【インタビュー】「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2 松本人志「いつかは自分も参加してみたい」

2017年5月9日 / 20:11

 ダウンタウンの松本人志プレゼンツ、バラエティー番組 「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」のシーズン2が、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で、4月26日から独占配信された。10人の芸人たちが優勝賞金1千万円を懸け、参加費100万円を払って火花を散らすお笑いバトル。密室を舞台に制限時間内に最後まで笑わなかった者が勝ちというルールの下、シーズン2では「1回笑わせるごとに1ポイント」など、よりアグレッシブな戦いが予想されるようにルールを改正。「出来が良かった」と太鼓判を押す松本が、シーズン2の見どころや、今後の展望を語った。

松本人志

松本人志

-シーズン1に関する手応えや反響はいかがですか。

 割と評判がいいとは聞いていました。ただ、中盤にピークを迎えてしまうので、後半にもっとエキサイトするようにルールの改正は必要かなと思っていました。シーズン2ではそれがうまくいったかなと。ボクシングじゃないですけど、アグレッシブルさもポイントにしていかないと。自分から仕掛けないで、笑いもしない、笑わせもしない人が優勝ではさすがに盛り上がりに欠けるだろうという思いがありました。

-シーズン2ではルールの改正はうまくいきましたか。

 そういう意味でどんどん尻上がりに良くなっていくというか、最後にピークをうまく持っていけたかなと思います。

-シーズン2で初参加したメンバーの印象と期待は?

 自分たちから笑いを取りに行く、ディフェンスよりもオフェンスが得意な10人をうまく選べたと思います。吉本にとらわれず、間口を広げていきたいなという思いもあったので、入ってほしい人が入ってくれたのは良かったです。

-シーズン1に続いて参加しているメンバー(藤本敏史、宮川大輔、ジミー大西)についての感想は?

 大輔とフジモンについては、初めての人たちばかりで10人はどういうものかという思いもあったので、経験者が2人ぐらいいてくれた方がいいし、前回もムードを作ってくれたので、面白い展開が生まれやすいかなと。ジミーはちょっと飛び道具というか、こういう人は1人いるといいなと。早い段階でいなくなっていくとは思っているんですけどね。

-シーズン1のインタビューで「もし自身が参加するならジミー大西とは戦いたくない」と言っていましたが…。

 確かに、ジミーは厳しいですね。ちょっと予測不可能なところもありますし、強敵だとは思います。ただ、本人は『僕は笑わすのは得意だけど、絶対笑わない』と言っていましたが、めちゃくちゃ笑っていたのでうまくいけばすぐ退場になるんじゃないかと思います(笑)。

-シーズン3もやってみたいですか。

 シーズン2の出来が良かったので、シーズン3もぜひやってみたいですが、シーズン2を超えることは相当難しいぞ、というのが悩ましいところでしょうね。

-今後、自分が参加したいという気持ちはありますか。

 したかったですけど、周りが止めるんですよ。でもいつかは参加してみたいですし、シーズン10までいけばチャンピオン大会みたいなことをやるのも面白そうだと思います。ある程度の芸歴の人間が集まったシニア会みたいなものがあればぜひやってみたいです。もっと金額を上げて。

-今後は、芸人以外に、俳優やタレントの参加も考えていますか。

 なくはないですよね。シーズン1、2を見て内容もある程度理解してもらえれば、芸人に限らずミュージシャンの人とかでも出てもらえるのは面白いと思っています。T.M.Revolutionとか、風を浴びといたら笑うのでは(笑)。

(取材・文/中村好伸)

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2

「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン2


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】バート・レイノルズの立派な遺作『ラスト・ムービースター』

映画2019年9月9日

 クリント・イーストウッドの『運び屋』、ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』に続いて、今度はマッチョスターとして一世を風靡(ふうび)したバート・レイノルズの遺作となった『ラスト・ムービースター』が公開された。彼らは … 続きを読む

【インタビュー】「盤上の向日葵」千葉雄大 役者であれば“劣化”も必要 「内面をきちんと表現できる役者になりたい」

ドラマ2019年9月7日

 名駒と一緒に発見された白骨遺体の謎とともに、そこに秘められた、過酷な運命を背負いながらも将棋界で頂点を目指した異端の棋士・上条桂介の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリー「盤上の向日葵」。主演の千葉雄大は、本作で学園ドラマや恋愛映画など … 続きを読む

「なつよ…」「来週に続けよ」 意地で入れ続けたナレーションは失敗!? 大森寿美男(脚本家)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年9月7日

 記念すべき100作目の朝ドラ脚本という大役を成し遂げた大森寿美男。当初は放送が始まる前には書き終えるだろうと楽観視していたものの、ふたを開けてみれば1年半以上も本作に費やしていたのだとか。朝ドラ史上初となるドラマとアニメーションが融合した … 続きを読む

【インタビュー】映画『みとりし』 高崎翔太「大切な人をより一層大切に思えるような作品です」 

映画2019年9月5日

 誰にでも平等に訪れる死の時、あなたはどんな最期を迎えたいですか? つらく、苦しい治療をやめ、住み慣れた自宅や、本人の希望する形で温かい死を迎えるために患者とその家族をサポートする看取り士。「日本看取り士会」の代表理事を務める柴田久美子が経 … 続きを読む

【インタビュー】『タロウのバカ』大森立嗣監督 驚異の新人YOSHI、菅田将暉、仲野太賀共演作で「『生きる』ということを見つめ直してみようと思った」

映画2019年9月5日

 ある川沿いの町。「タロウ」と呼ばれる名前のない少年(YOSHI)は、母親から放置され、学校にも行かず、高校生のエージ(菅田将暉)やスギオ(仲野太賀)と共に、当てのない日々を過ごしていた。そんなある日、偶然一丁の拳銃を手に入れたことから、彼 … 続きを読む

page top