「寡黙でぶっきらぼうだけど、ちょっと口を開くとユーモアがある男です」古谷一行(谷田部茂)【「ひよっこ」インタビュー】

2017年5月9日 / 08:15

 高度成長期の日本を舞台に、茨城から集団就職で上京した有村架純演じるヒロイン谷田部みね子が成長していく姿を描いたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、みね子の祖父・谷田部茂を好演している古谷一行。実に47年ぶり 2回目の朝ドラ出演となる古谷が、その胸中や共演者とのエピソードを語った。

 

谷田部茂役の古谷一行

谷田部茂役の古谷一行

-朝ドラ出演は1970年の「虹」以来ですが、オファーを受けた時のお気持ちは?

 楽しもうと思いました。年齢を重ねて、役者としての気持ちや演技がどういうふうに変化しているかも楽しみです。長い年月を改めて感じます。

-周囲からはどのような反応がありますか。

 さすが朝ドラですね。学生時代の友人から「風景が素晴らしい」「麦わら帽子が良く似合う」「あんなかわいい子(有村)と仕事ができていいね」「これから朝、元気をもらいたい」というメールをたくさんもらいました。

-実際にドラマをご覧になった感想は?

 ロケーションが素晴らしい。自然の風景がこの作品を支えていると改めて思いました。それから、キャラクター付けがいいですね。茨城の各家庭の登場人物には決めつけがなくて役者たちに任されている感じですが、乙女寮メンバーのキャラクターはしっかり決まっていて、それぞれが全く違う個性の中でせりふを言うから会話がすごく面白い!

-「たまにしゃべると毒舌だけど、一番家族を理解している」という茂役を演じる上で気を付けていることは。

 寡黙でぶっきらぼうですが、たまに口を開くとユーモアがある男です。お父ちゃんが出稼ぎで家にいないから「大黒柱にならなきゃ」「弱みを見せちゃいけない」という(気丈な)ところをベースに芝居をしています。

-茂は「若いころはかなりモテたらしい」という設定ですが。

 とはいってもそういうシーンがあるわけじゃない。僕がドラマ「金曜日の妻たちへ」(1983)や「失楽園」(97)とかで色っぽい役をしていたから、脚本の岡田(惠和)さんが(役紹介のところにしゃれで)つけ足しただけだと思っていますし、意識していないですよ(笑)。

-若手キャストは方言に苦労している様子ですが。

 方言はいいですよ。東京から近い茨城ですが、標準語とかなり違うから、しっかりやれば作品に厚みが出るし、その土地に息づいている人間らしくなる。僕は、茨城弁の先生に褒められていますが、羽田(美智子)ちゃんは茨城出身なのに一番注意されているかな。(ドラマの舞台の)北と(羽田の出身の)南とでは違うみたいだからかわいそうですね。

-主演の有村さんとは初共演ですが、どのような印象を持たれましたか。

 映画『リトル・マエストラ』(12)を見て、「いいな」と思っていた。現場では座長として(派手に)振る舞っていないし、「こういうシーンだから、こういう狙いでやってやろう」という感じがなく、すごくナチュラルに“みね子”を出してくるからリアリティーがあってすごくいいですよ。以前、「膨大なせりふだから大変だな」と声を掛けたら、「じいちゃんの方が少ないせりふで表現しなきゃいけないから大変だと思います」と優しいことを言ってくれました。

-息子の実役の沢村一樹さんはどうでしょうか。

 今回、初めてお会いしましたが、まぁ背が高くて近寄ってほしくないね(笑)。それから優しくて爽やかな青年。片方(古谷)が金田一耕助、片方(沢村)が浅見光彦。今回は謎解きがあるわけではないので、二人の探偵が仲良くやっています。

-他に気になるキャストはいますか。

 (小祝宗男役の)峯田(和伸)くんはおかしい。彼の出演作を何本か見ているし、息子(ミュージシャンの降谷建志)ともライブで一緒にやっていたようですが、とてもユニークだから「あの人、誰?」と話題になるんじゃないかな。現場では、そのシーンの撮影が終わる前から次のシーンのせりふをブツブツ練習するから「やめろよ!」となるけどね。それぐらい一生懸命やっていますよ。

-物語が始まる1964年は、どのような生活を送っていましたか。

 二十歳で俳優を目指して劇団「俳優座」の養成所に入ったころ。3年間、朝9時から夕方5時まで、芝居、座学、演劇史、フェンシング、バレエなどをみっちり勉強して、すごく楽しい時期でした。その後、劇団に入った23~29歳のころは、自分の役者としての才能を信じ切れずに苦しんだりもしたけれど、30歳過ぎにはそれも乗り越えたかな。

-劇中のみね子たちと当時の自分の生活を比較して感じることはありますか。

 僕は生まれも育ちも東京で、六本木をベースに生活していたから、集団就職の印象はほとんどなく、ドラマを見ていても東京とのギャップが随分あるものだなと驚きました。集団就職で働いて、給料のほとんどを田舎に送る生活は大変だっただろうし、強くないとできないですよ。

-最後に本作の見どころを教えて下さい。

 田舎でのんびり暮らしていた普通の女の子のみね子が、東京でいろんな経験をして育っていく成長物語だから、視聴者はみね子に感情移入できるんじゃないかな。岡田さんは音楽にもこだわりがあるから、ふんだんに出てくる当時のヒットソングも聞きどころです。

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top