「充希ちゃんはすごく勘がいいと思います」 唐沢寿明(花山伊佐次) 【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年7月29日 / 14:46

 二人の妹と母を守って奮闘する小橋常子(高畑充希)を描く連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。戦後、常子が出版した実用雑誌『あなたの暮し』のカリスマ的な編集長として、同誌を人気雑誌へと導いていく花山伊佐次を演じている唐沢寿明。豪放な性格と反骨精神、ユーモアあふれる人物であると同時に、常子の人生最大の「魂のパートナー」であった花山をどう演じているのか、唐沢が現場での様子を語った。

 

花山伊佐次役の唐沢寿明

花山伊佐次役の唐沢寿明

-今回の役は、生活雑誌『暮しの手帖』の創刊者メンバーである花森安治さんをモチーフにしたものですが、演じる上でのポイントは?

 やっぱり“ユニークな人だった”というところに焦点を当ててやっています。見た目がご本人と違うのは当たり前。ハリボテの顔をつけても何か変でしょ(笑)。なので、見た目とは別のアプローチ法でやっています。

-具体的なアプローチ法とは?

 お芝居の部分で、せりふにないようなことを少し付け加えたりします。あまり“足し算”は好きでないけど、そうしないと「この役は成立しないな」と思っていて。普通にやると普通にワンシーンが終わってしまうので、多少はアドリブも入れながらやっています。

-アドリブとは具体的にどんなことをするのですか。

 それは秘密です。見てのお楽しみじゃないですか(笑)。リハーサルの時にはなかった物が本番にはあるわけで、それを見て思いついたことだったり、その時によって違います。(アドリブを加えることで)“普通の感じ”が出たほうがいい。せりふのやり取りをしているな、というのは嫌じゃないですか。僕らがこうやって話していても、互いにせりふのやり取りなんてしてないでしょ。

-常子を演じる高畑充希さんの印象はいかがですか。

 彼女はアドリブをやってもちゃんとついてきてくれます。しかもちゃんと役の雰囲気でついてくるから怖い(笑)。すごく勘がいいと思います。あと、充希ちゃんは、僕がアドリブをしても、終わった後は「はい、はい」というクールな対応だからね。先輩という意識はもうあまりないのかも(笑)。彼女は日々のハードなスケジュールや重圧で、少なからずストレスもたまっているはず。そりゃそうだよね。でも、朝ドラのヒロインは修行みたいなもの。でも、やり切れば、その分いいこともあるでしょうし。

-現在の朝ドラの“盛り上がり”を唐沢さんはどう見ていますか。

 やっぱり、ヒロインがオーディションから出てきた新人ではないという部分が大きいと思います。例えば、28年前、当時はまだ結婚してなかったうちの奥さん(山口智子)が主演でやっていた時(1988年の「純ちゃんの応援歌」)は素人じゃないですか。右も左も分からないから、演出家に言われたことは、何であれ「はい」とやっていたわけです。それが充希ちゃんぐらいになると結構キャリアがあるので、「私はこうやりたいと思う」と演出家に意見を伝えることもあるんです。その辺が随分変わったんじゃないかな。どちらがいいとか悪いとかではないけどね。

-現在の朝ドラの良さはどこにあると思いますか。

 今回のストーリーを見ていても非常に分かりやすいし「本来テレビってこういうものじゃないかな」と感じます。テレビはテレビの良さが絶対にあるはず。楽に見られた方がいいよね。みんなが、血が出てきたり、人の首が飛んだりというのを見たいわけじゃない。考えても答えが出ないようなものもあまり良くないと思う。好きならチューしちゃえばいいじゃんって(笑)。

-シンプルさが“受けている”ということですか。

 あとは、そのヒロインがとにかく“一生懸命頑張る”という部分。今の時代に一番欠けていることが、いまだに詰まっているというところじゃないですか。そういう、現代ではなくなってきていることが描かれているから、余計に主人公たちを応援したくなったり、自分も「もうちょっと頑張らなきゃ」と思ってみたり。そういう単純なことが実はエンターテインメントで一番大事なんじゃないかなと思います。

-今回はいわゆる「天才」の役どころですが、唐沢さんが思う天才とは?

 モチーフとなった花森さんは、要は絵も描けて文章力もずば抜けていて、雑誌の構成力も半端じゃなかった。そういう人ってなかなかいないと思うんですよ。例えば、何か一つのことに才能が突出している人は結構いるけど、トータルで優れている人ってなかなかいないじゃないですか。天才と言われる人は、大体、自分で全部をやってしまう人だと思います。そうしないと気が済まない。人に任せられないといいますか…。

-花森さんについての研究はされましたか。

 彼に関して書かれている本は読みましたけど、そこに答えはないので。何の本を読んでもそこに“人生”は書いてないじゃないですか。実際に転んだ人にはかなわないでしょ。経験に勝るものはない。本を読んで、取り入れられるものは取り入れて、演技でどう出すかということは考えていますけど。要らないものは全部捨てています。使えないものもね。ブルース・リーのまねは誰にもできないもんね。それと一緒ですよ(笑)。

-彼に魅力を感じましたか。

 彼は表紙なども描いていたけど、イラストや残された絵に人間性がすごく出ているなぁと思いました。「どうやったらあの人からあんなに優しい絵が…」って言うと失礼ですが、あんな絵、普通は描けないでしょ(笑)。あれに心が現れているんですよ。すごくピュアな人なんだと思います。

-唐沢さん自身にも相通ずるものがありましたか。

 それはどうですかね。僕の中にピュアなものがないので。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

page top