【インタビュー】『モアナと伝説の海』屋比久知奈&尾上松也「屋比久さんの声を聞いた時に、これでモアナは大丈夫だと確信しました」

2017年3月10日 / 16:02

 神秘的な伝説が息づく南の島を舞台に、愛する島の人々を救うための旅に出た少女の冒険を描くディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が3月10日から公開される。本作の日本語吹替版で、主人公モアナの声を務めた新人の屋比久知奈(やびく・ともな)と、その相棒で伝説の英雄マウイの声を務めた歌舞伎俳優の尾上松也がインタビューに応じ、共に声優初挑戦の感想を語った。

尾上松也(左)と屋比久知奈

尾上松也(左)と屋比久知奈

-オファーが来た時の心境を教えてください。

松也 随分前からディズニー・アニメーションの声優をやりたいと言い続けていたので、収録前は僕の中で夢がかなった気持ちでした。

-アフレコはどんな感じでしたか。

松也 収録前はどんなに楽しいだろうと想像していましたが、いざやってみると細かい作業が必要だったり、順番通りに録るわけではなかったりと、不慣れな部分もあったので、前半は、終わってほっとした部分と、もう一度やり直させてくれないかなという気持ちもありました。僕はほかの方の声がない状態で(アフレコを)行っていたので孤独でした。屋比久さんの声を聞いたのは後日録り直しをした時で、スタッフの方に「収録したものがあるけど聞きますか?」と言われて、聞いた時に「もうこれでモアナは大丈夫だ」と確信しました。

屋比久 私も最初はワクワクしつつ不安も大きかったので、収録前は不安70パーセント、楽しさ30パーセントの気持ちでした。やってみると難しくて、せりふを聞き直したら、思っていた通りに聞こえず、悔しい思いもたくさんありました。でも、監督やスタッフの方々が一言一言丁寧に指導してくださったので、徐々に楽しむ余裕ができてきました。最初はついていくのがやっとでしたけど、次第に、楽しみつつ、学びながら収録ができるようになったので、貴重な体験だったと思います。

-屋比久さんは、ディズニー・アニメーションのヒロインとしては、過去最大規模のオーディションの中から抜てきされたわけですが、いかがでしたか。

屋比久 私も後から(過去最大規模だったと)ニュースで知って、「どうしよう」と驚きました。そういう意味では本当に光栄ですし、これが活動スタートの作品なので、幸せで恵まれているなと思います。

松也 活動のスタートがこの映画だもんね。うらやましい。

屋比久 ありがとうございます。

-屋比久さんはこれまでもミュージカルやダンスを学んできたそうですが、今後の目標は?

屋比久 ミュージカルの舞台に立つことです。それで東京に出てくる決意をしました。歌も演技もダンスもまだまだ勉強しないと、という思いでワクワクしていますし、やってやるぞという気持ちです。

-そういう意味では、主題歌も担当された本作はピッタリでしたね。

屋比久 はい、すごくうれしかったです。

-市川海老蔵さんや中村獅童さんなど、歌舞伎俳優の方が声優をすることも増えてきていますが、松也さんは今回どのような思いで臨まれましたか。

松也 歌舞伎以外にもいろいろな場面で、チャレンジできるのであればチャレンジして、歌舞伎に興味がない方もこの映画を見て「この声優誰だろう?」と調べて興味を持っていただけたらいいですね。いろんな分野で活躍することが歌舞伎への恩返しになると思いながらやらせていただいているところもあります。

-お二人とも劇中で歌も披露していますが、どんな気持ちを歌に込めましたか。

松也 僕の「俺のおかげさ」はとにかく陽気な楽曲で、マウイの、鼻につくけど憎めない感じを意識して、楽しみながらやっていました。リテイクもそれほどなくすんなりとできました。

屋比久 私の「どこまでも ~How Far I’ll Go~」は主題歌としてモアナの思いがすべて詰まっている1曲なので、歌としてというよりも、その言葉や気持ちが伝わるといいなと思いました。英語から日本語に翻訳された時点で、(歌詞が)どうしても少なくなってしまうけど、その中に含まれている思いは減らしたくないと思ったので、一言一言を丁寧に歌に乗せようと意識しました。

(取材・文・写真/中村好伸)

MOANA - (Pictured) Moana and Maui. ©2016 Disney. All Rights Reserved.

MOANA – (Pictured) Moana and Maui. ©2016 Disney. All Rights Reserved.

『モアナと伝説の海』
3月10日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top