「ヒデはみね子のことが100パーセント好きです。大好きです!」磯村勇斗(前田秀俊)【「ひよっこ」インタビュー】

2017年8月19日 / 08:30

 みね子(有村架純)が働く赤坂の洋食屋「すずふり亭」の見習いコック前田秀俊役を演じている磯村勇斗。当初から“イケメンコック”と呼ばれ人気を集めていたが、終盤に入り、島谷(竹内涼真)と破局したみね子の新しい恋の相手として注目されている。この予想外の展開を受けて、磯村が胸中を告白。また、エンターティナーとしての壮大な夢も語った。

前田秀俊役の磯村勇斗

-「まれ」(2015)では1話のみの参加で、今回はメーンキャストの一人として出演していますが、オーディションを受けるきっかけは何でしたか。

 役者を目指していた時、同い年ぐらいの俳優が朝ドラに出て世間から注目されていることは、自分も頑張ろうという刺激にはなったけど、そこには嫉妬もありました。だから、朝ドラに出たいと思ったのは嫉妬から生まれた挑戦でした。

-実際に憧れの舞台に立っての感想は?

 見ている時はうらやましいという憧れだけでしたが、今は、あれだけの大ベテランの俳優さんたちがいる中で、若い自分が演じられる有り難さと同時に、未熟さを感じています。生半可な気持ちでは臨めないと、現実を突きつけられた感じがします。

-くしくも、同世代の“戦隊・ライダー俳優”が集結しましたが、竹内涼真さん(「仮面ライダードライブ」)、竜星涼さん(「獣電戦隊キョウリュウジャー」)もかなり気合が入っていましたね。(磯村は「仮面ライダーゴースト」)

 最初は「おー、ヒーローが3人そろった!」と1人で興奮しました(笑)。劇中で全員がそろうことはなかったですけど、同世代で同じ“戦隊・ライダー”出身ということもあって、互いに心の支えでもあり、刺激を与え合っていたと思います。

-今回は見習いコックの役ですが、料理の練習はどれぐらいしましたか。

 クランクインの3カ月前から料理指導をしていただき、家でも繰り返し練習しました。キャベツは3玉を千切りにするのに30分ぐらい、ニンジンはシャトーむきを習得するのに毎日1時間かけていました。今はどれも10~15分でできるようになりました。あと、包丁を研ぐ作業が大変で、これは今も2時間ぐらいかけてやっています。

-島谷がみね子と別れ、あかね荘を去った今、ヒデが新しい恋人候補に挙がっていますが、どういう展開を望みますか。

 希望としては、将来ずっとそばにいられるような近い存在になりたいです。ヒデはみね子のことが100パーセント好きです。大好きです!

-とはいえ、明確なアプローチはまだかけていないようですね。

 不器用で奥手なので、少しずつジャブを打ち続けている感じです(笑)。「イケよ、ヒデ!」と思うんですけどね…。もどかしい気持ちを持ちながらやっています。

-ヒデがみね子に思いを寄せるようになることは最初から知っていたのですか。

 全く聞いていませんでした。台本が出来上がるごとに自分の役を知っていく感じなので、ここまでみね子との距離が近づくとは思わなかったです。でも、最初から知っていたら、みね子がすずふり亭に初めて来た時から“恋の目”で見ていたかもしれないので、知らされなくて良かったと思います。

-現在は“恋の目”なのか、みね子を見つめる視線が印象的ですね。

 みね子のことはいつも気にかけていて、優しい目で見ています。みね子に何か事件があると、いつもそばで話を聞くのがヒデなので、みね子への視線を、皆さんにぜひ見てほしいです。

-ちなみに、磯村さんは女性には積極的な方ですか。

 僕も奥手で積極的にアプローチするのが苦手だから、ヒデの気持ちが分かります。学生のころは特に、好きな子には「どう話していいんだろう」と心臓がバクバクして「好き」と言えなかったし、今もどう接していいのか分からなくて、クールぶって格好つけて“告白待ち”をするタイプです。

-役同様に磯村さん自身に世間の注目が集まっていることは意識していますか。

 ヒデのシーンを増やしていただいて、それに伴って緊張感はありますし、悪いことは絶対にしない、常識を守って生活するということは気をつけています。誰が見ているか分からないですからね。

-本作に携わることで役者として大きな糧を得たのではないですか。

 (佐々木)蔵之介さんや宮本(信子)さん、有村さんに比べると自分は未熟で、台本の読み込み具合や芝居の捉え方、演技が浅いので、いろんな角度から台本を読んでいこうと思いました。それに、全部のことに全力で向かうと空回りすることも知りました。力を抜くことによって良い表情やコミュニケーションが生まれることもあるので、芝居でも今後の役者人生においても引き算を取り入れていこうと思いました。

-今後の活躍が楽しみですが、憧れの俳優や将来の目標はありますか。

 憧れの俳優は松田優作さんです。映像から魂が見える役者で、自分もそれほどの熱量を持ってお芝居をしたいと刺激されました。将来の目標はハリウッド進出で、役者としてはもちろん、脚本家や監督としてもやっていきたいです。実は、最初の海外作品は大好きなゾンビ映画にしたくて、もう脚本を書いて温めています(笑)。

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top