【インタビュー】「大馬鹿代」「闇の法執行人」竹内力「役づくりよりキャラづくりが重要。視聴者に喜んでもらえる作品を作りたい」

2017年6月20日 / 10:06

 Vシネマの帝王と呼ばれた竹内力が原案・製作総指揮・主演を務めた2本のドラマがJ:COMプレミアチャンネルで放送されている。10日に放送を開始した「闇の法執行人」は、親友の裏切りにより資格を剥奪された元弁護士の龍崎(竹内)が、闇に潜む巨悪に戦いを挑むハードボイルド劇。一方、11日放送開始の「大馬鹿代(おおばかよ)」は、竹内が大きくはみ出した真っ赤な口紅にグルグルパーマ、おまけに超巨乳という強烈ないでたちで、初の“ヒロイン役”にチャレンジした笑いあり涙ありの活躍劇だ。昨年芸能生活30周年を迎えた竹内に、両作品のみどころや作品作りについて聞いた。

竹内力

-芸能生活30周年を昨年迎え、本作やバラエティー番組など、新たなチャレンジをされていますが、改めて30周年への思いをお願いします。

 20歳で東京に出て来て、まさか自分が芸能界に入るとは思っていなかったが、気がついたら、自分で芸能事務所や映像製作会社を立ち上げ映画を作ったりと、30年はあっという間だった。昨年は製作会社として『聖の青春』や『オケ老人!』など、全国ロードショーの映画も作れるようになったし、自分がやりたかったこと以上のことができるようになったけど、俳優としてはまだまだなんで、自分の好きなキャラクターづくりをしながら視聴者に喜んでもらえる作品を作っていきたいね。

-「闇の法執行人」の見どころは? またこだわったところは?

 「闇の法執行人」は、自分の主演作の中で、シリーズとして64作も続いた『ミナミの帝王』という頭脳派と、56作続いた『仁義』という武闘派をミックスさせ、文武両道な主人公が、弱きを助け、強きをくじくという勧善懲悪なストーリーに、時事ネタなどを取り入れたサスペンスタッチな作品を作りたかった。それで主人公を何の職業にしようかと考えて、親友に裏切られて資格を剝奪された元弁護士にした。世の中の仕組みを暴きつつ、泣ける要素やどんでん返し、実際に起きた事件をモチーフに取り込んでいる感動作品に仕上がっていることだな。

-「闇の法執行人」の主人公・龍崎剛の印象に残っているせりふは?

 『ミナミの帝王』なんかも自分で作ったキャラ。俺は役づくりというよりキャラづくりが得意なんだけど、龍崎のキャラには「頑固」「ブレない」とか、俺の性格がかなり強く入っている。自分で決めた目標に実直に向かっていくという男だな。龍崎のせりふで「俺のやり方に口を出すな」というのがあるが、俺の言葉に近いかな。「何ごとにもブレない」というのが俺の信念でもあるからね。

-もう一つの「大馬鹿代」のキャラはどのように作りましたか。

 「カオルちゃん最強伝説」で演じた16歳の高校生を基に、さらに奇抜なキャラクターを作りたいと思って、台本の裏に「大馬鹿代」のイラストを書いたのがきっかけだね。カッコいいアクションというよりは、あえて怪力や俺自身が考えた必殺技もたくさん取り入れ、怪獣みたいなオバハンという設定にした。柔道技でもなくプロレス技でもない技を持ち、おならもする。これは子どもにもウケるだろうと思って。子どもにも見てもらいたいからね。

-「大馬鹿代」の怪力や必殺技、コスチュームや自転車、全てが抱腹絶倒でした。

 えっ、見てくれたの。うれしいなぁ~。「大馬鹿代」は今から10年ぐらい前に書いて生み出したキャラなんだ。その当時サンダルの“クロックス”がはやっていたけど偽物もあってね。ピンク色の偽物がかわいいだろうなと、そんなところにもこだわったわけよ。単なる怪力だけだとゲテモノになってしまうので、女性としてのかわいらしさもないと主人公として愛されないのでね。女性的な表情もそうだし、おならをすればちょっと恥ずかしがったり、自転車に付けている折れた傘もピンク色にしたり…。役づくりよりキャラづくりにかなりこだわっているよ。

-両作品の撮影を終えて、どちらの作品に思い入れがありましたか。

 両方だよ。ただ「大馬鹿代」の場合は自分がキャラクターを作ってから10年以上たっているので、やっと主役になれたという思いはあるね。『バトル・オブ・ヒロミくん!』の脇役で少し出したことがあって、これをいつか主人公にしたいとずっと温めてきたのよ。そこで今回やっと念願がかなってJ:COMさんで実現したというわけ。そういう意味では「大馬鹿代」が念願だったので思い入れが強いかもしれない。「闇の法執行人」の龍崎は今までヒットしたキャラを掛け合わせた王道パターンだけど、「大馬鹿代」の場合は今後、キャラがどうなっていくのかという構想がたくさんあって、ストーリー展開をどう組み立てていこうかなぁと、まあ楽しくパズルを合わせていく感覚だね。

-最後に視聴者にメッセージをお願いします。

 小田純平さんのカバー曲、「闇の法執行人」の主題歌「恋月夜」、「大馬鹿代」の主題歌「紅い川」も応援よろしくお願いします!

 

「闇の法執行人」

「大馬鹿代」

「闇の法執行人」「大馬鹿代」の作品詳細、放送スケジュールなどは、こちらをチェック。
http://www2.myjcom.jp/special/tv/drama/takeuchiriki/


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top