「ドロ沼で終わってほしい」朝ドラではあり得ない結末を希望!? 佐藤仁美(朝倉高子)【「ひよっこ」インタビュー】

2017年6月13日 / 08:19

 高度成長期の日本を舞台に、茨城から集団就職で上京した有村架純演じるヒロイン谷田部みね子の成長物語を描いたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、トランジスタ工場倒産後に、みね子が働く赤坂の洋食屋「すずふり亭」のホール係・朝倉高子を演じている佐藤仁美。近年は毒舌キャラが受け、バラエティー番組の常連ともなった佐藤が、作品の見どころや今後の展開への希望などを語った。

 

朝倉高子役の佐藤仁美

朝倉高子役の佐藤仁美

-5度目の朝ドラ出演ですが、感想は?

 またか…(笑)。NHKは本当に変わっている。私は朝の顔ではないのに、よく起用するなと思いました。

-高子は仕事はできるが無愛想で、若い女性をライバル視する癖があるというキャラクターですが、演じてみていかがですか。

 脚本の岡田(惠和)さんに、「(その)まんまで書いたから」と言われました。基本、ふざけた人です。みね子が(ぽっちゃりとした高子と)同じ制服を着た時に「へ~、そういうデザインだったんだ」という自虐的なせりふがあるんですが、そうやって岡田さんがちょいちょい私をいじるんです。そこが見どころでもあります。でも、若い女性には完敗です。若さには勝てませんよ。

-いじられ過ぎて困ったことはありますか。

 すずふり亭のアルバイト面接で、4人の若い女性を落とすシーンをアドリブでやってくれと言われた時は大変でした。彼女たちは、たった2分間の出演でも「朝ドラに出られる!」と意気込んで練習もしてきているのに、本番では私のアドリブに対応しなければいけないし、私も「髪が長いから~」とか理不尽な理由で落とすんですけど、段々レパートリーがなくなるし、共に大変でした。

-高子役は“当て書き”のようですが、役づくりでの苦労はありますか。

 高子を通して、自分にこういうところがあるのか…と気付くし、周りも役として見ていないので苦労は全くありません。

-出演者の発表会見で「(ドラマの中では)結婚したい」とおっしゃっていましたが…。

 やつい(いちろう/コック井川元治役)さんではないだろうけど、「結婚するかも」といううわさが…。(佐々木)蔵之介さん(料理長・牧野省吾役)と結婚したら、すずふり亭は私のものですよね。

-高子の今後も楽しみですが、岡田さんの脚本の魅力とは何でしょうか。

 岡田さんの本は基本的に優しくて、たまにファンタスティックで、見た人が泣くという不思議な魅力があります。それに、長ぜりふは単調になったり、見ている側も同じ人の絵が続くと詰まらなく感じたりすることもあるけど、岡田さんの本の場合はそういうことがなく、言葉がちゃんと心に届いて響きます。頑張っている人を作り上げることもうまいし、少ししか出ていなくても、その役の個性がちゃんと出ているところもいいですね。

-主演の有村さんの印象を教えて下さい。

 一度、撮影で余ったジャガイモを持ち帰ってポテトサラダを作ってきてくれて、おいしかったんですけど、「かわいくて料理もできて、何だよ!」って言いました(笑)。そういう気遣いもできて、何に対しても一生懸命で、守ってあげたくなるようなところはみね子っぽいです。

-すずふり亭のおかみさん牧野鈴子役の宮本信子さんはいかがですか。

 やりにくい撮影の時に、監督の前で「それでいいんじゃない?」と言ってやりやすくしてくださったり、私が毒づいた時には「そんなことないわよね」ってフォローしてくださったり、メチャメチャ良い先輩です。すぐ褒めてくださるし、私の扱いを分かっていらっしゃいます(笑)。あと、オフも格好いいし、肌もきれいでびっくりしました。

-現場の雰囲気はどうでしょうか。

 架純ちゃんが本当にいい子で、休みがないのにずっとニコニコしているし、たまに関西弁が出ると、なんてかわいいんだ…って。やついさんは普段からふざけていて、撮影中は二人で磯村(勇斗/見習いコック前田秀俊役)くんにアドリブを言っていじっているし、蔵之介さんも関西の方だからうっかり京都弁が出たりして、和気あいあいとしています。

-印象に残っているシーンはありますか。

 蔵之介さん、やついさん、光石(研/福田五郎役)さん、三宅(裕司/柏木一郎役)さんが歌うシーン(第13週放送予定)ですね。いい大人が「ハモリが難しい」ってずっと練習していたのがすごくかわいくて面白かったです。

-今後、どのような展開を望みますか。

 みね子は結婚しないで悲しい結末になってほしい。絶対にないですけどね。朝ドラだからハッピーエンドでしょうね。でも、私はドロ沼で終わってほしい(笑)。

-そのような毒舌でバラエティー番組でも活躍されるようになりましたが、変化を感じていますか。

 今までは「あの人見たことあるけど誰だっけ?」と思われることが多かったのが、名前と顔を一致して覚えてもらえるようになりました。

-女優としてプラスになったこともあるのでしょうか。

 バラエティー番組での芸人さんの頭の回転の良さはアドリブにつながっています。それはコメディードラマで使わせてもらっています。あとは、早口で相手を罵倒するような嫌な役が多くなりました。その時のしゃべり方のコツは(新宿)二丁目(のゲイの人たち)から仕入れています。こういう場所でのやりとりもいい勉強になっています。ふざけているようで結構真面目なんですよ(笑)。

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top