「演じたかった武将ですから体が喜んでいます」藤岡弘、(本多忠勝)【真田丸インタビュー】

2016年9月18日 / 20:45

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、徳川家康(内野聖陽)の重臣、本多忠勝を演じている藤岡弘、。天下の猛将として名をとどろかせる一方、真田信繁(堺雅人)の兄・信幸(大泉洋)に嫁がせた娘の小松姫(吉田羊)を思う一人の父親でもある忠勝の人間くささを語る。

 

本多忠勝役の藤岡弘、

本多忠勝役の藤岡弘、

-本多忠勝にはどんなイメージを持っていましたか。

 個人的には武士道精神の基を作った、原点の人だと考えているので、親近感がありました。文献ばかり読んでいましたし、ゆかりの地や城まで行って疑問を探求するのが楽しくて仕方がありませんでした。そこに急に出演のお話が来たから、忠勝が呼んだのかとびっくりしました。演じたかった武将ですから体が喜んでいます(笑)。こういう経験はなかなかあるものではないです。

-忠勝は、乱世でなければ生きられない男とも言われています。

 でも、忠勝は戦が大好きだった訳ではない。敵であろうと味方であろうと敬うという気持ちがあり、生きるために仕方なく、宿命の中で戦わざるを得なかった人間の悲しみや痛みを分かっていた武将だと思います。いつも努力して弱者、敗者の気持ちを考える。それが忠勝の下げていた数珠に表れていると想像します。「最も剛毅なる者は、最も柔和なる者なり、最も愛ある者は最も勇気ある者なり、おごれし者を打ち砕き、敗れし者を慈しみ、失われる他者への憐みの心。平和の道に立つること、これすなわちもののふの道、武士道なり」という言葉があるんですが、まさしくそれにはまるのが忠勝なんです。

-もし今忠勝に会えたら、どんな話をしますか。

 やっぱり生きざまですね。なぜいつも先陣を務めて、家康に忠義を尽くしたのか。それを本音で聴きたいです。

-藤岡さんはそうした武将の雰囲気をお持ちです。

 恐れ多いです。私は未熟で、修業の身です。

-忠勝役に臨むために特別なトレーニングはされましたか。

 僕は槍術、つまり槍もたしなみますし、手裏剣、小太刀、なぎなた、全部やります。忠勝は長い蜻蛉(とんぼ)槍の達人なので、長い槍でも練習してみました。

-信幸には最初怖がられていましたが、関係はだんだん変化していきますね。

 自分のまな娘を嫁がせてしまった婿がこの戦乱の世を生き延びていけるか、血筋を守っていけるかを試していたのではないでしょうか。決意、決断、覚悟、信念がないと当時の武将は生き抜いていけません。しかしそうして信幸を見ているうちに、だんだんほれ込んでいったと解釈して、そう表現しました。

-関ヶ原の戦いで西軍側についた信繁と父親の昌幸(草刈正雄)の助命嘆願を、東軍についた信幸と共に家康に訴えますね。

 周りがどう思おうと、次なる未来のために自己を捧げる犠牲精神が忠勝にはあります。家康は分かってくれるだろうと信じた上で、親子や一族の絆の深さを伝えたかった。真の男の侍魂をぶつけていますから。楽しみに見てください。

-本番は一発オーケーでしたか。

 ええ。俳優生活51年、先輩諸氏の中で鍛えられてきたので、たえず一発勝負。あの緊迫感、緊張感を表現している中では一発でやってほしいですしね。日ごろから、心の乱れがあると道場で真剣を振ります。真剣って少しでも心の乱れがあると、手をさーっと切ってしまう。だからいつも身と心を引き締め集中します。それを何十年もやって、夜にろうそく一本の中にいると、「ああ昔の侍はすべてこの一瞬一瞬に命を懸けた」と分かります。それに俳優同士って相手の機が熟していると分かるもの。内野さんも一発でやりたがっていましたから。

-堺さんの印象は?

 撮影現場にいて楽しみなのは、若い俳優さんがどんどん成長して、雰囲気や目つきが変わってくること。中でも堺さんは将来が楽しみです。あらゆる戦乱を超えて今の私たちや社会は存在しています。そんな戦乱の時代を支えてきた侍の姿を描くドラマがなくなると、日本の映像界はおしまいです。その思いを若手がしっかりと真剣に支えていってほしいですね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top