【インタビュー】『レイルロード・タイガー』池内博之「ジャッキーさんとのアクションシーンに注目してほしいです」

2017年6月16日 / 15:06

 アジアが誇る大スター、ジャッキー・チェンとディン・シェン監督が3度目のタッグを組んだ『レイルロード・タイガー』が6月16日から公開される。ごく普通の男たちが、日本軍の物資輸送を阻止するため、橋の爆破計画に挑むという、鉄道を舞台にしたアクションコメディーだ。本作で憲兵隊長の山口を演じた池内博之が、映画やジャッキーに対する思いを語った。

(C)2016 BEIJING SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. BEIJING GOING ZOOM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

-本作への出演のきっかけは? ジャッキー・チェンから直接オファーがあったといううわさも聞きましたが…。

 今回はディン・シェン監督から直接オファーを頂きました。監督が、僕が出演した『イップ・マン 序章』(08)を見て、僕とジャッキーさんが対峙(たいじ)している絵が見たいと思ったそうです。

-その『イップ・マン 序章』のドニー・イェンに続いて、本作ではジャッキーとの共演です。伝説の香港アクションスターと共演した感想は?

 最初にお話を頂いた時は、「えっ!」という感じで、びっくりしましたが、「本当に恵まれているなあ」と思いました。なかなか共演できないお二人ですから、共演できてとても良かったと思います。ジャッキーさんの映画は子どものころから見ていたので、憧れの人でもありましたし、その方と映画の中で共演できたことはとてもうれしかったです。

-では、ジャッキーと一緒にアクションをする時は緊張しましたか。

 そうですね。しかも撮影の初日からいきなりアクションシーンだったので、とても緊張しました(笑)。距離感は? 殴りかかる強さは? などの加減が分からなかったのですが、ジャッキーさんが「もっと強くやっていいよ」と言ってくださったりしたので、気持ちが楽になり、伸び伸びとやらせていただきました。

-ジャッキーとの間で忘れられないエピソードはありますか。

 今回は撮影現場がとても寒い所でしたし、ジャッキーさんご自身もアクションシーンで過去に大けがをされたりしていますので、アクションをする時に「本当に気をつけてやってくれ」と、周りにとても気を使っていました。その分、撮影には時間が掛かったのですが、そういう姿勢はとてもすてきだなと思いました。

-今回は事前にアクションの訓練はしたのですか。

 ほとんどやっていません。現場に入るまで、どういうアクションをするのか分からなかったですし、なかなか具体的に教えてくれなかったので不安でした。とりあえず体づくりだけはしておこうという感じでした。

-今回の役柄は、コメディーの要素も強かったですが、心掛けたことは?

 監督が現場で「このシーンはライトに演じてほしい」など、具体的におっしゃってくださいましたので、監督の指示に任せていました。ただ、大まかな流れはあるのですが、台本がないので、当日渡されて、通訳の方に訳していただきながらすぐに覚えて、という感じでした。せりふも「こんな感じで」と言われるだけで、自分で作っていかなければならなかったので責任重大でした(笑)。

-アジアの映画で日本人役を演じる際に意識していることはありますか。

 所作などで「日本ではそういうのはあり得ない」ということを要求されることもあります。ハリウッド映画もそうですが、海外から見た妙な日本人像みたいなものがまだ残っている気がします。ただ、逆にそれが面白いからと、意図的に狙っているようなところもあると思います。そんな中で、僕が、日本人として、普段、普通にしていることを生かしていこうと思っています。

-この映画もそうでしたが、軍人役が多いですね。

 不思議ですね。個人的には、軍人ではない、普通のいい人の役をやりたいなあと(笑)。いずれそういう時がくるとは思うので。それを楽しみにしています。

-最後に、この映画のみどころと観客へのメッセージを。

 この映画は、激しいアクションの中に、コメディーの要素がちりばめられているところが面白いと思います。あとは、後半に行くに従ってどんどん加速していく、鉄道を舞台にしたアクションが見ものです。僕が演じた山口は、執念深くて傲慢(ごうまん)なところもありますが、かわいらしいところもあったりするので楽しんで見てください。後半のジャッキーさんとのアクションシーンにも注目してほしいです。

(取材・文/田中雄二)

(C)2016 BEIJING SPARKLE ROLL MEDIA CORPORATION SHANGHAI FILM GROUP CO., LTD. BEIJING GOING ZOOM MEDIA CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top