【インタビュー】『ボヤージュ・オブ・タイム』中谷美紀「寸分の隙もない完璧を通り越した作品でした」

2017年3月7日 / 07:00

 宇宙創世のビッグバンに始まり、生命の誕生から進化、そして未来まで。壮大な宇宙の歴史を90分に凝縮し、圧倒的な映像美と共に再現したテレンス・マリック監督の『ボヤージュ・オブ・タイム』が、3月10日から公開される。この至高の映像体験に観客をいざなう日本語版のナレーターを務めたのは女優の中谷美紀。「完璧を通り越した作品」と絶賛する本作について、ナレーションの裏話や映画の見どころを聞いた。

ナレーションを務めた中谷美紀

ナレーションを務めた中谷美紀

-まず、映画の感想をお聞かせください。

 何よりも最初に感じたのは、魂を優しくマッサージされているような感覚でした。生と死、善と悪、始まりと終わり、といったあらゆるものが込められたこの作品には、呼吸が止まるような驚きの瞬間がある一方で、温かいものに包まれて呼吸が楽になるような安堵の感情も湧いてきました。美しいものに触れた時、最も生きがいを感じる私にとって、こんなに心地良いものはなく、寸分の隙もない完璧を通り越した作品でした。

-ナレーションを依頼された時は、どう思いましたか。

 英語版では圧倒的な素晴らしい映像に、ケイト・ブランシェットさんがさまざまな感情を込めた、これ以上ないほど心地良いナレーションを付けてくださっています。こんな素晴らしい作品に携わらせていただけるのはありがたいことですが、ケイトさんの完成度にはかなわないし、私は必要ないのではないかと思いました。でも、プロデューサーのソフォクレス・タシオリスさんから「人間は字幕を目で追うと、頭で考えて、思考が働いてしまう。この作品では、そのメッセージを美しい映像と共にダイレクトに心で感じてほしい。そのためには各国の母国語で話す人間が必要なのです」と伺って、ようやく腑に落ちました。

-ナレーションでは、どんなことを心掛けましたか。

 これまでも、テレンス・マリック監督の作品ではナレーションが多く使われてきましたが、いずれも大仰な芝居を求めていない印象がありました。私も普段から、女優として演じる時も、ナレーションの仕事をする時も、シルクやカシミアのようにもろくて繊細なものを届けるような気持ちで臨んできました。自分が前に出るのではなく、あくまでも媒介に徹するということです。マリック監督も、ご自身が前に出て注目を浴びることは望まない方だと伺っています。この作品でも、場面ごとに多少の感情の起伏はありますが、それを微妙な違いで表してほしいというお話をタシオリスさんから伺ったので、その辺りは注意を払いました。

-ナレーションでは、“私”という一人称が使われます。この“私”とは誰でしょうか。

 恐らく、さまざまな問いに答えを探し求める人類全てのことではないでしょうか。神の不在を嘆くような言葉が随所に使われており、聖書に通じる部分もありますが、決してキリスト教徒だけに向けた作品ではありません。むしろ、東洋哲学に近い考え方が込められているので、われわれ東洋人の方が理解しやすいかもしれません。

-この映画で印象に残ったのは、どんな部分でしょうか。

 宇宙の歴史をたどる中で、われわれが普通に暮らしている中ではうかがい知ることのできない自然の厳しさや、弱肉強食といった世界を見せてくれます。世界中で撮影されていますが、自然の映像に関してはものすごくこだわっていて、12人もの科学者が科学的な整合性を検証した上で作ったそうです。どうやって撮ったのかと思うような映像の連続で、宇宙創世のビッグバンの場面も、てっきりものすごく精巧なCGだと思っていたら、本物の火を使って撮影したとのこと。宇宙の創世をそのまま目撃しているような気分は、なかなか味わえませんよね。

-映像に対するマリック監督のこだわりが全編にあふれていますね。

 極力本物にこだわって、上質な映像を作ろうという姿勢はすごいです。個人的な思いを、趣味の映画に終わらせず、きちんとエンターテインメントに昇華させる巧みさにも、ひれ伏すしかありません。マリック監督の頭の中をのぞいてみたいです(笑)。

-映画の冒頭には、マリック監督が公開される国ごとに異なるメッセージを添えています。

 日本版には、曹洞宗の宗祖・道元の言葉が引用されています。私が最も腑に落ちたのが、インド向けのメッセージです。そこには、「ブラフマー、ビシュヌ、シバ」というヒンズー教の三大神の名前だけが書かれていました。ブラフマーは創造の神、ビシュヌは保全の神、シバは破壊の神。それが、創造と破壊を繰り返すこの世界の全てを表しているような気がしました。

-マリック監督に対しては、どんな印象をお持ちでしょうか。

 光の操り方が極上で、まるで魔術師のようです。『シン・レッド・ライン』(98)や『ツリー・オブ・ライフ』(11)はもちろん、モン・サン=ミシェルを舞台にした『トゥ・ザ・ワンダー』(12)もすごくすてきでした。決して表面的ではなく、生きる存在そのものを問うような、人の心を揺さぶる素晴らしい作品を作る方です。観客を強引に導くのではなく、そっと背中を押してくれるような懐の深さを感じます。

-観客には、この映画をどのように楽しんでほしいですか。

 この映画は、考えようと思えばいくらでも深く考えられると同時に、何かに気づかせてくれる作品でもあります。その一方で、アロマを炊いたり、静かに音楽を流したりするように、シンプルに美しい映像を楽しむこともできます。もしかしたら、深く考えながら見る大人よりも、お子さんの方がこの作品の意味をダイレクトに理解してくれるかもしれませんね。

(取材・文/井上健一)

『ボヤージュ・オブ・タイム』
2017年3月10日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー。
配給:ギャガ

(C) 2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.

(C) 2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編 ついに完結へ 阿久津仁愛インタビュー 自信あふれるテニミュ愛「本当にこれが青春」

舞台・ミュージカル2019年11月15日

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編が、12月19日~24日の東京公演を皮切りにスタートする。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本作では、2勝2敗と混戦を極め … 続きを読む

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

page top