。ただ、西島(秀俊)さんが(『八重の桜』(13)で)ふんどし姿になった時はニュースになったんですが、僕の時はならなかったので悔しいですね。もうちょっと腹筋を鍛えておけばよかったです(笑)。

-大河ドラマ初出演の感想は?

 撮影に入って4カ月ぐらいですが、お互いの信頼関係が他の作品と比べて圧倒的に深いものになるんだなと実感しています。1年という期間はやっぱりすごい。ものすごくエネルギーを使うので、大河の主役をやったら当分お休みしていい気がします(笑)。

-現場で演じてみた印象はいかがでしょう。

 前半の空気感がある中に、派手なビジュアルの龍雲丸が途中から加わるということで、非常に緊張しました。盗賊団の頭ということもあり、他のキャストのことも考えて、僕がしっかりシーンを作っておかないといけないということもあったので。とはいえ、これまで人が亡くなることが多かった物語に、生命力あふれる龍雲丸と盗賊団が登場するので、常にエネルギッシュな存在でありたいと思っています。

-今まで大河ドラマにどんな印象をお持ちでしたか。

 おじいちゃんが大好きでよく見ていたので、僕はその横顔をずっと見ていました。感情移入して、泣いたり、怒ったりして、涙まで流していたので、びっくりしたことを覚えています。俳優になってからは、先輩がたくさん出ていたので、いろいろな人から話を聞いているうちに、大河のイメージがどんどん大きくなって、僕も出てみたいと思うようになりました。『許されざる者』(13)という映画で知り合った乗馬クラブの方からは、「大河の主役ができるから」と薦められて馬を買いました。

-すごい意気込みですね。その馬は今どのように?

 そんなに高い馬ではありませんけど(笑)。『許されざる者』の時の僕の役名の“五郎”という名前を付けて、群馬にいます。撮影がある間は無理ですが、行ける時には月に1回ぐらい泊りがけで乗りに行っています。姿勢が良くなる上に気合も入るし、いいことづくめなので、馬に乗るのは好きです。今のところ龍雲丸が馬に乗る場面はありませんが、いずれ機会ができた時のために、しっかりと練習しておきたいです。

-龍雲丸はどのような人物でしょうか。

 明るくてひょうきんな性格で、盗賊団の頭として自由に生きているように見えますが、実は過去に縛られている部分もあります。そういった過去にまつわる影の部分は、話が進むにつれて少しずつ明らかになっていきます。衣装も風貌も型破りで、武家社会の中で生きてきた直虎にとっては、今まで会ったことのないような男です。

-龍雲丸は直虎をどのように見ているのでしょうか。

 第一印象は「きれいな人とばったり出会った」という感じです。そのまま不思議な関係が続いた後、殿だったことが分かり、盗賊団を率いて現れたところで「力を借りたい」と言われ、「認められたのかな」と感じて一気に距離が近づきました。これからさらに、恋心のようなものも芽生えつつ、関係が深まっていくことになります。

-龍雲丸はドラマオリジナルの人物ですが、やりがいはありますか。

 勢いのあるキャラクターに加えて、衣装も型破りなので、非常にやりがいがあります。とはいえ、実在の人物と違ってより所となるものがないので、ものすごく想像力を膨らませなければなりません。実在の人物が多い大河ドラマでオリジナルの人物を演じる怖さも多少ありますが、そこは思い切り開き直ってやっています。

-役作りはどのように?

 最初に「寅さんみたいな人」という説明を受けたので、役を理解するために寅さんの映画を見まくりました。とても面白かったです(笑)。明るくて温かい人柄の一方で、シリアスな一面もある寅さんみたいな幅のあるキャラクターにできたら…と思っています。

-直虎の周りには今まで、小野政次(高橋一生)や井伊直親(三浦春馬)という男性がいました。演じる上で、この2人との違いは意識していますか。

 政次や直親は武家の人間なので、所作や動きに限界があります。それに対して、龍雲丸は所作指導の先生から「自由にしていい」と言われています。最初は、見た目が派手な上に動きまで自由だと、物語の邪魔になるのではないかと心配していました。だけど、違和感なく仕上がった映像を見て、余計なことは考えずに思い切り自由な状況を楽しもうという気になりました。今まで直虎の周りには、武家の男たちばかりだったので、新しいタイプの男が現れたという感じはしっかりと出していきたいです。

-同じ事務所の先輩でもある柴咲コウさんの印象は?

 今までも何度か共演しましたが、僕は柴咲さんのファンで今の事務所に入ったぐらいなので、これだけ長期間ご一緒できるのは光栄です。普段、俳優同士で作品について話し合う機会はあまりありませんが、みんなで食事した時にそんな話もできました。その時、この作品を良くしたいという気持ちが伝わって来て、テンションが上がりました。大河の主役は大変そうですが、そこで戦っている先輩の姿はカッコいいですね。

-ドラマに新たな風を吹かせたいという意気込みはありますか。

 もちろんです。ふんどし姿で初登場したのも、そうしろということですよね(笑)。意識し過ぎてはいませんが、龍雲丸や盗賊団が加わることで、新たな風を吹かせられるといいですね。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top